ニュース

安楽死クリニックでの申請数増える
オランダの安楽死を受け入れる「自分の意思で人生を終焉するためのクリニック(Levenseindekliniek)」への安楽死申請が2018年と比較し15%増えている。オランダ全土での安楽死数は毎年変わらないのだが、このクリニックでの申請数が増えているのはどんな理由があるのだろうか。同クリニックによれば、安楽死に対する司法措置が厳しくなったのが背景にあるという。

患者から安楽死を依頼される医師が罪を恐れ、このクリニックに患者を送る数が増えている。今日から「安楽死の専門センター(Expertisecentrum Euthanasie)」という名称に変更される同クリニックは、2012年に医師に自分の安楽死希望を受け入れてもらえないという患者の受入機関として設立された。このクリニックでは設立以来毎月210件ほどの申請があり、この数は常時一定していた。しかし今年に入り申請数は増え続けの7月には308件とこれまでの最高数を記録した。

先日ポートフォリオでも記したが、2017年の初めに74歳の重度アルツハイマーの女性に対し安楽死を実施した医師が「殺人」として有罪となった。この事件以来、医師が安楽死を実施するのを躊躇うようになったのも、同クリニックでの安楽死依頼増加の理由のひとつだと見られている。

同クリニックのサイトによれば、オランダでは毎日400人が亡くなっているが、このうち半数は医師の手による「死を早める」措置によるものだという。耐えられない痛みに対し許容範囲以上の鎮痛剤を与えるなどもこの措置に入る。ただしこれは「安楽死実施」とは見なされていない。


関連記事

安楽死を行った医師、殺人罪で有罪に
2016年にアルツハイマー患者に対し安楽死を実行した医師を、検察は安楽死を実行した医師を「不注意な安楽死遂行」による殺人として起訴したが、処罰は与えないと26日発表した。2002年に「患者の要請に基づく生命の終結および自殺幇助法」が導入されて以来、検察局がこの安楽死で医師を起訴したのは初めて。

安楽死を実施した元医師カタリーナさんは、患者がまだ意思を表明できる段階で患者による安楽死希望を受けていた。しかし患者は病気が進んだ段階で、そのまま生命を維持したいのか断念したいのかについて、何度も意見を変えていた。検察の見解は、事前指示が明確であることは認めるものの、医師は患者の「死を望む」ことについて患者ともっと密接に話し合いををすべきであったとしている。 結論が出ないままに安楽死を実施したことで同医師は殺人罪に問われることになった。

しかし、ハーグの裁判所で検察は刑罰を要求するのではなく、有罪判決のみを要求している。 「医師の善意、検察の捜査に対する協力的な態度」を考慮に入れ、有罪ではあるが懲罰は免れるべきだと主張した。ただし裁判所が検察の要請を受け入れた場合、それは元医師が犯罪歴を受け入れることとなる。

これに対し患者の娘は、母親の人生を終わらせた医師を支援している。検察官が娘に代わって読んだ被害者の声明で、彼女は医師が母親の「明確に表明された希望」に従って行動したと述べている。「この拷問のような病から逃れる権利を誰も否定することはできません。カタリーナ医師は私の母を彼女が強く反発していた精神刑務所から出してくれたのです。」
老人医学の専門医であったカタリーナさんはこの事件のあと退職した。法廷で元医師は患者がこの病棟で非常に不幸な気持ちを抱き安楽死を望んでいたと主張した。「私はここに明確な良心をもって裁判に臨んでいる」と元医師は述べている。

安楽死年間8%増加、ますます増える傾向
2017年に実行された安楽死は2016年と比較し8.1%の増加した。登録された6585件のうち12件のみが、決められた手順や基準に沿わなかったもので、99.8%はすべての条件を満たしている。安楽死協会(regionale toetsingscommissies euthanasie )のコーンスタム会長がNRC紙に語ったところによれば、安楽死を選んだ人のほとんどが治癒の見込みのない病気を患っていたり、ガンや心臓病で耐え難い苦しみを訴えていた人である。

12件の「注意を怠った」安楽死のうち半数は医療的処置が不十分だった。たとえば投薬が十分でなく、医師は途中で薬局まで走らなくてはならなかったというケース。ただしこの患者はすでに意識がなかったことが幸いだった。他の注意不足の安楽死例は、安楽死決定時に求められるセカンドオピニオンを出す医師が、担当医と同じ病院で働いていたもの。セカンドオピニオンは必ず中立なものでなくてはならない。

昨年から、認知症の患者に対しても安楽死の可能性が開かれている。しかし、この問題は非常に複雑な要素を含むため、十分な話し合いと検討が必要だとコーンスタム氏。高齢化に伴い、安楽死の申請数はさらに増える傾向だ。医師も安楽死に対する知識が広がるとともに、患者を含む一般の人もこの問題を真剣に捉える人が増えている。



オランダ、組閣は間近? 残るは「人生を全うした人の安楽死」と「胎芽検査という医療倫理」での合意
総選挙から5ヶ月、3人目の仲介役を投入後組閣にもやっと光が見えてきたようだ。4党の連立政権では各党が方針の違いをどれだけ歩み寄れるかが焦点となる。現在もっとも障害となっているのが、「安楽死」と「医療倫理」に関する問題だ。とくに、この問題にリベラルな立場をとる民主66(D66)党と、強いキリスト教倫理のもとに政治を行おうとするキリスト教連盟(CU)の完全合意は困難だ。

D66党は、治癒の見込みのない病にかかっている老人への安楽死適用だけでなく、人生を全うしたと考えている(そして孤独な)老人へも安楽死(自殺幇助)を適用させようと考えを支持している。これに対しキリスト教連盟は強く反対。さらに同党は、生まれる前に将来の病気を予測する胎芽検査に対しても反対している。組閣が成功しても、前政権が進めようとしていたこの2点は合意にいたらず、施行される可能性が低くなった。オランダ各紙は、両党の歩み寄りと妥協で組閣を進めるために、今期安楽死と胎芽検査に関する立法は行わないという秘密裏の決定がリークされたと報道している。

妊娠中の胎芽の検査については、遺伝性の重傷の病を防ぐ目的でにすでに行われている。前健康省のスヒッペルス大臣は、遺伝性乳がんの発見など検査の拡大すら提唱している。

オランダの安楽死支援2団体、自死用ピル解禁嘆願を提出
オランダには2001年に可決された安楽死法がある。治癒の見込みのない病に冒され、耐えられない苦痛に苛まされ、かつ医師の同意があった場合にのみという厳しい条件のもと、安楽死が認められている。しかしこの条件を満たさず、安楽死を望みながら拒否され苦しんでいる人たちも多い。

オランダの安楽死支援団体である「最後の意思組合(Coöperatie Laatste Wil)」と「オランダ自発的人生終焉協会(Vereniging voor een Vrijwillig Levenseinde (NVVE) 」は、これらの安楽死から除外されている人たちのために、自死のためのピルを解禁するよう国会に働きかける計画である。前者はあらゆる年齢層が対象だが、後者は、主として高齢者が対象で、両者ともに生きる望みがなくなっている人が人生の終焉を自分で決める自由を求めている。

リベラルのD66党はこの薬の販売許可に関する法案を今年中に提出予定という。与党のVVD党もこの法案を前向きにとらえたいと述べている。

VVVEは来年にも75歳以上の人を対象にこの自死用ピルの使用を試験的に行いたい意向。ただし、使用の際には必ず医師の同意が必要である。「最後の意思組合」ではこれを18歳以上という条件で行いたいと述べている

オランダ、重度認知症患者への安楽死規制緩和
重度認知症患者への安楽死の規制が若干緩和されることになった。オランダ保健省および司法省が7日発表したガイドラインである。

今回の新しいガイドラインでは、認知症患者がまだ自分の意思を表明できる段階で、書面による安楽死の希望を医師に提出しているという条件でこれが認められることになる。さらに認知症が進んだ場合でも、痛みや恐怖、息苦しさなどの耐えられない苦しみがあると認められない場合には、これは許可されない。

意志の疎通ができない重度の認知症患者に対する安楽死に関し、これまで長い間調査と議論が重ねられてきた。オランダにおける安楽死は厳しい条件のもとで合法である。耐え難い痛みや苦しみがあり、さらに治癒の見込みがなく、本人の同意があるといった場合に、担当する医師(ホームドクター)が他の独立した医師の合意の元に行うことができる。これまで重度認知症患者に対する安楽死は本人の意志によるという条件で認められていたが、ほとんどの場合意思の疎通がかなわない。

2012年に発表されたオランダ中央統計局の数字によれば、死亡件数の2.8%が純粋な安楽死によるもの。これ以外に鎮痛剤の注入を増やすなど58%が医療的処置による死亡となっている。CBS Euthenasie

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

オランダ税務当局、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社に10億ユーロ課税

弁護士殺害事件を受け、オランダ司法省は組織犯罪撲滅の予算を増加したい意向

王子の日、2020年度の政府予算発表

KLMなど航空会社のCO2排気を減らす試み、実際には?

チーズの外皮は食べる?食べない?

オランダ、これまで税金を払っていなかった多国籍企業、2021年から課税対象に

オランダ、あまり知られていない高給が得られる仕事は?

ナルク・オランダ東部 発足式&ナルク説明会

アムステルダムのホテル新設禁止は観光客増加ストップに功を奏さず