ニュース

水曜日、オランダ全土で教師のスト
水曜日、オランダ全土の小中学校の教師がストに参加するため、休校となる学校が多い。初等・中等教育の管理職がメンバーとなっている組織AVSによれば、オランダ全土の80%の学校がストに参加するという。教師たちは何を要求し、どのようなストを行うのだろうか。

集会は、レーウワールデン、アルメール、アムステルダム、アイントホーフェン、フースそしてハーグで行われる。ロッテルダムでは午前中に教師が行進を行う予定。国会では教育予算について本日水曜日と明日木曜日に討議が行われるが、一般席には多くの教師が参加すると予想されている。

先週金曜日に教師の労組と教育大臣との間で合意があり、ストは中止となったはずなのだが、再度ストが計画されたという。教育大臣が示した4億6000万ユーロの追加予算では教師不足を解決するには十分ではないと、労組は再度の交渉を要求している。

教育労組によれば、上記は一回の追加予算だが、実際には毎年4億2350万ユーロの追加予算が必要だという。そのほとんどが小学校で使われる。この追加予算で小学校教諭の労働が軽減され給与も増額可能だという。給与のアップにより、初等教育教師と中等教育の教師の給与差も縮小する。また中等教育に携わる教師たちの仕事量もかなり多い。この軽減にも追加予算は求められている。また教育の質を上げるためにも教師たちは予算を要求している。

オランダの教師不足は深刻で、授業時間を削ったり、子供の両親が教壇に立つなどという方法で対処療法がとられているが、根本的な改革が必要だ。政府の試算によれば、2022年にはフルタイムで働く教師は4100人不足、2027年には11,000人も不足となる。
OECDの統計によれば、2017年にフルタイムで働く小学校教師の税引前給与は年間47,870ユーロ、中高等学校の教師は同60,297ユーロだった。しかし、ほとんどの教師はパートタイムで働いているために、この金額を受け取っている人は少ない。


関連記事

新規生徒さん募集 家庭教師・オンラインレッスン(国語・英語・日本語)
以下のレッスンの生徒さんを募集しております。お気軽にお問い合わせください。

①ご自宅での家庭教師

対象:日本人のお子様:新小学4年生~新中学3年生 ハーフのお子様:小学生

科目:国語・英語・日本語

エリア:アムステルフェーンエリア  曜日:月~木曜日(空き枠による)

*日々の基礎学習から学校の試験のフォロー、受験対策まで対応致します。
ハーフのお子様へは補習校等の授業フォロー、日本語レッスンなど対応致します。
初回体験レッスンが可能です。空き枠には限りがございますので、お早めにお問い合わせください。

②スカイプレッスン

科目:国語・英語・日本語  エリア:オランダ全土

曜日:金~日曜日(日本語レッスンは固定ではなくご自由なレッスン受講も可)

・平日がお忙しい方へ。 ・お住まいのエリアの学習環境が整っていない方へ。
・ハーフのお子様、外国人の方の日本語レッスンに。
・初回体験レッスンが可能です。
 
指導歴14年の講師(元塾講師)が指導致します。14年間帰国子女の生徒さんの
指導をさせていただいておりますので、色々とご相談ください。また、日本語教師の
資格も有しておりますので、ハーフのお子さんや外国人の方への日本語レッスンも
お受け致します。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ先:nihongojapan@hotmail.co.jp (秋山知也)


オランダの小学校、深刻な教師不足
オランダの小学校は深刻な教師不足に直面している。新学期(9月)に向けて現時点で3,500人の教師が不足している。夏休み後には1,400人の教師不足で学校を再開しなければならなくなると見られている。昨年も新学期も1,300人の教師不足で新学期が始まっている。

教師の数が足りない場合には学校はそれなりの対処をせねばならなくなる。授業時間を減らしたり、教育を専攻する学生を雇用するといった対処法は、教育の質の低下につながる。教師不足は昨年より5%増加しており、このまま行くと2027年には10,000人が不足すると試算されている。特にランドスタットと言われる西側の地域(アムステルダム、ハーグ、ロッテルダムなど)での教員不足が目立っている。特にオランダ語を母国語としない外国人の多い学校などが就職を希望する教師が激減している。例えばユトレヒトのダ・コスタスクールは生徒の95%がモロッコ系である。こういった学校に就任したいという教師は少なく、教育の質がますます落ちるという悪循環となっている。

教師不足を発想を転換して補おうという試みもある。ユトレヒトのカナールアイランドにある移民が多く教師が不足している学校では、ユニークな試みを行った。教師の代わりに1週間に一度ヒップホップのスターを呼び、子どもたちにヒップホップの歴史を教えたりラップを作らせ踊りを教えた。言葉やクリエーティビティーの発達に役に立った、と学校。

アムステルダム市、教師不足に難民を導入するプロジェクト開始
アムステルダム市では、逼迫する教員不足に対応するためにシリアやトルコからの難民を教育するというプロジェクトを開始した。現在アムステルダムだけでなくオランダ全土で教師が不足しており、クラスをなくすという学校まで出てきている。候補者たちは近い将来に教師として働けるようオランダ語の集中習得コースを受けている。候補者10名はすべて高学歴の難民。教師不足には微々たる貢献だが、この実験的プロジェクトで将来的には難民を含む外国人の教員養成への足がかりを作るという。

このプロジェクトを行っているのは、アムステルダムのニューウエスト地区で16の小学校をまとめる機関と、教員養成機関。財政援助はアムステルダム市が行っている。候補者は3ヶ月間でオランダ語の習得とオランダの学校教育を学び、学校で実際にインターンとして働く。教員の養成とリクルートを担当するスプラウトさんによれば、オランダでも通用する教員資格を持つ人もいるくらいで教育自体には問題はないが、オランダ語がネックだという。最低でも外国語レベルB1を保持するのが条件だが、このレベルで小学校で教えるには無理がある。最初は教員アシスタントとして仕事を始めてもらうという。5年前にシリアから難民としてオランダにやってきた女性は教師だったが、今はモンテソーリスクールでアシスタントとして働いている。近い将来には正式な教師になると意気込みを見せている。

教師不足は小学校だけでない。中高等学校でも同じ問題をかかえている。数学、物理、化学といった専門を教えることができる高学歴の難民は多く、オランダ語を習得すれば教壇に立つことができる。ただ年齢が30−40代と言語習得には難しいという問題も残る。

オランダ人の小学校教師、世界のベストティーチャー10に選ばれる
オランダの小学校の先生、デイジー・メルテンスさんが世界のベスト・ティーチャーのファイナリストに選ばれた。デイジーさんはヘルモンドにあるデ・フュアフォーヘル(Vuurvogel)小学校で教えている。この世界ベスト・ティーチャー賞は特別な功績を残した先生に与えられるが、今回のコンテストには179カ国から1万人が参加した。

デイジーさんは2016年にオランダのベスト教師に選ばれている。今教えている学校には30カ国の国籍を持つ440人の子供がいる。多くの子供がオランダ語や学習の問題をかかえている。デイジーさんはこういう子どもたちのために、個別の学習目標やプロジェクトをつくることで子どもたちのやる気を引き出している。例えば、環境に優しいテーマパークをデザインしようといったプロジェクトだ。

デイジーさんは小学校で教えるほかに、教師のためのトレーニング活動も行っている。さらに子どもたちを巻き込んで、どういった教育がいいかなどをともに考えるといったプロジェクトにも積極的だ。詳細については、以下のページで。
この大会の結果は3月24日にドバイで発表され、優勝者には100万ドルの賞金が出る。

オランダの人員縮小の銀行や保険業界の人材、教師不足を助けるか?
オランダの小中高等校学校では教師不足が深刻な問題となっている。一方、金融業界ではITによる自動化が進む中、職の減少が進んでいる。ところが、銀行員や保険業界でリストラになった人たちで教育部門で新しくチャレンジを求める人はほとんどいない。そこで、金融業界は教育省のアリー・スロブ大臣と話し合い、元銀行員や保険業界人に対し教師になるための教育を行うことを協定を結んだ。

この協定は教育者への転職を妨げを取り払うのが目的。再教育や訓練は通常の教職教育より早いテンポで行われ、教師になるのが容易くなるようプログラムが組まれる。さらに一番の妨げとなっている給与だが、これに対しても何らかの措置がとられるという。

金融業界ではここ15年間で4万人の職が消えている。金融危機だけでなく自動化や電子化も職の消滅に拍車をかけている。銀行の支店や窓口も閉鎖される一方でここで働く人たちはリストラされている。一方オランダの義務教育機関で働く教員はこれから5年で5000人不足すると試算されている。求職する金融業界の人材が教育業界への転職を躊躇するのは、給与の差が大きすぎることと、教職の資格を取ることが煩わしいという理由がある。それが今回の協定で改善されることが見込まれている。

【花とテーブルCija】クリスマスリースとグリューワインの会

江川ラーニングセンター 2020年度学習コース説明会のお知らせ

オランダ、長くて暗い冬に光を灯すイベント

オランダ最大、ドルドレヒトのクリスマスマーケット(12月13日から15日)

ゴーダのクリスマス (12月13日)

アムステルダム・ライト・フェスティバル(11月28日から1月19日)

オランダのスタートアップ企業、尿から肥料と飲料水を作る技術

KPN、政府の決定を待たずに中国ファーウェイの5Gアンテナを設置に

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に

ゴッホ美術館とドレンテ美術館が共同でゴッホ作品購入