ニュース

オランダの貧困層、教会に頼る人が増える
オランダの教会に支援を求める人が増えている。不況が終わりを告げたにもかかわらず、以前より多くの人々が教会からの助けを求めている。貧困により教会に支援を求める人は、亡命希望者、難民、ひとり親、失業者、精神的な問題を抱える人々、そして慢性疾患者が多い。オランダのカトリック教会とプロテスタント教会が共同で調査したところによると、食物や衣服などの基本的な必需品を求める人たちの数は数年前よりもはるかに増えている。

オランダの教会は昨年、国内の貧困削減に4000万ユーロ以上を費やしている。 2009年と2012年には、2900万ユーロの援助が提供され、2015年には3,600万ユーロであった。

オランダは基本的に貧困者には政府からの助成金が出るが、それでもそのセーフティネットから外れてしまう人も多いのだ。金曜日までは政府の援助を利用できるが、公務員が働いていない金曜日午後から週末にかけて生き延びるために、貧困者は教会のドアを叩くのである。

世界で最も豊かな国のひとつであるオランダでも、食料や住居に困る人も多いのだ。ほとんどの支援は、個人からの寄付や現物援助の形で提供されている。今回の調査を行った研究者は、政府は貧困と闘っていないと結論付けている。


関連記事

景気のいいオランダで50万世帯が貧困
オランダ経済は好調だが、2018年には約50万世帯の所得がいわゆる貧困線以下であった。これはオランダ全世帯の7.9%に当たる。中央統計局(CBS)が発表した最新の数字によれば、23万2千世帯が4年以上続いて貧困状態にあるという。これは全世帯の3.3%にあたる。

中央統計局の依頼により計画局が今後の予測を立てたところ、今年(2019年)は貧困世帯率は昨年より若干下がり7.4%そして2020年には6.6%にまで下がりそうだ。オランダの貧困線は月の所得(税引き後)が
一人住まいで1060ユーロ以下、一人親で子供2人で1600ユーロ以下、両親と子供2人で2000ユーロ以下を指す。

生活保護、就労不能保障金、失業保険などの受給者は貧困に陥りやすい。また給与生活者で貧困線以下の所得の人は2%にすぎないが、個人事業主の場合はこれが10%に上る。

西欧以外からの移住者はオランダ人に比べ貧困に陥るリスクが高い上、長期的に苦しむことが多い。とくにシリアやエリトリアなどからの難民は、支援金を受けているが貧困に陥ることが多い。

地域的にはロッテルダムに住む子どもたちの貧困率が高い。とくにひとり親の場合に顕著である。このほか、アムステルダム、ハーグ、デルフゼイ、ヘールレンでの子供の貧困率が高い。

ロッテルダム、4人に1人の子供が貧困
南オランダ州はオランダの中で最も貧困層が多いことが中央統計局(CBS)の調査で判明した。7人に1人の子供が低所得の家庭で育っている。その中でもロッテルダム市は貧困率が最も高く、4人に1人の子供が貧困の中で暮らしている。これとは対照的にユトレヒト州の貧困率は最も低く10人に1人となっている。

貧困家庭で育っている子供たちは、学校の遠足に参加できなかったり、スポーツや音楽などの習い事に行けない。また定期的に新しい服を購入することもままならず、1年に1回の家族旅行もできない。ただしオランダの場合、住居や食そして教育費に困ることはほとんどない。

CBSが定義する「貧困」とは、最低賃金を下回る所得で生活していることを示す。例えば子供が2人いる二人親家庭では、税引き後の月収が1920ユーロ、ひとり親の場合はこれが1540ユーロ以下である場合を貧困としている。オランダでは特に移民に貧困が多く、その中でも非西欧からの移民の子どもたちの貧困率はオランダ人の4倍となっている。

オランダ、250万人が貧困?
欧州の中ではかなり豊かで社会保障も整っているオランダだが、全人口の14%にあたる250万人が貧困線以下で生活しているという調査結果が発表された。ハーグにあるプラットフォーム31都市研究所と欧州アーバン・ナレッジ・ネットワークの調査の結果である。この数字はオランダの政府が行った調査による7.6%をはるかに超えている。
報告書によれば貧困層にいる人はほとんどが都市の一定地域に固まっている。

「貧困層が固まっているせいで他の社会層から遮断され、その結果貧困から逃れられない。貧困層の子供たちも教育や就職の機会均等の恩恵を受けられない。」と調査は警告している。

ただし貧困線の定義もフラットフォーム31と政府の社会文化シンクタンク(SCP)のものとは異なる。SCPの貧困線の定義は、月の収入が独身で1040ユーロ以下、カップルで1430ユーロ以下となっている。カップルで子供が二人いる場合には年間収入が24000ユーロ以下を貧困と定義している。