ニュース

海洋プラゴミを回収する「オーシャン・クリーンアップ」新機材で成功
オランダ人の青年ボイヤン・スラット(25)が始めた海のプラスチックを回収するプロジェクト「オーシャン・クリーンアップ」が、新しいテスト機材でゴミを回収するに成功したと2日発表した。今回スラット氏は新しいプラスチック回収機を開発、昨年10月から試験を重ねてきたが、今回ついに太平洋のハワイ沖での実験に成功した。新しい機材は、大きなプラスチックゴミだけでなく、1ミリ程度のマイクロプラスチックと呼ばれる細かいものも回収できた。

以前に開発された機材ではプラスチックを集めても回収できないという問題があった。そもそもオーシャン・クリーンアップは海流を利用しゴミを捕らえるというのがコンセプトなのだが、システムとゴミの流れの速度の違いにより、回収が難しかった。新しいシステムではパラシュート・アンカーを利用し、速度を調整。これによりゴミとシステムの速度を協調させた。今回の実験は世界で最もプラスチックのゴミが多い、太平洋のカリフォルニアとハワイを結ぶ地点だ。数十億個といわれるプラスチックの破片や塊は合計で数百万キロに及ぶ。

このプラスチック回収計画は、まだ高校生だったボイヤン・スラットが7年前に発案したもの。スラット氏は大学で宇宙工学を学ぶも中退しこのプロジェクトに挑むことになった。2017年には、シリコンバレーの起業家マーク・ベニオフ氏や慈善家のピーター・ティール氏そしてオランダの化学会社DSMなどから合計3150万ユーロの資金援助を受けている。


関連記事

大手食品・洗剤の「ユニリーバ」2025年までにプラスチック容器大幅削減に
石鹸や洗剤、化粧品そして紅茶からアイスクリームなどの食品を製造販売する大手消費財メーカーのユニリーバ社は、リサイクル不能なプラスチックを2025年までに半減させると月曜日発表した。CEOであるアラン・ジョープ氏は、バージンプラスチックと呼ばれる新生プラスチックの使用をやめ、パッケージの方針を根本的に考え直す必要があるとコメントした。ユニリーバは英国とオランダに本拠を持つ多国籍消費財企業。リプトン、ダブ、ベン&ジェリー、ラックスといったブランドは日本でも有名だ。

同社はプラスチックの使用を10万トン減らし、リサイクルプラスチックの利用を増やす計画。ユニリーバ社はこれまでにも、2025年までにすべてのプラスチック包装を再生可能、再使用可能、コンポスト化可能なものにし、25%はリサイクルしたプラスチックを使用すると発表している。月曜日の発表では、使用済みプラスチックの回収を増やすとしている。

ジョープ氏はさらに、新しく革新的なパッケージの開発とともに、再使用可能なパッケージを早急に増やすと発表。
ユニリーバ社はすでに竹製の歯ブラシや厚紙でできたデオドラントや詰替可能な歯磨き粉などを販売している。しかしそれでも同社が年間に生み出す70万トンのプラスチックを減らすには程遠い。環境団体グリーンピースはユニリーバ社の決断を歓迎しているが、さらなる包装や製品を再使用可能や詰替可能なものへと変えていくことが必要だとコメントしている。世界の海に浮かぶプラスチックボトルやバッグ、おもちゃなどは年間900万トンを超えていると見られている。

アルバイトの女子学生、ドラッグストアの配送用プラスチック100万枚節約
オランダ大手ドラッグストア「Kruidvat(クラウドファット)」でアルバイトをしていた学生のカーチャ・ディープストラーテンさん(21)が、プラスチックバッグを大量に節約できる計画案を提出、これが採用された。

カッチャさんがクラウドファットの店舗で働いていたとき、配送用のプラスチック包装素材の多さに驚愕した。店舗に配送されてくるメイクアップ用品を包装から出したときに、大量のプラスチックのバッグや包装素材が残った。「プラスチックごみが環境に及ぼす被害は十分理解しているので、この大量の包装プラスチックを見たときには怒りを感じました。」と化学専攻の21歳のカーチャさん。アルバイトだけれども意見を発せねばならないと思ったカーチャさんは、自分のLinkedinのページに写真を載せた。さらにクラウドファットの親会社である A.S. Watson Benelux社宛にこれを送付した。すると驚いたことに流通担当部長のマルセル・エフェルス氏から配送センターに来るようにという返事が届いた。配送センターに行ったカーチャさんはエフェルス氏とともにセンター内を視察、どうしたらプラスチックを減らせるかについて自分の計画を話した。

「私の計画というのは高等数学を必要とするようなものではなく、非常にシンプル。これまで例えばマスカラをひとつひとつ別の袋に入れていたのをひとつにまとめるといった簡単な解決法です。」やりかたを工夫するだけで使用するプラスチック包装の量は劇的に減った。エフェルス氏によれば、今回の提言で年間100万袋以上のプラスチック包装が節約できたという。

これは配送センターでの話だが、実店舗でも多くのスーパーマーケットで包装用のプラスチックの使用を減らす動きがある。

フリッツの容器をプラスチックから環境に優しい素材への移行なかなか進まず
フライドポテト(フリッツ)やコロッケといった揚げ物のスナックなどを売るスナックバー(日本のスナックバーとは異なる)やカフェテリアはオランダに6500軒ほどあるが、大抵の店では白いプラスチックの容器を使用している。プロフェッショナル・フリチュア連盟(ProFri)の推定では毎年3億個のプラスチック容器が使い捨てされている。昨今のプラスチック使用削減の動きで、この業界でも少しずつではあるが、ダンボール、サトウキビパルプ、竹、ヤシの葉といった素材の容器に変える店も出てきている。しかしながら、環境に優しい素材の容器は価格の4%から4.5%とプラスチックの3%よりコスト高になることから、なかなか移行が進まないというのが現実だ。

容器素材の移行が進まないのには別の理由もあるようだ。昨今の健康志向から、フリッツやクロケットの脂肪分や塩分が多いというイメージダウンや、付加価値税の6%から9%への値上がりといった逆風に業界はさらされている。生き残りが一番の課題となっているこのフリッツ業界、容器問題は二の次となっているようだ。

EUでは今後2年以内にプラスチック製のストロー、フォーク、皿、蓋の使用を禁止するというガイドラインを発表した。ところが意外なことにこの禁止リストの中にはプラスチック容器が含まれていないのだ。これもスナックバーでの容器素材の変更を遅らせる原因となっている。ただし、オランダ政府がフリッツ用の容器を皿だと解釈すれば、2021年にはオランダの法律でこれが禁止されることになる。さらに8年後にはオランダの人口の半数がミレニアル世代といわれる30歳から40歳となる。この世代は以前の世代よりもプラスチックの海洋汚染を認識していることから、プラスチック容器の使用を避けるのではと見方もある。ただし紙の容器の中でぐったりとしたポテトを嫌がる人も少なくないため、容器業界には新素材の開発とコスト削減が期待されている。


中国でのプラスチックゴミの輸入禁止が、オランダでビジネスに
少し前まで使用済みのプラスチックは中国に輸出されリサイクルされていた。しかし1年前の2018年1月から中国はプラスチックを含む24種のゴミの輸入を禁止した。1992年には全世界のプラスチックゴミの45.1%である1億600万トンが中国に売られていたが、もう世界のゴミ捨て場になるのは止めたと宣言したのである。

これによって利を得たのがオランダである。フレーフォランド州にあるリサイクル企業ファン・ウェルフェンは中国のプラスチックごみ禁止以来利益を上げており、今年始めには欧州で5か所目の工場をスエーデンにオープンした。この会社は庭の椅子などのような硬いプラスチックを細かい粒状にしリサイクルする。
「13年前にこのビジネスを始めたときには、いったいリサイクルで何が作れるのかが問題だったが、最近ではどうやったら古いプラスチックを入手できるのかに頭を抱えていた。ところが中国の禁止令のおかげで大量にプラスチックが手に入るようになった。」と手放しで中国の禁止令を歓迎している。当時は中国企業が競合だったが、これがなくなったことで売上は急上昇している。

これまでプラスチックごみが中国への輸出物だったが、今ではゴミを加工してできたプラスチックを中国へ輸出している。フォーレンダムにあるクラス・リサイクリング社によれば、世界中でリサイクル加工されたプラスチックの50%が中国へ向かうという。ただ、最近では中国でのプラスチック需要が大幅に減ったため、価格が下がり、これがトルコ、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどへ輸出されている。


海のプラスチックごみ回収プロジェクト開始、オランダの青年の構想が実現
5年の歳月と273個の模型作成を経て、8日やっとこの「オーシャン・クリーンアップ」プロジェクトがサンフランシスコで開始した。オランダ人青年ボイヤン・スラット氏(24)が開発した世界初の海のプラスチックごみを回収する清掃システムだ。プラスチックごみを回収する巨大な浮遊装置がこの日「太平洋ごみベルト」に向け、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを出港した。装置は長さ600メートル、深さ3メートルのU字フェンス型。動力源はなく、波や風そして海流を利用して海面を浮遊しながら、ごみを回収する。

浮遊装置はこれから太平洋ごみベルトを1800キロに渡って移動する。ハワイとカルフォルニアを結ぶフランス国土の3倍の面積といわれるプラスチック・スープを回収する。回収されたプラスチックごみはリサイクルされる。約2000万ユーロ(25億6000万円)の費用は寄付や企業の協賛金でまかなった。

ボイヤン・スラットはスラットはギリシアの海でダイビング中に、魚の数よりプラスチックバッグが多いことにショックを受けた。高校在学中にプラスチックによる海洋汚染、そしてこれを清掃・回収するための経済的、ロジスティック、技術的な方法を6ヶ月かけて研究した。2012年、スラットが17歳のときにTEDのローカル版TEDxDelftでこの海流を利用してごみを回収するシステム計画を発表、大きな反響があった。 その後デルフト工科大学で宇宙工学を学んだが中退し、このオーシャン・クリーンアッププロジェクトに注力している。

世界各国の年金格付けでオランダが世界一に

来年から新入社員やパートそして個人事業主も住宅ローンが借りやすく

ソーラーカー・レースでオランダのアイントホーフェン大学チーム優勝

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕

11月にオランダ全土の病院でスト

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?

オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)