ニュース

オランダ人、現状への満足度は高いが、将来に不安も
社会文化計画局(SCP)の調査によれば、オランダ人のほとんどが現在の生活に満足しているという結果が出た。調査は2年に1回行われるが、今回は金融危機をはさんだ2008年から2018年の10年間について聞き取り調査をしたもの。オランダの政策は「すべての人が生活の質が向上していると感じなければならない。」というものだが、実際にはどうなのだろうか。オランダはこの10年で金融危機、債務危機、そして難民の流入という問題に直面したが、政府はどのような画策を取り結果はどうだったのだろうか。生活保護などの社会保障費を出す代わりに職業訓練に力を入れたり、医療介護の分散化などに力を注いできた。これにより生活保護受給者は減り、介護施設の入居者は減ったが、実際にこの結果に満足している人は多くない。

金融危機以来4年間購買力は低下の一途をたどったが、2013年に回復を見せ2013年から2017年の購買力成長率は8%に上った。2013年には貧困率が今世紀最高に達していた。経済は回復したものの、所得格差は広がった。そして2019年の今、多くの人が環境政策や消費税の上昇による出費の拡大を懸念し、給与や年金の不確実性から将来の家計に不安を抱えていることが判明した。

オランダも多分にもれず高齢化が進んでいる。75歳以上で高齢者施設に住む人はこれまでの10.1%から7.8%へと減少した。これに対し18歳になっても家に残るという青少年が7.6%へと増加。ただしオランダは出産と移民により人口は増加している。

犯罪件数は2000年以来減少を続けている。SCPは犯罪が減ったというより届け出を出す人が減っただけなのではと見ている。ただしサイバー犯罪は増加している。


関連記事

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?
オランダ人の生きがいナンバーワンはバケーション。クリスマス休暇が終わったばかりだというのに、もう夏休みの計画を立てている人は多い。

夏休みのピーク時期とは休みになる前の週の土曜日から始まって約3週間。(地域によって夏休みの期間が異なるが) オランダ人は長期休暇を海外で過ごす人が多い。2016年のピーク時期に外国で休暇を過ごした人は530万人。これに対し国内でバケーションをとったは270万人ということで、海外の比重が高い。

中央統計局の調査によれば、オランダ人の好きな旅行先はフランスで約110万人。続いて、ドイツ、スペイン、アメリカが人気だ。旅行会社TUIによれば、ギリシア、スペイン、トルコが夏休みには人気だという。「太陽、海、ビーチ」というのがキーのようだ。

別の旅行会社ANWBによれば、フランス、ドイツ、オーストリアがこれまで人気の旅先だったが、最近ではノルウェイ、スコットランド、そしてアイスランドが旅先に加わったという。

自然を楽しむのが目的という人も増えていて、スコットランドやイギリスの湖水地方に人気が出始めているという。さらに、車で旅行する人には、イタリア、オーストリア、フランス、クロアチア、デンマークが人気。とくにレゴランドがあるデンマークは小さな子どもたちがいる家族には人気だという。

欧州以外の地域では、キュラソー島、カープベルディ、フロリダ、インドネシア、メキシコ、南アフリカ、タイ、ベトナムを旅行先に選ぶ人が多い。また最近ではヨルダン、コロンビア、ミャンマー、ニュージーランド、コスタリカへも足を延ばす人が増えている。

これから人気が出そうなのが、スロベニア、北マケドニア、モンテネグロだ。また、大西洋に浮かぶポルトガル領のアゾレス諸島も注目だ。とくにオランダ人を避けたいと思っているオランダ人には密かなブームらしい。

ANWBの担当者は「オランダ人は世界で最も旅行好きな人種なのだが、まだオランダ人が発見していない旅行先も多い。ポーランド、セルビア、アルバニア、グルジアなども面白い。」と語っている。


オランダ人はなぜ長時間労働を避けるのか
人手不足のオランダでは経営者側は従業員に少しでも長い時間働いてほしい。とくにパートタイムで働くひとは少しでも時間を増やして欲しいというのが、経営者側の言い分だ。経営者からなる団体AWVNの会長ファン・デ・クラーツ氏は、「現在パートタイムで働く女性のみならず男性も1時間でもいいので増やしてほしい。」と呼びかけている。パートタイムで働くのは、日本と違い大企業の男性社員にも多い。パートナー両方でパートタイムで働くことで育児を交代で行う人も少なくない。

コンサルタント会社マッキンゼーが2018年にオランダの人手不足は、すべてのパートタイマーが1時間余分に働けば解消すると発表している。とくに、介護、教育そして技術部門だ。ところが、実際に1時間でも長く働こうとする人は少ない。いったいなぜオランダ人は長期時間勤務を避けるのだろうか。

ティルブルグ大学の労働市場を専門とするウィルトハーゲン教授によれば、オランダ人ほど自由時間を大切にする人種は世界にいないという。言い換えれば、オランダ人は労働に対する倫理観(義務感)が低いらしい。これは決して働くのを嫌がっているというのではない。ボランティア活動などの無料奉仕は率先してやっているのがオランダ人だ。また、週25時間パートタイムで働く人に1時間増やして欲しいと要請しても誰も興味を示さないのは、これまでの収入である程度の生活ができるからだ。

さらに税制も長時間労働を避けることに影響している。所得が増えれば増えるほど累進課税で税額が上がるため、手取りはさほど変わらないのだ。いずれにせよ、パートタイムで働くオランダ人は少しの給与の増加より、これまで通りの自由時間で家族と過ごすことを好む人種のようだ。
(参照記事 RTLZ Nieuws)

オランダ人に人気の旅行先では、スペインが一番安く
オランダ人の休暇旅行先トップはフランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペインである。このうち食品などの日用品の買い物が一番安いのがスペインであると、中央統計局(CBS)が昨日発表した。スペインの食品価格はEU平均より4%低い。オランダの食品価格は欧州内でも平均的だが、上記5国のうちでオランダより安いのはスペインのみ。

フランス、ドイツ、オーストリア、イタリアの食品価格はオランダより高い。とくにオーストリアでの買い物は欧州平均より27%高と高くつく。その中でも肉類は欧州平均の46%高。

スペインは宿泊費も安い。スペインのホテルとレストランの平均価格は欧州平均より15%低い。これに対しフランスのホテルとレストランの価格平均は欧州平均の18%高となっている。

欧州で最も食品価格が低いのは北マケドニアで、欧州平均より40%も低い。ルーマニアとポーランドがこれに続く。逆に最も高いのがスイスで欧州平均の64%高となっている。これに次いで高いのがノルウェーとアイスランド。オランダはちょうど欧州平均値である。

オランダ人とは何者なのか? 社会文化計画局(SCP)の調査
政策や伝統に関してオランダ人は様々な意見を持ち討論しているが、自分たちのアイデンティティに関してはほぼ全員が一致するという興味深い調査結果が出ている。社会文化計画局(SCP)が「オランダについて考える」というアンケート調査を行った結果である。オランダ語、自由、そして国王誕生日がオランダのアイデンティティであると答えた人が多数を占めた。

SCPは、5000人のオランダ人に対し「オランダ人を結びつけ一体感を感じるものは何か」という質問を投げかけた。この調査は今回が初めてだが、性別、年齢、教育程度、人種を問わずに同じような答えが返ってきたことにSCPは驚きを隠せない。

オランダ語、国王誕生日のお祭り、オランダの国旗、シンタクロース祭、戦没者記念日が、オランダ人がオランダ人たるシンボルであり連帯を深めるものの上位に上がっている。さらに「自由」と「男女平等」もオランダのシンボルであると答える人も多かった。これに対し、イスラム教、仏教、キリスト教のセクトなどはオランダのアイデンティティには含まれないとしている。

ただ基本的なアイデンティティに関しては多数が同意しているものの、意見の対立の両極性はいつも存在している。例えば「自由」についても、伝統を保持する自由とこれに反対しデモを行う自由が交錯している。典型的な例を挙げるとすると、毎年シンタクロース祭にメディアで取り上げられる顔を黒く塗った「ズワルトピート」。伝統を守り黒人従者はそのままであるべきだという人と、奴隷制度を思い起こす差別であり撤廃すべきだという人が対立している。そしてこの考え方の対立がオランダにとって最大の脅威になると考える人が多いのも印象的だ。そして次にオランダ人のアイデンティティにとって脅威となるのはイスラム教だという調査結果が出ている。

留学生、オランダ人社会に溶け込むのが難しく
オランダに留学している学生にとってオランダ人社会に溶け込むのは難しいようだ。学生連盟のISOとLSVbそしてエラスムス大学学生ネットワークESNが留学生1000人に調査した結果である。
障壁には、住居が見つからないこと、オランダ語学習の授業を受けられないこと、オランダ人の学生との交流が難しいことなどが挙げられている。

住宅難のオランダで住居を見つけるのは学生にとって至難の業だ。72%の留学生は、住居探しに(大学が)もっと力を注ぐべきだとしている。44%の学生は住居探しに多大なストレスを感じたと答えている。

オランダで学んでもオランダに残る学生が少ない。オランダ人社会に溶け込むのが難しいというのが理由のひとつである。週刊誌エルセフィールの調査によると、2017年にオランダで修士号を獲得した留学生の61%は半年以内のオランダを離れている。

留学生はオランダ人学生との交流がないことに疎外感を感じている。オランダ人学生は英語が堪能なので言葉の壁だけではない。文化の壁が立ちはだかっていると考える学生も多い。授業は英語で行われているものの、オランダ語は社会に接するために欠かせない。しかし大学でオランダ語が学べる機会が少ない、と37%の留学生は不満を表している。言語のみならず文化の違いについても学校側は講義を設けるべきだとESN。

オランダへの留学生数は急増している。大学が留学生の受け入れに助成金を支給されるというのが増加の背景にある。2006年には3万人だったのが2018年には9万人に増加している。この数は全学生の11.5%に当たる。OECDの調査によればオランダは留学先のトップに位置する。


コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん