ニュース

オランダ環境問題報告書で畜産農家が窒素排出の根源と指摘、農家は破産?
25日レムケス委員会窒素ガス排出報告書が公表された。これによれば、政府は早急にアンモニア発生源の畜産対策や自然保護地帯での制限速度を下げることが必要となる。畜産業の縮小とこれまで制限速度が130kmだった道路が120kmへと下げられる。

窒素ガス発生源の46%は畜産だと報告書は指摘し、自然保護地帯にある畜産農家は国が買い取るか廃業にするべきだとアドバイスしている。しかしながらこの勧告に従うとなるとオランダの畜産農家の半分が消え去ることになり、農家そして経済への大打撃となる。オランダの畜産は、生産量を最大にすると同時にコストを削減し、世界市場での競合に勝つという「典型的なオランダ農業モデル」を基礎としている。窒素(アンモニア)排出を削減するということは、このモデルに基づく畜産業を崩壊させ、農家の破産を招くことになる。

現在の窒素の問題は、自然や生活環境を考慮せずに、短期的に経済の成長と発展に主に焦点を合わせた長年の政策の結果である。これに対し専門家は、単に畜産業を縮小するという短絡な解決法でなく、窒素問題に対する構造的アプローチを提唱している。この新しいアプローチは、動物飼料の輸入と肥料の使用の大幅な削減やアンモニアの利用だ。アンモニアを排出する家畜糞尿は、高品質であれば貴重な原料に変えることができる。アンモニアと粒子状物質の排出量の削減により大気の質が向上し、農地とその周りにある自然保護地域の両方で生物多様性が増加し、温室効果ガスの排出量が大幅に削減されるため、気候目標をより簡単に達成できる。飼料輸入の削減は、大豆生産による森林破壊を防ぎ生物多様性の損失とCO2排出が防止できる。長期的視点にたった農業の構造改革は、市場を創造し、新しい収益モデルの機会を提供するはずだ。



関連記事

オランダ農業トレンド「酪農から昆虫飼育へ?!」
最近オランダでは、乳牛や豚を飼育していた農家が、バッタやハチやミールワーム(昆虫の幼虫)の飼育に転じている。この昆虫飼育業はこれからの農業セクターになると注目されており、今後も伝統的な酪農業からこちらに転じる農家も増えそうだ。

牛乳価格は下がる一方だというのに仕事はきつい酪農業農家が、仕事も楽な上、収入も多い昆虫飼育へ転じるのは自然な成り行きかもしれない。農業科学分野では世界有数のワーヘニンゲン大学の研究者であるファン・ハイス氏は「昆虫飼育は乳牛や豚の飼育に比べ、環境への負荷が大幅に低い。温暖化ガスの発生量も少ないし、水の使用量も圧倒的に少ない。」と昆虫飼育の利点を上げている。昆虫はタンパク質などの栄養素に富んでいるので、動物そして人間の食料としても有望だ。ただし欧州連合(EU)の規則では、昆虫は豚と鶏の餌としてはまだ使用が許可されていない。ファン・ハイス氏によれば、これもいずれは解禁になると楽観的である。「昨年の7月から魚の養殖での昆虫を餌にすることが許可されているので、今後2年間で豚や鶏の餌としても使用される可能性は高い。おそらく昆虫飼育業は爆発的に拡大するはず。」と同氏。

9年前から昆虫飼育業を行っているアールツ氏の会社は拡大を続け、現在では国際的にもトップの地位を築いている。アールツ氏も環境に優しい昆虫飼育業をこれから急激に発展するビジネスだと見ている。残飯を餌にする昆虫が、今度は自分が餌になるという巡廻型経済(サーキュラーエコノミー)を体現しているビジネスといえる。この新しい市場への投資の増加も見込まれているだけでなく、政府の支援も動き始めている。農業・食糧省のスハウテン大臣は、今後家畜だけでなく人間の食料としても昆虫への需要は高まるとし、昆虫飼育の推進を支持している。

空前の快晴続きで水不足に、農業に打撃
オランダや欧州各国では雨が降らない快晴の日々が続いているが、これによる水不足で農業に打撃を与えている。とくにレタスなどの野菜は価格が2倍に上昇した。オランダの農業協会であるLTOによれば「水不足で野菜の生産が落ちる」ため、レタス、キャベツ、カリフラワーなどの値段が上昇している。
水不足による農業への影響に関する数値はまだLTOは発表していないが、野菜は質と量ともに減少すると予想されている。

収穫が半分に減ると市場価格は3倍に上がるが、流通機関と契約している農家にはあまり影響がない。これに対し非契約農家は価格上昇により利益を得るという。
また地域によって乾燥による影響も異なる。オランダの低地地方の農家は小川や運河などから水を汲み上げ水撒きができるが、北ブラバントやアハターフックなどの少し高地ではこれができず、地下水や雨に頼っている。LTOによれば、水道水による水撒き禁止令を破り罰金を払ってでも収穫を成功させたいという農家もあるという。

ロシア、EUからの農産物輸入制限でオランダ農業打撃
ロシアの国営通信の報道によれば、ロシアはウクライナ危機をめぐって同国に制裁を科した国々への対抗措置として、米国からのすべての食料、そしてEUからの果物と野菜の輸入を禁止すると決定した。

ロシアによる正式な輸入制限が発表される前には、オランダの経営者団体(VNO-NCW)は、「輸入制限によるオランダ経済への打撃は限られたもの」であると楽観視していた。しかし、オランダ農業団体(LTO)会長はこの輸入制限が実行されれば欧州の農業は大きな打撃を受けると述べている。LTOはオランダ政府の決断を支持すると発表した上で、「オランダは世界で第2番目の農作物輸出国である。そしてロシアへの輸出も大きな比率を占めている。」と懸念を表した。オランダのロシアへの農産物輸出高では世界最大で、年間6億ユーロの野菜と3億5000万ユーロの切り花を輸出している。

ロシアによる農産物輸入制限は輸出業者に打撃を与えるだけでなく、欧州市場内で余剰農産物の増加で価格破壊が起こる。すでにポーランドはドイツへ農産物をダンピング価格で輸出しており、オランダも近々同じような道をとる可能性も高い。


世界各国の年金格付けでオランダが世界一に

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく

ソーラーカー・レースでオランダのアイントホーフェン大学チーム優勝

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕

11月にオランダ全土の病院でスト

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?

オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)