ニュース

アムステルダムのホテル新設禁止は観光客増加ストップに功を奏さず
観光客の増加による汚染や騒音そして混雑に悩むアムステルダム市は、2017年からホテルの新規開設を禁止している。
昨日ホテルコンサルタント企業ホーワースHTLとABNアムロ銀行が発表した統計によると、「今年前半の客室占有率は昨年同時期よりも1%減っている。」という。市はホテル新設禁止のほか、観光税を値上げしたりマーケティング活動を中止するなど観光客削減を図っている。

しかしホテルの宿泊客は若干減ったものの、実際には観光客数は増加している。ホーワースHTLによれば、今後10年間は毎年5%の割合で増加が見込まれている。観光客はエアビーアンドビーやアムステルダム近郊に宿泊するからだ。
さらにホテル客室が足りないことで宿泊料金は昨年より10%も上がり平均152ユーロとなり、ロンドンとパリに次ぐ高価格である。ホテル新設禁止は宿泊料金を上げるだけの結果となった。

アムステルダム市内のホテル増設禁止により、近隣のアムステルフェーン、ハーレマーメール、スキポールそしてホーフトドルプなどにホテルが急増した。アムステルフェーンではホテル客室は3年で6倍に増えた。スキポールそしてホーフトドルプには2200室が増設されている。

ホテル業界は観光客増加で売上を上げているものの人手不足にあえいでいる。これはホテルだけでなく飲食業全体の問題だ。比較的重労働のこれらの業界で働くよりも楽な仕事に移る人が多い。アムステルダム市内の飲食店では外国人従業員が多いのはこのためだ。


関連記事

チューリップ畑に侵入する観光客後を絶たず、被害拡大
オランダのチューリップ畑は観光客に大人気である。「チューリップ畑に入らないでください。」という立て看板やバナーそしてボランティアを導入して、農家は観光客が畑の中に入り込むのを防いでいるが、それでも侵入者は後を絶たない。「観光客が来てくれるのは大歓迎だが畑を荒らさないで」と関係者。観光客は花を踏みつけてチューリップ畑に入り込み写真を撮るという。これが毎年ひどくなっている。観光客は、「立入禁止だとは知らなかった。公園だと思っていた。」と無実を主張する。そこで、園芸農家は進入禁止の立て看板やバナーを用意することになった。

園芸農家を営むペニングスさんによれば、去年も看板を立てたが無視して入り込む人は多く10,000ユーロ近くの損害を被ったという。場所によっては300人もが入り込んでいるとペニングスさん。業を煮やした農家は週末にはボランティアを導入し、観光客が写真を撮ってもいい場所へと導くことにした。
(画像:Omroep West)

オランダへの外国人観光客さらに増加
オランダ中央統計局(CBS)が4月4日に発表した統計によれば、2016年オランダへ訪れた外国人観光客は1800万人と一昨年に比較し13%増加している。この数字は5人以下で宿泊した人の数の合計だが、エアビーアンドビーなどの民泊施設での宿泊客は含まれていない。外国人観光客の80%はヨーロッパから。3分の2はドイツ、ベルギーそしてイギリスからやってきている。特にドイツからの観光客が増加(一昨年比14%増)し、宿泊日数も平均3.4泊と伸びている。

最も顕著だったのは台湾人観光客の急増。79%も増加している。調査を行ったCBSによれば、台湾とオランダ間に新空路が開設されたのが要因だという。中国からの観光客も26%増えているが、観光客全体からみると2%とそれほど多くない。日本人観光客数は統計では不明だがトップ10には入っていない。

観光客はアムステルダムを中心に北オランダを旅行する。観光局はアムステルダム集中を避けオランダ全土へ観光客の目を向けるよう様々な施策を行っているが、2012年からあまり変化は見えていない。観光業はオランダのGDPの3.9%に加担し、64万人の雇用を生み出している。

アムステルダム市、観光客目当てのチーズ専門店の閉鎖に
アムステルダムの中心街はここ数年で観光客向けのヌッテラ、ワッフルそしてチーズを売る店が雨後の筍のごとく増えている。アムステルダム市当局はダムラック(中央駅からダム広場に通じる大通り)にあるチーズ専門店「アムステルダム・チーズ・カンパニー」の店舗を閉鎖するよう裁判に持ち込み、閉鎖を命じる判決が下った。

昨年10月6日からアムステルダム市では、観光客向けの店を新規に開店することを禁じる条例を出している。「アムステルダム・チーズ・カンパニーは条例が発せられた10月6日以前に賃貸条約を結んでいるので、この条例は適用外だと不服を申し立てている。しかしながら裁判では、店の開店は10月6日以降だったため、この条例は適用されるという判決が下された。さらに、このチーズ専門店は通常の店と比較し異常なほどの高価格でチーズを販売、明らかに外国人観光客向けだと判断された。アムステルダム市によれば、中心街にはチーズ屋だけでなく、同じ様な観光客向けヌッテラ屋、アイスクリーム屋、ワッフル屋が軒を並べており、地元の人のための店が消えるだけでなく、街の魅力が失われている。ここ数年のアムステルダムへの観光客の増加は、エアビーアンドビーの乱立で地元民が迷惑するなど、多くの問題を起こしている。

ロッテルダムが海外からの観光客に人気
オランダ第2の都市ロッテルダムが海外からの観光客の人気を集めている。旅行ガイド「ロンリープラネット」や「ラフガイド」の人気都市リストでも上昇中だという。今年の1月から5月までのロッテルダムのホテルで宿泊した外国人旅行者数は昨年同時期より20%増加の2 0万千人。ホテル以外の宿泊も含めると33万2000人である。

ロッテルダム市の経済部もこの人気を手放しで喜んでいる。昔はロッテルダムの記事が海外のメディアに出るだけでちょっとした事件だったが、今ではおびただしい数の記事が書かれているという。観光客が目指すのは斬新な建築物。MVRDVによるマルクトハル(屋内マーケット)、コールハースのデザインしたアパートとオフィス「デ・ロッテルダム」そして新しい中央駅などが挙げられる。

旅行ガイド「ロンリー・プラネット」は2015年10月に世界で最も魅力的な都市10を発表。その中でロッテルダムは、コトル(モンテネグロ)、キト(エクアドル)、ダブリン(アイルランド)、ジョージタウン(マレーシア)に続き5位にランクされている。

さらに、欧州最大の港であるロッテルダム港には約70隻のクルーズ船が立ち寄る。一隻立ち寄ると50万ユーロの経済効果があるという。貨物船に混じり、増え続けるクルーズ船で港は混雑が目立つ。このため市では新規の停泊場所を開発計画であるが、現在の停泊場所であるエラスムス橋は観光客にとって便利だし魅力的である。
観光客の増加にともない、宿泊施設の建設も進んでいる。市役所に隣接する旧郵便局に総部屋数4864部屋という巨大ホテルの建設計画もある。


アムステルダムへの観光客、特に日本人団体客が大幅に減る
オランダの観光業者の稼ぎどきであるチューリップのシーズン。予想とは裏腹にアムステルダムへの観光客が減っている。とくに過去数週間、中国人と日本人の観光客が激減しているという。年間40万人の団体観光客が立ち寄るダイヤモンド会社ガッサン・ダイヤモンドでは、今年は例年より8万人減を予測している。チューリップの名所キューケンホフ公園の訪問時期、同社への日本人観光客は75%減と大幅に落ち込んだ。「パリとブリュッセルのテロ事件が影響している。」とオーナーのガッサン氏。中国人は30%減だという。

キューケンホフへの訪問客も減り、ここ8週間では例年より6%少ない110万人となっている。日本人はこれまで3万人を数えていたが、今年は1万人とここでも減少。もうひとつの観光名所である風車村ザーンセ・スカンスでも5%減。運河巡りの遊覧船の利用者も減っているという。ガッサン氏によれば、アムステルダム市内の混雑を懸念した市当局が海外での観光PRを控えているのも背景にあるというが。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

オランダ税務当局、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社に10億ユーロ課税

弁護士殺害事件を受け、オランダ司法省は組織犯罪撲滅の予算を増加したい意向

王子の日、2020年度の政府予算発表

KLMなど航空会社のCO2排気を減らす試み、実際には?

チーズの外皮は食べる?食べない?

オランダ、これまで税金を払っていなかった多国籍企業、2021年から課税対象に

オランダ、あまり知られていない高給が得られる仕事は?

ナルク・オランダ東部 発足式&ナルク説明会

アムステルダムのホテル新設禁止は観光客増加ストップに功を奏さず