ニュース

オランダの2019年億万長者リスト発表
オランダでは「クオート(Quote)」という雑誌に毎年長者番付が発表されるが、2019年の9桁クラブ(0が9つ、つまり10億ユーロ以上)には37人が載った。このリストはクオート誌が独自に調査した結果なので、実際の資産とは違う場合もある。

今年初めて登場したのは、レモン・フォス氏(オランダ人)。チェコ最大の不動産開発会社のオーナーで、37人中19位。推定資産総額は15億ユーロ。今年急上昇したのは、「エラスティック社」の創業者スティーブン・シューマン氏。エラスティックは世界最大のデータベース検索ソフトを開発する企業で、eBayやUberなどを顧客に持つ。シューマン氏の想定資産は11億ユーロ。

総資産トップは昨年と同様、フレディ・ハイネケン(ハイネケン創始者)の娘であるシャルレーン・デ・カルヴァロさんで142億ユーロ。2位も昨年に引き続き、人材派遣会社ランドスタット創業者であるフリッツ・ゴールドシュメディング氏で44億ユーロ。

変わり種では、DJのティエストやサッカー代理人のミノ・ライオラ。マーベル・オラニエナッソー(オランダ王家へ嫁いだ女性)も急成長のネット支払いシステムAdyenに投資して2億9000万ユーロも資産を増やしている。

家族単位では小売C&Aのオーナーであるブレニックマイヤー家の225億ユーロ。オラニエ=ナッサウ家(オランダ王室)も10億ユーロと12番目に上がっている。


関連記事

オランダ小売チェーン「HEMA」、オランダ人億万長者が買収に
多大な負債を抱え投資家を探していたオランダの小売りチェーン「HEMA」にやっと買い手が見つかった。オランダ人実業家のマルセル・ブックホールン氏は、負債ごとHEMAを買収、さらに海外での拠点を増強するための資本注入を行うと18日夜発表した。HEMAは11年前に英国のプライベート・エクイティ会社であるライオン・キャピタル社により買収されたが、それ以来負債が増え続けていた。
HEMAは7億5000万ユーロの負債を抱えているが、ブックホールン氏の投資によりこれが1億ユーロ減るとともに4000万ユーロの資本注入を受けることになる。この負債も短期間に大幅に減るはずだとブックホールン氏。これにより現在年間5500万ユーロ支払っていた金利も大幅に減る。

2007年に英国のライオン・キャピタル社がHEMAを11億ユーロで買収した際には、すぐにこれを転売し利益を出そうと企てていた。2011年にはアルバートハインの親会社であるアホールド社が買収を試みたが、13億ユーロという提示価格でこれを諦めている。

ブックホールン氏の購入価格は発表されていないが、ライオン・キャピタル社の購入価格より低いと見られている。HEMAの昨年の売上は12億ユーロ。損失が3100万ユーロと公表されている。ブックホールン氏は買収にあたり、HEMAをオランダの小売チェーンから国際的なチェーンに育てたいと抱負を語っている。現在フランス、ドイツ、スペイン、イギリスなどを含め700店舗展開しているが、中東そして極東にも展開したいという。

ブックホールン氏(59)の資産は18億ユーロで、オランダの経済誌Quoateではオランダの9番目の資産家となっている。会計士から始めたブックホールン氏は34歳で投資会社を設立、2005年にテルフォート社をKPN社に売る取引で数億ユーロの利益を上げている。このほかにもサッカークラブ「NECナイメーヘン」や東部の動物園アウエハンド、アイントホーフェンのハイテック・キャンパスなどを所有している。

オランダの億万長者の数、大幅に増加
オランダに住む億万長者(不動産以外の資産を100万ユーロ以上持つ人)の数が大幅に増加した。中央統計局CBSによれば、2016年には6000世帯も増え総数は11万2000世帯へとなった。同局の経済担当部長によれば、億万長者の増加はここ数年の好景気が大きく影響しているという。そして、億万長者の多くは自営業者だという。2009年の金融危機には企業の業績も悪化し個人資産も激減した。しかし今では多くの企業が利益を享受している。

さて億万長者たちはどこに住んでいるのか。住民数に対する億万長者の割合が大きいのは、ラーレン(Laren)。オランダで最も金持ちであるフリッツ・ゴールドシュメディング(人材派遣会社ランスタッドの創始者)もここに住んでいる。このほか、ブラリカム、ブルーメンダール、ワッセナー、そしてローゼンダールも富裕層に人気だ。ベルギーと国境を共有する町バールレ・ナッサウも2009年以来金持ちをひきつけており、2009年には113位だったのが2016年にはトップ10に躍り上がった。

億万長者には職業では農業、金融、貿易、医療、弁護士という職業従事者が多い。乳牛農家、専門医、そして弁護士はどの時代でも変わらず高額所得だと、CBS。

億万長者の20%は農家、オランダの億万長者事情
オランダで仕事を持つ億万長者のうち5人に1人は農業従事者だという興味深い調査結果が、中央統計局(CBS)から発表された。この調査は所得ではなく資産を対象に行われたもので、農家はその土地と飼育所の評価額が高いことから億万長者に分類される人が多い。億万長者の定義は、100万ユーロ(約1億3000万円)以上の資産を持つ人。億万長者の農家の中でも酪農家(50%)そして穀物や野菜を生産する農家(25%)が大半を占めている。

CBSの調査によれば、2015年にはオランダで106,000人の億万長者が存在する。この資産には自宅の評価額は含まれておらず、金融資産、自宅以外の不動産、事業用資産などから負債を引いたものが総資産と見なされる。上記は「働いている」億万長者だが、働いていない退職後の億万長者はなんと全体の3分の1もいる。

働く億万長者の80%は自家営業で、農業従事者はほとんどが自家営業者である。ただ農家の所得を見るとそれほど高いわけではなく、天候や需給によって左右されるため不安定だ。農業従事者に続き億万長者が多いのは金融業に従事している人。に医師や歯科医もこの比率が高い。

億万長者(100万ユーロ以上の資産)の平均資産は290万ユーロ。これに対し億万長者以外の人の平均資産は5万3000ユーロ(自宅を除く)と、55分の1だ。さてもうひとつ驚くべき数字がある。億万長者でも1%がなんらかの社会保障で暮らしていることだ。資産があるため生活保護は受けられないが、失業保険あるいは病気や怪我などで就労不可の場合に出る保険を受け取っている。

オランダのインターネット億万長者、世界最大の酪農経営に着手
オランダのインターネット長者であるケース・コーレン(Kees Koolen)氏は、ブラジル南東部に世界最大の巨大酪農場と工場を開始する計画である。コーレン氏の野望は世界一の酪農家になることで、手始めとしてすでにオランダのヘルダーランド州の村ウィッチモンドに土地を取得、今年の秋から酪農を開始する。ここで交配された乳牛の卵子がブラジルで使用されることになる。

コーレン氏(48)は、ホテル予約サイト「Booking.com」の設立者で、シェア・タクシーサービスの「Uber」の投資者のひとり。ブラジルに計画している酪農農家・工場では今後1年半で100万頭の乳牛を飼育する。オランダの酪農農家の平均乳牛数が90頭であるから、この規模は巨大である。
人口650人の小さな村ウィッチモンドでは、すでに牛1500頭分のし尿処理権を獲得している。当初は400頭の乳牛から開始するという。

【花とテーブルCija】クリスマスリースとグリューワインの会

江川ラーニングセンター 2020年度学習コース説明会のお知らせ

オランダ、長くて暗い冬に光を灯すイベント

オランダ最大、ドルドレヒトのクリスマスマーケット(12月13日から15日)

ゴーダのクリスマス (12月13日)

アムステルダム・ライト・フェスティバル(11月28日から1月19日)

オランダのスタートアップ企業、尿から肥料と飲料水を作る技術

KPN、政府の決定を待たずに中国ファーウェイの5Gアンテナを設置に

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に

ゴッホ美術館とドレンテ美術館が共同でゴッホ作品購入