ニュース

知名度は低くても時価総額が高いオランダのベンチャー企業12社
ユニコーン企業と呼ばれる評価額10億ドル以上のハイテクベンチャー企業がオランダには12社もある。欧州で4番目に多い。イギリスに74社、ドイツに30社そしてフランスに12社ある。BookingやTomTomは知名度が高いが、他はあまり耳にしないが時価総額が高く将来性がある企業だ。以下がその12社。

■インターアクション(Interxion):1998年に設立されたインターネットのインフラであるデータセンターを運営する企業。昨年米国で上場。時価総額は60億ドル。欧州全土で50箇所にデータセンターを展開する。

■アディエン(Adyen): オンライン決済システムを提供する企業で、UberやSpotifyがクライエントである。2018年に上場し時価総額は200億ユーロ。

■クルーセル(Crucell):ライデンを拠点とするマラリアやエボラなどを防ぐワクチンを生産するバイオテック企業。2014年に設立された。

■グローバル・コレクト(GlobalCollect) オンライン取引でのクレジットカード支払いを専門とする企業。発足当時は運輸会社TNTの一部であった。

■フロー・トレーダーズ(Flow Traders):株の高速取引を可能にするソフトウェアを開発した企業。2004年に設立されr2015年には上場したが、現在時価総額10−20億ユーロ。

■テイクアウェイ(Takeaway):1999年に21歳の学生が始めた会社。そして20年後の現在、欧州最大の食事宅配企業に成長した。時価総額50億ユーロ。英国のJust Eat社と合併予定。

■クールブルー(CoolBlue):オランダとベルギーで家電をオンライン販売する企業。昨年の売上は17億ユーロ。

■アサータ・ファーマ(Acerta Pharma):2012年にオスで設立されたバイオテック企業。がん治療薬を研究開発している。2015年にユニコーン企業に選ばれた。2015年には英国・スエーデン企業アストラ・ゼネカが40億ユーロを出資している。

■エラスティック(Elastic):検索エンジン用の技術を提供する企業。Bo.comやUber,そしてTinderなどが利用している。昨年10月に上場し、現在市場価値は17億ユーロである。

■ジット・ラブ(GitLab):プログラマーが遠隔操作で共同でプログラム開発ができるソフトウェアを提供する企業。設立して5年だがオフィスがないという。世界にちらばる700人の従業員はすべて遠隔で働いている。昨年の時価総額は11億ユーロ。

■トムトム(TomTom):オランダ最古のテックスタートアップ企業に入る。カーナビの名称となったが、現在はGoogleとの競合で後退気味。

■ブッキング(Booking.com):オランダ最大のテック企業。従業員は5000人近い。1996年に旅行サイトとして立ち上げたが、現在では2900万の宿泊施設が登録され、10億ユーロの利益をあげている。


関連記事

ゴッホ美術館、中国でのベンチャーで200万ユーロ損失
2015年はゴッホ没後125年。この年から今年にかけて日本でもゴッホ展が連続して開催されている。(今年はゴッホと日本というテーマ)ゴッホの人気は日本だけでなく中国でも上昇中だ。アムステルダムのゴッホ美術館はこれに注目し、2016年に北京で「ミート・ビンセント・エクスペリエンス(Meet Vincent van Gogh Experience)」という3D展示会を開催した。しかし、このマルチメディア展覧会で美術館は200万ユーロ(約3億円)という損失を出している。

実際の作品を中国に運ばずにマルチメディアと3Dを駆使して作品を紹介するという試みは、多くの中国人にゴッホ作品を楽しんでもらいたいという意図があった。当初は中国全土を巡回する予定であったがテロなどの懸念からこれが中止されている。さらに、オランダ政府の文化予算が削減されるなか、美術館が独自にお金を稼がねばならないという使命からもこのマルチメディア展が企画されたという。この展覧会は、「テーマパーク・娯楽業界での最高の業績」として賞を受けていると同美術館。

ゴッホ美術館の財務担当ディレクターであるデンゼルマン氏によれば、中国側の主催者は熱心だったが、十分な観客動員ができなかったという。「中国市場での(ゴッホ)マーケティングを過大評価していたのが敗因だった。」と分析している。中国でのゴッホ熱は日本ほど高くなかったようだ。

この結果中国でのこのマルチメディア・ゴッホ展は中止することになった。しかしゴッホ美術館の監査取締役会はこのプロジェクトを高く評価し、中国以外の場所で開催する可能性を探っている。
さてこの200万ユーロの損失だが、ゴッホ美術館にとってはそれほどの痛い損失ではなかったようだ。2016年には過去最高の210万人がアムステルダムのゴッホ美術館を訪れており、中国でのベンチャーによる損失をいれても410万ユーロの利益を計上している。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

オランダ税務当局、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社に10億ユーロ課税

弁護士殺害事件を受け、オランダ司法省は組織犯罪撲滅の予算を増加したい意向

王子の日、2020年度の政府予算発表

KLMなど航空会社のCO2排気を減らす試み、実際には?

チーズの外皮は食べる?食べない?

オランダ、これまで税金を払っていなかった多国籍企業、2021年から課税対象に

オランダ、あまり知られていない高給が得られる仕事は?

ナルク・オランダ東部 発足式&ナルク説明会

アムステルダムのホテル新設禁止は観光客増加ストップに功を奏さず