ニュース

世界各国の年金格付けでオランダが世界一に
コンサルティング会社の米マーサーとオーストラリアモナッシュ金融研究センターは、「グローバル年金指数ランキング」(2019年度版)を発表した。これによればオランダはデンマークやオーストラリアと並びAランクに入った。(ランクはAからEまで) 調査では、生活費に対して十分に支払われているかを評価する「十分性」、国の借金状況や支給年齢などを評価する「持続性」、ならびに「健全性」の3分野、40項目以上から各国の制度を検証している。

オランダはこの3分野のスコアの合計が81点とトップに上がった。どの分野でも世界のトップ3にランクされているだけでなく、経済成長や労働参加の上昇もオランダの年金制度の充実に貢献している。

ただし、家計の貯蓄率がさらに上がり負債を減らせば、スコアはさらに上がるはずとマーサーコンサルティング。

ここ数年オランダでは年金制度の改革が行われてきた。年金基金と政府の間で批判が繰り返されたが、新規合意も成立している。これにより年金制度の質は上がったという。ちなみにこの調査における日本の格付けは31位。


関連記事

オランダの年金システム世界首位に
世界大手の人事・組織コンサルティング会社マーサーは、2018年度グローバル年金指数ランキング「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数」レポートとランキングを発表した。ランキング首位はオランダ(総合指数80.3)で、2012年より6年連続で首位を堅持したデンマークをわずか0.1ポイント差で抜いた。オランダの年金システム自体はここ数年変わっていないが、経済成長や低失業率といった年金以外の要素でデンマークを抜いたものと見られる。

評価指数は40以上の項目から構成され、それぞれ「十分性 」、「持続性 」、「健全性」に大別され、34ヵ国の年金制度を検証している。これにより、異なる背景や文化において運営される多種多様な年金制度の国際比較が可能となるという。オランダは「十分性」「持続性」「健全性」のすべての分野で抜き出ている。さらに所得と年金の比(代替比)は101%と世界でも稀な高さである。

マーサーのオランダ担当者によれば、ポイントが高いからといってオランダの年金システムの改良が必要でないというわけではないとコメントしている。オランダの年金制度は複雑で選択の余地が少ない。さらに個人事業主やフレックスワーカーの増加や高齢化、そして低金利といった問題に直面している。また、他国との比較で優れているという数字が出ているもの、オランダの住民は潤沢な年金を受け取っていた過去と比較しその「悪化」に批判的である。

ちなみに2018年の日本の年金制度の総合指数は48.2(過去最高値)で34か国中29位、総合評価はDであった。

3月15日のオランダ総選挙を前に、党首による第一回討論会「移民、年金、医療」
3月15日に行わられる総選挙前の党首による第一回討論会が、アムステルダムのカレ劇場で5日夜行われた。討論の焦点となったのは、移民、年金、医療費である。最も注目を集めている極右の自由党(PVV)のウィルダース氏は招待を断り参加しなかった。

ルッテ首相(VVD党)は、オランダ文化と医療介護問題で野党と衝突する場面が見られた。同じく中道右派のキリスト教民主党(CDA)も、緑の党、社会党、そして労働党との間で、移民に関するオランダのアイデンティティという問題そして医療費について激しい討論が繰り広げられた。左派の党は、医療費の自己負担金を撤廃させると主張したが、CDA党はこれを否定した。

歴史的に移民からなる多民族国家オランダの独自の文化とは?という問題でも労働党とキリスト教民主党(CDA)の討論は過熱した。異質な文化(イスラム教)を受け入れるべきだという労働党や他の野党に対し、CDAとルッテ首相(VVD)は、オランダ特有の文化が失われていくと警戒心を露呈している。

年金受給年齢では、社会党、50プラス党、労働党は、今後予定されている67歳からこれまでの65歳へと戻すべきだと主張。ルッテ首相によれば、これが実現されるには数十億ユーロの増税が必要になると対応した。緑の党は、この年金受給年齢引き下げにかかる120億ユーロは、初等教育予算を上回るもの。次世代の教育費を削ってまで年金年齢を引き下げるべきではないと主張した。

オランダの年金基金、飾り窓地区のリニューアルに投資
オランダの2つの年金基金がアムステルダムの「飾り窓地区(レッドライト・エリア)」のリニューアルに6千万ユーロ(約80億円)を投資した。飾り窓と呼ばれる売春部屋やマリファナを販売するコーヒーショップの数を減らす目的でこの地区のリニューアルを進めているのは、アムステルダム市と住宅公社。この2団体が設置した投資ファンド「1012Inc」に、農業従事者とラボバンクの年金基金が35%投資している。

オランダは売春やマリファナの販売は規定に準拠する限り合法である。しかし、これを悪用し東欧からの犯罪組織がアムステルダムに大挙として集まってきたため、2007年から市を上げて飾り窓地区の「クリーン・アップ」を開始した。投資ファンド「1012inc.」は、飾り窓エリアにある133戸の改造を行い、地区をより清潔で魅力的なものに作り変えている。現在投資収益率は4%であるが、昨今の不動産価格の急上昇によりこの数値はさらに上がるものと予想される。アムステルダムは国内外からの不動産投資が急速に増加しているが、投資対象物件の不足で価格が高騰している。同投資ファンドによれば、ローリスク・ハイリターンの投資であるという。

「オランダの年金は世界一」アリアンツ調査
保険会社アリアンツの調査「退職後の収入妥当性指数 Retirement Income Adequacy Indicator (RIA)」 によれば、将来の退職後の収入保障という観点から見ると、オランダの年金は世界で最も優れているという。世界49カ国で調査したこの報告書によれば、オランダに次いでレベルが高いのがデンマークとノルウェー。これに対して最も低いのがインドネシア、インド、マレーシアとなっている。ちなみに日本はスイスに次ぎ世界5位とかなり高い評価を得ている。

調査の対象となった年金は、国が保障する年金(オランダではAOW)と企業年金の両方である。両方の年金システムが、うまくバランスがとれている国が最も高い評価を得る。
オランダで優れていると評価されたのが、国民年金AOWの不足部分を補う年金制度である。国家年金AOWそのものもアリアンツによれば、平均から平均以上と評価されている。「オランダの年金は、現在働く人が将来的にも基本的な収入が保障されている。」とアリアンツ。オーストリアのように、国家の年金はうまく運営されているが、企業年金が不十分であるという国もある。このような国では長期的に家計が逼迫する可能性が高い。

社会省のクリンスマ次官はこの調査の結果を受け、「喜ばしい結果である」とし、オランダは21世紀に生きる人々に対し、年金制度をさらに改革していきたいと語った。


オランダ大手年金基金、オフショア風力発電ファームに投資
オランダ最大の年金基金運用会社APGは海上風力発電ファームに投資する意向があると発表した。オランダの南にあるゼーランド州沿岸のボルセレ風力発電ファームに数億ユーロの投資する予定である。当初は投資リスクが適切に査定できなかったため風力発電パークへの投資は行わないとしていた。しかし他の風力発電への投資家などからの情報収集と分析で投資リスクがかなりクリアになったため今回の投資意向発表となった。

APGは今後3年間に持続可能なエネルギーへの投資を倍増する計画で、風力発電ファームへの投資はこの計画に適合する。公務員の年金基金であるABPはAPGの持続可能エネルギー投資へ約10億ユーロ投資している。昨年7月にはAPGは欧州各地、特にスカンジナビアでの水力発電へ5億ユーロ投資した。APGは450万人のオランダ人が加入している5つの年金基金を運用しており資産総額は4150億ユーロ。


【花とテーブルCija】クリスマスリースとグリューワインの会

江川ラーニングセンター 2020年度学習コース説明会のお知らせ

オランダ、長くて暗い冬に光を灯すイベント

オランダ最大、ドルドレヒトのクリスマスマーケット(12月13日から15日)

ゴーダのクリスマス (12月13日)

アムステルダム・ライト・フェスティバル(11月28日から1月19日)

オランダのスタートアップ企業、尿から肥料と飲料水を作る技術

KPN、政府の決定を待たずに中国ファーウェイの5Gアンテナを設置に

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に

ゴッホ美術館とドレンテ美術館が共同でゴッホ作品購入