ニュース

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に
アムステルダム東部の総合病院OLVGは、年内に循環器科と癌科の看護病棟を閉鎖する。専門の看護師が不足しているのが理由だ。12月にはもう手が回らない状態にあると同病院。12月1日から循環器とガン患者の看護病棟では新規患者は受け付けない方針である。12月11日には同科の患者と従業員は同じOLVGのアムステルダム西部に移転する。看護担当人員の不足で、アムステルダムの東と西に同じ病棟があることで、運営がきびしくなっている。このため、すべてアムステルダム西のOLVGに移転させるという。移動するのは看護病棟のみで、同じ科の日帰り入院や治療はこれまでどおり東OLVGにとどまる。

同病院によれば、ここ数ヶ月のうちにこれらの病気に特化した専門看護師が5人も退職しており、12月には入院患者を受け付けられなくなったと同病院。
看護師不足はオランダでも深刻な問題となっている。医療介護分野での求人は1年で12%上昇し、今年の第3四半期には30491名。特に、専門分野での人手不足は深刻で8人の募集に1人の応募といった状態である。

こういった状態で、病院では一部閉鎖に追い込まれる場合もある。昨年にはフローニンゲン大学病院の29ある手術室のうち4室は閉鎖となった。アーネムの病院でも救急部門が閉鎖に追い込まれ、ハーグのブロノボ病院は人手不足より病院自体が閉鎖となっている。

アムステルダムの病院での人手不足にさらなる足かせとなっているのは、住宅不足だ。家賃や不動産価格の高騰で、病院の従業員がアムステルダムに住めなくなっている。
専門の看護師を確保するためにボーナスを支給する病院もある。フローニンゲン大学病院では、手術室専門の看護師には3年継続勤務で5000ユーロの特別ボーナスを払っている。アムステルダムのアントニ・ファン・レウウェンフック病院では給与を10%値上げしている。


関連記事

オランダでのコロナウィルス感染者数18人に。2病院が一時的閉鎖に
ロッテルダムにあるマーススタット病院は集中治療室(IC)の一時的閉鎖を決定した。ICで治療を受けていた患者ひとりがコロナウィルスの第一次検査で陽性となったためだ。同病院は第二次検査の結果を待っている。コロナウィルス検査は必ず2回の検査を行うことが必須だ。この患者は2月22日から29日までマーススタット病院で治療を受けていたが、その後ロッテルダムのエラスムス大学病院へ搬送されている。昨日にはホリンヘム(Goringem)にあるベアトリクス病院が同様な理由で、入院停止と見舞い禁止という措置をとっている。

オランダでは3月2日現在、合計18名のコロナウィルスの感染者が出ている。政府は明日3日に緊急コロナ対策会議を開催する。

オランダでもコロナウィルス感染者10名、病院閉鎖も
オランダ国立衛生環境研究所(RIVM)は3月1日、国内のコロナウィルス感染者が10名に達したと発表した。またホリンヘム(Gorinchem)にあるベアトリクス病院は入院と見舞いを差し止める措置を発表、事実上の閉鎖となった。

新しくコロナウィルスに感染していると診断された女性はホリンヘム在住。現在、ロッテルダムのエラスムス大学病院に入院している。この女性がどんな経由で感染したかは不明。クーフォルデン在住の男性はティルブルグのカーニバルに3日間参加していたので、感染はおそらくカーニバルの最中だとされている。もうひとりはティルブルグ在住の女性でやはりカーニバルに参加していたという。4人目はデルフト在住の女性で北イタリアに滞在していた。

ホリンヘムのベアトリクス病院には上記の女性が2月21日から28日までの一週間呼吸困難で入院していた。この間コロナウィルスの検査は行われず、集中治療室で治療をしていた。症状が改善されないため、28日ロッテルダムのエラスムス大学病院に搬送され、そこで検査した結果コロナウィルスが検出されたという経緯がある。1週間の間に病院内でウィルスが蔓延していた可能性もあるため、新たな入院患者は受け入れず、患者の見舞いも受け付けないという措置をとることになった。

RIVMは、北イタリアのコロナウィルス感染が多発している地域、および中国、韓国、シンガポールに滞在していた人で、発熱などの症状がある人は、自宅待機するよう呼びかけている。そして症状に改善が見られない場合にはホームドクターに連絡するようアドバイスしている。

さらに、家族にコロナウィルス感染者が出た場合には、家族も他人との接触を制限するようRIVMは述べている。コロナウィルスは基本的に患者の咳やくしゃみを通して感染する。

オランダ全土で病院スト、給与アップと待遇改善を求める
水曜日、オランダ全土で病院の従業員によるストが行われた。これにより救急医療部門を除くのほとんどの病院が門戸を閉ざした。ストに参加したのは看護師と医師で、給与の増額と就業条件の改善を求めている。

従業員は給与の5%アップそして急な時間外労働に対するボーナスを要求。さらに負担軽減のための就業規則の改善などを求めている。これに対し経営者側であるオランダ病院協会は、3%の給与増と医療保険料支払い免除そして病欠時の減額給与支払いを提示している。

協会によれば労組の要求を飲めば9億5000万ユーロの追加予算が必要となり、協会が提示している2億ユーロの追加予算を大幅に超える。労組側は、給与アップと労働条件の改善により病院で働くことがより魅力的になると訴えている。このままで行くと高齢化と平均寿命の上昇により、2022年にはオランダで10万人の医療関係者不足が見込まれている。

11月にオランダ全土の病院でスト
より良い労働条件を求め、オランダ全土の病院で働く従業員が11月20日にストを決行する。ただし救急医療に関しては例外である。労組は給与の5%引き上げと特別手当のほか、看護・介護を行う従業員の負担軽減を求めている。とくに介護分野では重労働のために離職率が高いため、魅力ある職場にするための工夫や手当が必要だとしている。

病院労組に加盟している人は全国83の病院と30のリハビリ施設で働く20万人。大学病院に関してはこの労働協定は適用されない。労組とオランダ病院連盟(NVZ)との間の交渉はすでに長い間続けられているが、最終の交渉結果では2020年と2021年の給与の4%引き上げが決定している。労組はこれに同意していない。NVZ側は、同意がなければ従業員の医療保険費負担をカットするとしており、こうなると従業員の医療費負担が年間で数百ユーロ上がることになる。

高齢者や慢性病患者の増加により、病院の費用はうなぎのぼりである。コストの半分以上が人件費が占める状態で、病院運営も財政的に難しくなっている。NVZのメルカート会長は8月に政府に対し、従業員の給与引き上げのため2億ユーロの予算追加を要請した。しかし医療担当のブラウン大臣はこの予算はないと拒否している。

製薬会社の高額薬品の代わりに、アムステルダムの病院が独自に薬品を製造
アムステルダムの大学病院UMCは、現在製薬業界に注文している医薬品が素早くかつ廉価に入手できるよう病院内の薬局で薬品を製造する予定だと月曜日発表した。この計画実施の引き金となったのはオランダの宝くじ「Vriendenloterij」からの500万ユーロの寄付金だ。この宝くじ会社は毎年数10の慈善事業に寄付しており、UMCへの寄付もこの一環である。

UMCが行う薬品の自主製造は、主として希少疾患の治療薬が対象である。通常希少疾患の治療薬は法外な価格で製薬会社から販売されているが、これを病院が独自に製造する。

UMCは昨年、代謝障害の治療薬を独自に製造したことで製薬業界と対立した。この薬品を製造するリーディアント社は、一人あたり1年分の薬品代を3万ユーロから16万ユーロへと値上げし、さらに市場独占権まで得ていた。UMCは同じ薬品を2万5千ユーロで提供したため同社と対立。オランダ政府はリーディアント社が利益の追求だけを目的としているとしてUMC病院を支援したが、法的な立場からUMCは製造を断念せねばならなかった。

しかしUMCは今年は同じ薬品でさらに質の高いものを独自に製造すると発表した。この治療薬はリューマチや稀なガンの治療薬と同様に非常に高価なものである。UMCは他の希少疾患のための治療薬も独自に開発すると述べている。