ニュース

ハーグ郊外のダウンドルプで暴動、13人逮捕
警察は月曜日夜、ハーグ近郊のダウンドルプで13人逮捕したと発表した。同地で暴動が続き月曜日の夜で3日目。50−60人による投石や暴力そして恐喝沙汰が続いたことで警察は逮捕に踏み切ったという。

ダウンドルプでは週末から緊迫した空気が流れていた。暴徒が警察に向かい投石するなどの暴力が続いていたが、複数の若者が載った車が警察官の脇を通り過ぎたときに警察官がピストルを向けたことで、暴動は悪化した。この地域ではゴミ箱に火がつけられという火災が多数発生しており、警察とともに消防も警備にあたっていた。

暴動はおそらくハーグで大晦日恒例のかがり火が中止になることへの反感からと見られている。昨年の大晦日から新年にかけ、ハーグのスヘーフェニンゲン海岸でのかがり火が大風に煽られ近隣に着火するという事故が起きている。大晦日、オランダでは打ち上げ花火を個人で行うことが許可されているが、ハーグのように市がかがり火を焚くところもある。ハーグではこのダウンドルプとスヘーフェニンゲンの海岸でかがり火が焚かれるがが、今年は中止になる可能性があり、青少年が反対していた。暴動に参加していたのは未成年者がほとんど。中には9歳の子供もいた。この子供は火炎瓶を所持していた。かがり火が中止されるか否かは本日火曜日に決まる。


関連記事

ハーグで刺傷事件、3人の未成年者が怪我
金曜日夜ハーグの繁華街であるフロートマルクト通り(Grote Marktstraat)で3人の10代の青少年が刺傷事件に巻き込まれるという事件が起きた。容疑者はまだ逃亡中である。刺傷の動機などは明らかではない。また容疑者が被害者の知り合いであるかどうかも不明だ。

事件が起きたのはデパート「ハドソンズ・ベイ」付近。警察によれば午後23:30には3人の被害者は病院から退院したという。

昨日はブラックフライデーでハーグの中心地は買い物客でごったがえしていた。事件を目のあたりにした人は「2人の少女が叫びながら逃げていた。容疑者と思われる男はまるで陸上選手のように軽くベンチを飛び越え逃げ去った。チータのような走り方をしていた男を周囲の人が抑えようとしたが、かなわなかった。ショックだった。」と話している。

オランダ初、ハーグで学校の登下校時間に車両通行止め
ハーグ市によればオランダで初めての「学校道路」を設置したという。子供の登下校時間に車両の侵入を禁止するというもの。学校付近の道路は封鎖され、車で子供を送り迎えする人は定められた場所に駐車しそこから歩いて学校まで行かねばならない。この措置を行ったのはキリスト教系モンテソーリ学校である「デ・アベール」。学校によれば、子供の登下校時間は自転車や車や徒歩の人々でごったがえし危険な状況にあった。このためこの「学校道路」の設置に至ったという。今後状況を見てハーグの他の学校地域でも同様な試みを行う予定だ。市によれば、ベルギーやイタリアで同じような試みがおこなわれていて成功しているという。

起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」
今回の起業家インタビューは、日本から移住してきたばかりの女性3人が共同で立ち上げたお惣菜屋さんです。3人は全く別時期に別の理由でオランダにやってきました。移住の理由はというと、2人は子供の教育、もうひとりは海外でのビジネス挑戦とそれぞれ違ったのですが、なぜか3人でお惣菜屋さんを開くに至ったのです。どのようなきっかけで、そしてどのような方法で開店にこぎつけたのか、ぜひ読んでみてください。オランダへ教育移住する人が増えているという話も聞いたことがありましたが、今回のインタビューで実際に実行しているかたにお話を聞くこともできました。

女性3人でハーグにお惣菜店開店

Image

左から小林礼子さん、河津招子さん、塙明子さん

ハーグに女性3人で切り盛りしている和食のお惣菜屋さん「Hachi」がオープンしたと聞き、さっそく訪ねてみました。市立美術館の近くの高級住宅地にあるショッピング通りにあるお店は、入り口に大きな提灯、明るくオープンで入りやすい雰囲気でした。広々とした店内にはお惣菜用のショーケース、料理をつくるオープンキッチン、そして居心地のいい木のテーブルと椅子が並べられており、テイクアウトだけでなくイートインも可能です。まず3人のうちのひとりでお店の経営と経理を担当する塙明子(はなわあきこ)さん(以下A)にお話を伺いました。途中から手のあいた小林礼子(こばやしのりこ)さん(同N)と河津招子(かわづしょうこ)さん(同S)にも加わってもらいました。

P: オランダにはいつから住んでいらっしゃるのですか? オランダ移住のきっかけを教えてください。

A: オランダ移住の目的はずばり子供の教育です。オランダに来る前は夫の仕事でイギリスに住んでいたのですが、帰国が決定してから、やはり子供の教育には海外がいいと思いが強くなりました。それから各国で教育ができる場所を探したのですが、オランダは起業ビザが取りやすいという情報を得て、2016年にオランダで起業し移住することにしました。そのときは今やっている飲食業としてではなく、経理サポートという業務で起業ビザを取りました。
今6歳の娘は4歳のときからハーグのドイツ系インターナショナルスクールに通っています。そこでは、ドイツ語だけでなく、英語、オランダ語も学べるので、とてもバランスがよいと思ったからです。娘はすでに4ヶ国語を話し、のびのびと育っていますよ。子供が小学校を終えるまではオランダにいたいと思っています。
N:私も教育移住です。上の息子が小学校を終える2017年1月に、息子2人とともにオランダに移住してきました。子供はオランダの現地校に通っています。2人とも最初はオランダ語を学ぶコースに入り、2年目からは通常のコースに転入し、今では問題なくオランダ語でオランダの教育を受けています。海外で子供の教育をしようと思ったのは、日本の公立小学校の教育に疑問を感じたのが大きな理由です。公立小学校では、とにかく先生たちが事務処理やレポート書きで忙しく子供の教育にかける時間が少ないのです。それとやはりグローバルな視点に欠けるような気もして、海外での子育てを計画していました。もちろんイギリスやアメリカも考えましたが、オランダはビザが取りやすいという理由でオランダになりました。

P: ということは、ご主人様はおふたりとも日本に置いて来られた?

A: はい。夫は日本の仕事に満足していますし、子供とも毎日FaceTimeアプリで会話していますから、寂しくないと思います。
N: 私も夫は日本です。今回の教育移住にも大賛成でした。

P: 最初はお二人ともお子さんの教育が目的でいらしたわけですが、今年の3月にこのお店をオープンすることになったのはどういう経緯からですか? 

A: 最初は、経理サポートや移住サポートをやっていました。経理サポートは日本の顧客のためにオンラインで経理業務を引受け行うというもので、オランダにいても日本にいたときと同様に業務を行っています。礼子(のりこ)さんとは2年前から親しくしているのですが、2人とも料理好きで「いつか飲食関係のお店を開きたい」という夢がありました。私は経理サポートのほかに、オランダに移住を考える人のために移住サポートもやっていたのですが、去年(今の共同経営者である)招子さんから移住相談を受けたのです。和菓子屋を始めたいという招子さんは、相談の後、一度は移住を諦めたのですが、今年の初頭にまた「お店を始めたい」という強い希望があり実現化に向けて話を進めることになりました。それから招子さんのために物件探しをしていたところ、たまたま居抜きのまま使えるというこの店に出会ったのがきっかけで、私達(明子さんと礼子さん)の飲食店開店の夢がまた頭を持ち上げてきたのです。それならいっそのこと3人で始めようということになり、話はトントン拍子に進み、2月には契約書にサインし、3月にオープンという超特急の展開でした。

P: それにしても超特急。そして素晴らしい行動力ですね。お店のデザインや献立はどうなさったのですか? 


A: ここは前はイタリアンのデリだったのですが、壁を白く塗り替えるのとランプシェードを変える以外はほぼ何もしていないんです。そのまま使えたのはラッキーでした。「Hachi」という店名は、覚えやすい名前ということで数字の一「Ichi」という意見があったのですが、末広がりの「八」を選びました。たまたまリチャード・ギア主演の「Hachi」という映画が海外では有名だったらしく、お客様から犬の名かと聞かれることがよくあります(笑)。 店のロゴは数字の8を縦と横に組み合わせたものです。

メニューと料理指導はスペインから呼んだ知り合いのシェフにお願いしました。料理は好きですが、やはり20人分以上を作るというのは全く別のものですから。今はカツカレー、鶏の照り焼き、茄子田楽といったお惣菜のほかに、お寿司やお弁当を作っています。デリバリーサービスも始まります。それと、社会衛生に関する試験を受けて合格したので、ライ晴れてアルコールの出せる店になりました。6月からはイートインの時間を午後10時ごろまで延長し、レストランにする計画です。

P: お子さんの教育とお店の経営はうまく両立していますか? これまで一番むずかしいと思ったことは?

A: 子供を学校に送ってから仕事を始め、5時頃に子供を迎えに行きます。そのあとは、(子供がいない)招子さんがお店をやってくれています。今のところとてもうまく行っています。 
私は日本では外資系証券会社に勤務し、米国の会計士の資格を持っていますので、主としてお店の経理と経営、そしてマーケティングを担当しています。
礼子さんは、日本では保育関連の仕事をしていましたが、このお店では調理担当です。接客は招子さんが主としてやっています。それでも人手が足りないのでアルバイトのかたもお願いしています。収支ですか? 今の所そこそこですが、これからアルコールも販売でき夜遅くまで開店することになれば、もっと売上は上がると見ています。

難しいのは用意するお惣菜の量だと思います。週末はお客様も多くたくさん売れますが、週日は作りすぎると残りも出るのです。なるべく自分たちで持ち帰るようにしていますが、やむなく廃棄する場合もあります。廃棄はやっぱり心が痛みます。

P: オランダに移住してきたのが今年の3月。そして休む間もなくお店の開店という、怒涛のような日々を送ってきた招子さん。オランダはいかがですか?

実はまだ何もみていないのですよ。本当に最初からすべてが新しいことばかりの忙しい日々が始まり今に至っています。私の夢は海外でビジネスに挑戦することでしたので、その夢の実現に一歩踏み出したことを嬉しく思っています。



ハーグとリンブルグでの連続殺人事件の容疑者逮捕
ハーグとヘールレン(南リンブルグ)での殺人事件の容疑者(27)を逮捕した、と水曜日夜警察が発表した。警察が容疑者の写真を公開してすぐのことだった。この男Hは月曜日にヘールレンで2人を殺害、先週の土曜日には日本人女性をスヘーフェニンゲンの森で殺害した容疑がかけられている。3人とも犬を連れて散歩中だった。警察はこの3件の事件に共通性を見て捜査に乗り出すとともに、テレビの「行方捜査」番組で日本語字幕つきで発表、昨日水曜日には容疑者の写真を公開した。公開した2時間後、容疑者はリンブルグ州の公道で逮捕された。今回の事件では市民と報道機関に多大な協力を得たと発表している。

容疑者はハーグ在住だがリンブルグ州の南部にも頻繁に宿泊していたという。警察が容疑者の逮捕に至った経過はまだ明らかにされていないが、犯行現場近くに取り付けられたカメラ映像の解析は行っていた模様。「容疑者の氏名と写真を公開することはほとんどなく今回は例外」だと警察。容疑者が精神を病んでいて危険性が高いのと3人もが被害にあったことから、公開に踏み切ったという。

アムステルフェーンで射殺事件。犯罪組織の抗争か。

オランダのアマリリスを日本へお届けします!

アムステルダムのメトロ南北線、スキポール空港まで延長に

KERASTASE特別セール開催のご案内

景気のいいオランダで50万世帯が貧困

オランダで売られている野菜・果物に内分泌撹乱を起こす残留農薬?

ストロープ・ワッフル、米プロスポーツ選手の間でヒット

習得したいのは英語ですか?それともオランダ語ですか?

アムステルダム、ビジネス機会や人口ますます増加

辻井伸行 コンセルトヘボウでのマスター・ピアニスト・シリーズに出演!(12月15日)