ニュース

オランダ、深刻な薬不足に。中国とインドへの依存高く。
オランダが薬品不足にみまわれている。今年8月に薬局、消費者、流通企業などからの処方箋薬がないという報告件数は昨年同時期の2倍に膨れ上がった。オランダでは医薬分業が確立されており、医師が処方した薬は薬局で受け取る仕組みだが、その薬自体が供給不足になっているのだ。血圧抑制薬、避妊用ピル、パーキンソン病用治療薬などあらゆる分野の薬である。健康保健スポーツ省(VWS)によれば、不足している薬には代替薬やジェネリック薬品を出すよう指導しているという。しかしながら代替薬では副作用も心配されている。
現在769種の薬がオランダでは入手できないという状況に陥っている。昨年は732種だった。2000年から2010年の間は200種と少なかった。

この薬品不足の裏には、欧州での薬品製造業の衰退がある。現在ほとんどの薬品が中国とインドから輸入されていて、供給はこれらの国に頼っている。コスト高の欧州で薬品を製造するよりも安い薬品を輸入するほうが医療費を節約できるという思惑があった。ブラウン健康保健スポーツ省大臣は、この薬品不足を懸念し、製薬業を欧州に戻そうという計画をEUと調査したい意向だ。今後、中国やインドへの薬品供給依存率を減らしたいと述べている。


関連記事

製薬会社の高額薬品の代わりに、アムステルダムの病院が独自に薬品を製造
アムステルダムの大学病院UMCは、現在製薬業界に注文している医薬品が素早くかつ廉価に入手できるよう病院内の薬局で薬品を製造する予定だと月曜日発表した。この計画実施の引き金となったのはオランダの宝くじ「Vriendenloterij」からの500万ユーロの寄付金だ。この宝くじ会社は毎年数10の慈善事業に寄付しており、UMCへの寄付もこの一環である。

UMCが行う薬品の自主製造は、主として希少疾患の治療薬が対象である。通常希少疾患の治療薬は法外な価格で製薬会社から販売されているが、これを病院が独自に製造する。

UMCは昨年、代謝障害の治療薬を独自に製造したことで製薬業界と対立した。この薬品を製造するリーディアント社は、一人あたり1年分の薬品代を3万ユーロから16万ユーロへと値上げし、さらに市場独占権まで得ていた。UMCは同じ薬品を2万5千ユーロで提供したため同社と対立。オランダ政府はリーディアント社が利益の追求だけを目的としているとしてUMC病院を支援したが、法的な立場からUMCは製造を断念せねばならなかった。

しかしUMCは今年は同じ薬品でさらに質の高いものを独自に製造すると発表した。この治療薬はリューマチや稀なガンの治療薬と同様に非常に高価なものである。UMCは他の希少疾患のための治療薬も独自に開発すると述べている。

欧州医薬品庁(EMA)のアムステルダム移転で、受け入れチーム結成
英国のEU離脱にともない、欧州医薬品庁(EMA)がアムステルダム移転を決定。現在ロンドンに拠点を置くEMAは2019年3月までに900人の従業員の81%がアムステルダムに異動する予定だ。アムステルダム市はすでに従業員およびその家族を受け入れるプロジェクトチームを結成、住宅や学校などの手配を行っている。昨今の住宅難から、チームはインターナショナルスクールがあるライデン、ハーグ、ユトレヒト、アルクマールなどへも手を広げている。

ハーグにはすでに国際機関や大使館が所在するため、外国人居住者の受け入れ体制も整っている。ロンドンでの長い通勤時間に慣れている人にとってはハーグからアムステルダムへの通勤も問題ない、とプロジェクトチームは目算しており、アムステルダムへの集中を避ける計画だ。EMAの本拠はアムステルダムの南駅のあるザイドアス(Zuidas)に3月から建設が始まる。

オランダは英国のEU離脱を機に、ロンドンの金融機関や国際機関、そして企業の欧州本部のオランダへの誘致に力を注いでいる。金融機関はオランダのボーナス規制を嫌いフランクフルトやパリへの移転がほとんどという結果だったが、まだ企業の転入には楽観的だ。しかし、昨今の住宅不足とこれにともなう不動産価格の高騰で、一般市民にとっては両手を上げて歓迎できるというものではないようだ。

英国EUの離脱で、欧州医薬品庁がロンドンからアムステルダムへ移転
英国のEU離脱で、ロンドンにあるEUの2機関が欧州各国へと移転するが、欧州医薬品庁の移転先ははアムステルダムに決定した。この決定の裏には、マーク・ルッテ首相と元労働党の党首ボス氏によるロビー活動があったという。もうひとつのロンドンからの移転である欧州銀行当局、こちらはパリとなった。

3度におよぶ選挙とくじ引きでアムステルダムはミラノに勝ち、欧州医薬品庁を誘致した。この決定にゼイストラ外務大臣は手放しで喜んでいる。最終的な移転は2019年の春となる。金融局のほうも、3回の選挙の末にダブリンとパリが残ったが、やはりくじ引きでパリに決定している。医薬品庁は、アムステルダムのザイドアス(Zuidas, 南駅のエリア)に拠点を構える計画で、約900人を雇用する。年間予算は3億ユーロ。出張者の宿泊日数は述べ30,000泊が見込まれ、アムステルダムの経済活動に貢献することは確か。

世界各国の年金格付けでオランダが世界一に

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく

ソーラーカー・レースでオランダのアイントホーフェン大学チーム優勝

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕

11月にオランダ全土の病院でスト

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?

オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)