ニュース

スキポール空港で誤ってハイジャックの警報
水曜日夜18時45分に、スキポール空港で発せられた「ハイジャック」警報は、エア・ヨーロッパのパイロットが間違って押したものだと言うことが判明した。同社はツイッターで、「何の事件も発生していない。お詫びします。」と発表。パイロットがなぜ誤ってアラームを押したのかはまだ不明である。

エア・ヨーロッパのUX0194 便には27人の乗客が搭乗していたが、ハイジャックの警報が発せられた時に、乗務員とともに機外へと避難させられた。しかし警報が誤報であったことがわかり、22時50分にはマドリードに向けて出航した。

しかしなぜ誤報が発せられたのかはミステリーである。ハイジャックの場合には単にボタンで知らせるのでははく、7500などのコードを入れなければならない。そのコードもパイロットが入力したことになる。
今回の誤報により、スキポール空港の出発便数10便が遅延した。


【花とテーブルCija】クリスマスリースとグリューワインの会

江川ラーニングセンター 2020年度学習コース説明会のお知らせ

オランダ、長くて暗い冬に光を灯すイベント

オランダ最大、ドルドレヒトのクリスマスマーケット(12月13日から15日)

ゴーダのクリスマス (12月13日)

アムステルダム・ライト・フェスティバル(11月28日から1月19日)

オランダのスタートアップ企業、尿から肥料と飲料水を作る技術

KPN、政府の決定を待たずに中国ファーウェイの5Gアンテナを設置に

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に

ゴッホ美術館とドレンテ美術館が共同でゴッホ作品購入