ニュース

リンブルグ州はクリスマスは稼ぎ時
オランダの南端部リンブルグ(リンブルフ)州にとって、クリスマスは稼ぎ時である。ここ数週間で「クリスマス」関連でリンブルグを訪れる観光客で数百万ユーロ(数億円)の利益を生んでいる。ファルケンブルグの洞窟に設置されたクリスマスマーケットやマーストリヒト付近で行われるウィンター・ショーが多くの人を寄せ付けているようだ。マーストリヒトを訪れる人はひとり平均200ユーロを落としていく。ホテル宿泊費、レストランでの食事、そしてショッピングなどと財布の紐が緩んでいる。

オランダの国民的バイオリン・エンターテイナー「アンドレ・リュー(André Rieu)」のマーストリヒトでのコンサートには、4万人以上が訪れている。10年前にはクリスマス時期のマーストリヒトには閑古鳥が鳴いていたというのに、「マジック・マーストリヒト」というイベントが始まってからこの繁盛ぶりである。経済効果も大きい。マーストリヒトのホテルの宿泊数は去年から42%も増えている。アンドレ・リューは堅苦しくないバイオリンのコンサートでクラッシック音楽とはあまり縁のない人達をひきつけ、日本でもコンサートを行っているエンターテイナー。

ファルケンブルグにもクリスマス前の週には30万人が洞窟内のクリスマスマーケットを目指してやってきた。国内外から乗り付ける大型バスで混雑している。市当局は、クリスマス前の観光客だけで1500万ユーロ(約17億円)の経済効果があると話している。今年は例年より1週間延長し大晦日と元旦もオープンするというので、収入はますます増える見込み。ヨーロッパのクリスマスマーケット・トップ10にもファルケンブルグの洞窟はプラハやケルンに肩を並べている。


関連記事

マーストリヒトのカーニバル(2月23日-25日)
カーニバルはカトリックの国で行われる行事。オランダではカトリックの多い南部で行われるが、マーストリヒトのカーニバルは有名。参加者はカラフルに着飾ってパレードを行う。

2月23日-25日
場所:マーストリヒト中央駅付近、Markt付近、市庁舎付近

世界最大のファインアートとアンティークTEFAF マーストリヒト (3月10日−18日)
最高レベルのファインアートそしてアンティークが、世界中のギャラリーそしてディーラーによって展示される「TEFAF」。オランダのマーストリヒトで30年前に始まったものが、現在ではニューヨークとフロリダと世界3ヶ所で年に3回行われる。
3月10日から始まるマーストリヒトのTEFAFには世界でも有数な275店ものギャラリーが出展。60カ国以上から7万5000人が参加する。参加者(購買者)は一般の人だけでなく、美術館や博物館の学芸員も多い。
質の高いもの(もちろん価格も)ばかりが展示されているため、美術館にいるような錯覚を起こすこのフェア「TEFAF」、一度は見に行く価値がある。

日時:2018年3月10日から18日
場所:Forum 100, 5268 HD Maastricht
入場料:40ユーロ

マーストリヒトでの一日領事サービス
マーストリヒトでの一日領事サービスを以下のとおり予定しています。旅券申請,在外選挙人登録申請など,ぜひご利用ください。

(ご注意ください)
○手数料が必要な場合は,現金でお釣りのないようにご用意ください。
○戸籍・国籍届については受付できませんので,ご留意ください。事前にご連絡いただいた方に届出用紙・記載例を配布しています。
○なお,会場にはコピー機がありません。また,返信用切手を販売することができませんので,必要に応じコピーや切手を事前にご用意くださいますようお願いいたします。

1. 開催日時等
日時:2015年 3月21日(土) 午前9時30分~午後12時30分
場所:United World College内
Discusworp 65, 6225 XP Maastricht, The Netherlands
http://www.mjsschool.org/map

マーストリヒト日本語補習授業校のご協力を得て,同校内で開催いたします。

業務(受付事務)内容
(1)在留届・記載事項変更届(帰国・住所変更・家族到着等)
領事サービスで受け付けていますが,大使館領事班あて郵便やFAXで送付いただくか,インターネットでの届け出も可能です。 詳細はこちらをご参照ください。
http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/zairyu.html

(2)在外選挙人名簿登録申請
・必要書類
●日本旅券(原本)
手数料は必要ありません。申請手続きの流れはこちらをご覧ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html

(3)旅券切替発給申請
申請受付のみです。交付は必ずハーグの大使館領事窓口に申請人ご本人(乳幼児を含む)にご来館いただくことになります。お子様(乳幼児以外)の旅券を親権者や法定代理人が代理で申請する場合,署名欄をあらかじめ記載いただく必要がありますので,申請書を事前に入手されることをおすすめします。郵送による申請書入手方法はこちらをご覧ください。
http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/ryoken.html#nyushu

手数料は交付の際,大使館領事窓口で現金でお釣りのないようお願いします。 手数料はこちら
http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/tesuryo.html
をご覧ください。

・必要書類
●日本旅券(原本)及び身分事項頁のコピー
●オランダのIDカード(滞在許可証)(原本)
●写真(横3.5センチ×縦4.5センチ) 1葉
(注)旅券の有効期間が満了となり既に失効している,婚姻等のため氏,本籍地が変更されている場合は,6ヶ月以内に発行された戸籍謄(抄)本(1通)が必要となります。また,旅券を紛失した場合は提出書類が異なりますので,別途お問い合わせください。

・注意事項
○未成年の方の旅券申請にかかる注意事項についてはこちらをご確認ください。
http://www.mofa.go.jp/announce/info/passport.html
○国際結婚,両親の一方が外国人等の理由で,旅券面へ非ヘボン式での氏名表記を希望される場合には,綴り(スペル)が確認できる疎明資料(例:婚姻証明書,出生証明書)原本及びコピーをお持ち下さい。
○旅券の提出書類等が整っていない方は,正式な申請とはなりません。 旅券等提出書類が提出された日が申請日となりますので受取日は,あらためて電話にてご確認ください。

(4)各種証明交付
サービスをご利用する方は,手続き方法や必要書類,手数料などの詳細を当館ホームページでご確認ください。
http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/tesuryo.html
なお,署名証明はできません。また在留証明は申請のみのお取り扱いとなります。

○出張サービス当日に証明を申請する方
証明の元となる書類(戸籍謄本や運転免許証)や旅券やオランダIDのコピーを事前にご用意ください。アポスティーユの頁や免許証の裏面もコピーが必要となりますのでご留意ください。交付はハーグの大使館領事窓口で行いますので,手数料は交付時に領事窓口でお支払い下さい。
郵送での交付を希望する場合は,郵送途中の紛失の可能性があることにご留意のうえ,手数料とともに返信用切手を貼った宛先記載の封筒をご準備ください。
(切手代)証明書1~2通分 NEDERLAND[1]の切手1枚
3通以上  NEDERLAND[1]の切手2枚

○出張サービス当日に証明書の交付を希望する方
サービス開催の1週間前までに郵便やFAXで事前に申請いただき,出張サービス当日に原本をお持ちいただければ,原本確認を行った上での交付が可能です。交付時の手数料は現金でお釣りのないようお願いします。

(ア)戸籍記載事項証明 (滞在許可・住民登録等申請のため,出生,婚姻等の事実を証明するもの)
・必要書類
●日本旅券(原本)及び身分事項頁のコピー
●戸籍謄(抄)本 1通(6ヶ月以内に発行されたもの)及びコピー
●手数料

(イ)日本国運転免許証の翻訳 (*蘭運転免許証への切替手続き用)
●必要書類:日本旅券(原本)及び身分事.頁のコピー
●有効な日本国運転免許証(原本)及び両面のコピー
(*失効した免許証は証明できませんのでご注意下さい。)
●手数料

(5)平成27年度前期用教科書の受け取り
 教科書を申し込んだ方は、本サービスでの受け取りが可能です。教科書お引き取りについてのご案内をいたします(例年3月上旬ごろ)ので,ご案内メールに対する返信としてマーストリヒト領事サービスにて受け取り希望の旨ご返信ください。
そのほか,領事サービスについてご不明な点がございましたら,以下までご連絡ください。

連絡先:
在オランダ日本国大使館領事班
Tobias Asserlaan 2
2517KC, Den Haag
The Netherlands
電話:070-3469544(代表)
FAX:070-3107099(領事部)
consul@hg.mofa.go.jp

【在オランダ大使館】マーストリヒト領事出張サービス 3月22日
マーストリヒトでの一日領事出張サービスを以下のとおり予定しています。旅券申請,在外選挙人登録申請など,ぜひご利用ください。



(ご注意ください)

○手数料が必要な場合は,現金でお釣りのないようにご用意ください。

○戸籍・国籍届については受付できませんので,ご留意ください。事前にご連絡いただいた方に届出用紙・記載例を配布しています。

○なお,会場にはコピー機がありません。また,返信用切手を販売することができませんので,必要に応じコピーや切手を事前にご用意くださいますようお願いいたします。



1.開催日時等

日時:2014年 3月22日(土) 午前10時〜午後1時

場所:マーストリヒト日本語補習授業校校内

   Basisschool de Vlinderboom

   Kelvinstraat 3 6227VA Maastricht 



マーストリヒト日本語補習授業校のご協力を得て,同校内で開催いたします。



2.業務(受付事務)内容

(1)在留届・記載事項変更届(帰国・住所変更・家族到着等)

領事サービスで受け付けていますが,大使館領事班あて郵便やFAXで送付いただくか,インターネットでの届け出も可能です。 詳細はこちらをご参照ください。

http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/zairyu.html



(2)在外選挙人名簿登録申請

・必要書類

●日本旅券(原本)

手数料は必要ありません。申請手続きの流れはこちらをご覧ください。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html



(3)旅券切替発給申請

申請受付のみです。交付は必ずハーグの大使館領事窓口に申請人ご本人(乳幼児を含む)にご来館いただくことになります。お子様(乳幼児以外)の旅券を親権者や法定代理人が代理で申請する場合,署名欄をあらかじめ記載いただく必要がありますので,申請書を事前に入手されることをおすすめします。郵送による申請書入手方法はこちらをご覧ください。

http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/ryoken.html#nyushu



手数料は交付の際,大使館領事窓口で現金でお釣りのないようお願いします。 手数料はこちら

http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/tesuryo.html

をご覧ください。



・必要書類

●日本旅券(原本)及び身分事項頁のコピー

●オランダのIDカード(滞在許可証)(原本)

●写真(横3.5センチ×縦4.5センチ) 1葉

(注)旅券の有効期間が満了となり既に失効している,婚姻等のため氏,本籍地が変更されている場合は,6ヶ月以内に発行された戸籍謄(抄)本(1通)が必要となります。また,旅券を紛失した場合は提出書類が異なりますので,別途お問い合わせください。



・注意事項

○未成年の方の旅券申請にかかる注意事項についてはこちらをご確認ください。

http://www.mofa.go.jp/announce/info/passport.html

○国際結婚,両親の一方が外国人等の理由で,旅券面へ非ヘボン式での氏名表記を希望される場合には,綴り(スペル)が確認できる疎明資料(例:婚姻証明書,出生証明書)原本及びコピーをお持ち下さい。

○旅券の提出書類等が整っていない方は,正式な申請とはなりません。 旅券等提出書類が提出された日が申請日となりますので受取日は,あらためて電話にてご確認ください。



(4)各種証明交付

サービスをご利用する方は,手続き方法や必要書類などの詳細を事前に下記の連絡先までお問い合わせください。手数料はこちらをご確認ください。

http://www.nl.emb-japan.go.jp/j/consulate/tesuryo.html

なお,署名証明はできません。また在留証明は申請のみのお取り扱いとなります。



○出張サービス当日に証明を申請する方

証明の元となる書類(戸籍謄本や運転免許証)や旅券やオランダIDのコピーを事前にご用意ください。アポスティーユの頁や免許証の裏面もコピーが必要となりますのでご留意ください。交付はハーグの大使館領事窓口で行いますので,手数料は交付時に領事窓口でお支払い下さい。



真にやむを得ない理由で郵送での交付を希望する場合は,郵送途中の紛失の可能性があることにご留意のうえ,手数料とともに返信用切手を貼った宛先記載の封筒をご準備ください。

(切手代)証明書1〜2通分 NEDERLAND[1]の切手1枚

3通以上  NEDERLAND[1]の切手2枚



○出張サービス当日に交付を希望する方

サービス開催の1週間前までに郵便やFAXで事前に申請いただき,出張サービス当日に原本をお持ちいただければ,原本確認を行った上で交付が可能です。交付時の手数料は現金でお釣りのないようお願いします。



(ア)戸籍記載事項証明 (滞在許可・住民登録等申請のため,出生,婚姻等の事実を証明するもの)

・必要書類

●日本旅券(原本)及び身分事項頁のコピー

●戸籍謄(抄)本 1通(6ヶ月以内に発行されたもの)及びコピー

●手数料



(イ)日本国運転免許証の翻訳 (*蘭運転免許証への切替手続き用)

●必要書類:日本旅券(原本)及び身分事.頁のコピー

●有効な日本国運転免許証(原本)及び両面のコピー

(*失効した免許証は証明できませんのでご注意下さい。)

●手数料



そのほか,領事サービスについてご不明な点がございましたら,以下までご連絡ください。



連絡先:

在オランダ日本国大使館領事班

Tobias Asserlaan 2

2517KC, Den Haag

The Netherlands

電話:070-3469544(代表)

FAX:070-3107099(領事部)

info@hg.mofa.go.jp



スキャンダルまみれのマーストリヒト市市長、留任決定
オランダ、マーストリヒト市の市長であるオノ・フース(OnnoHoes)氏は、私生活に関する噂の的となっているが、市議会3党が同氏の留任を認める決定をした。フース氏は記者会見で「市議会と感情的ながらも建設的な話し合いをもった。我々は市のために協力することに決め、過去にはふたをすることになった。」と発表した。フース氏は自分が起こしたスキャンダルについて陳謝したが、これでほぼ全党が彼の続投に反対しないことになった。

フース氏はテレビのゴシップショーのキャスターである男性アルベルト・ファンデルリンデ氏と正式に結婚しているが、若い男性とも数名関係をもっていると噂されていた。先日もホテルのロビーで24歳の男性とキスをしているところが目撃されている。またゲイのソーシャルメディアサイトにも自分の裸体写真を掲載していた。