ニュース

オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕
オランダ東北部ドレンテ州ラウナーヴォルト(Ruinerwold)の人里離れた農家で10年以上にわたり家族を地下室に監禁していたとし、15日に58才のオーストリア国籍の男が逮捕されたが、17日には2人目の容疑者として家族の父親(67)が逮捕された。父親は監禁と暴行そして資金洗浄の容疑で逮捕されたもの。

父親と6人の子供(18才から25才)のこの家族は何年間にもわたり外界との接触がなかった。警察によれば、子どもたちは9年近くこの農家に監禁されていた模様。家族はこの農家を借りて小さな畑を作り自給自足の生活をしていたものと見られる。事件が発覚したのは、25才の長男が逃亡し、村のカフェで助けを求めたことがきっかけだ。それまで村の人は、このオーストリア人には面識があったが、子どもたちが監禁されていたことは知らなかった。母親は2010年にライナーヴォルトに引っ越して来る前に死亡していたと見られる。長男は、フェイスブックなどのソーシャルメディアにアカウントを持っているが、ここ数週間投稿が続いていた。その中で長男は、このオーストリア人の男のために働いていたと書いている。

警察は監禁が特殊な信念あるいはカルト宗教のもとに行われていたのかについて調査している。ドレンテRTL放送局によれば、父親は文鮮明の統一教会という新宗教に属していたという。統一教会は洗脳や集団結婚で知られている。ラウナーヴォルトはスーパーマーケットがひとつだけある人口4000人の小さな村である。農家からは大量の現金が見つかっているため、警察は資金洗浄の容疑に関しても調査している。



関連記事

ゴッホ美術館とドレンテ美術館が共同でゴッホ作品購入
ニューヨークでファン・ゴッホの作品2点が競売にかけれたが、このうちの作品1点をアムステルダムのゴッホ美術館とアッセンにあるドレンテ美術館が2800万ユーロで競り落とした。「雑草を燃やす農夫」と題されたこの作品は、夕暮れの人けのない場所での孤独な姿を描いたもの。ファン・ゴッホは1883年に数ヶ月間ドレンテ地方に滞在したが、そのときに描いたものである。この時代に描かれた作品はあまり現存しておらず、この作品は数少ない作品のひとつである。「雑草を燃やす農夫」は両方の美術館で交代で展示されるが、保存や修復作業はゴッホ美術館が行う。

この農夫が描かれた絵は1930年代にアムステルダムのアートディーラーであるジャック・ハウドスティッカーが購入した。1940年にこのアートディーラーが亡くなった後、ドイツの占領軍が没収した。そして最近ハウドスティッカーの義理の娘の手に戻されることになった。

ニューヨークのオークションハウスであるサザビーズは、63万5000ユーロという想定価格をつけていたが、美術館は280万ユーロと高値で落札した。もうひとつのゴッホの作品「パリの公園を散歩する人たち」は、450万から630万ユーロという想定価格だったが、最終的には880万ユーロで落札されている。

【花とテーブルCija】クリスマスリースとグリューワインの会

江川ラーニングセンター 2020年度学習コース説明会のお知らせ

オランダ、長くて暗い冬に光を灯すイベント

オランダ最大、ドルドレヒトのクリスマスマーケット(12月13日から15日)

ゴーダのクリスマス (12月13日)

アムステルダム・ライト・フェスティバル(11月28日から1月19日)

オランダのスタートアップ企業、尿から肥料と飲料水を作る技術

KPN、政府の決定を待たずに中国ファーウェイの5Gアンテナを設置に

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に

ゴッホ美術館とドレンテ美術館が共同でゴッホ作品購入