ニュース

起業家の国オランダ、企業数200万を突破
今年1月1日、オランダで登録されている企業数は200万404社と過去最高に達した。2019年だけで10万社が登録され、前年の5%増となった。とくにZZP(従業員を持たない会社)と呼ばれる個人事業主数が増えていると、オランダ商工会議所(KvK)が発表した。

業種別だと、建設、医療、小売、飲食業、ロジスティックが多い。地域別だとフレーフォラント、南ホラント州が多く、一番企業数が少ないのがリンブルフ州である。企業のオーナーは外国人(オランダ以外の国で生まれた人)の割合が増えており、全体の16%となっている。とくにスタートアップ企業を見ると、なんと4分の1がオランダ以外で生まれた人が始めている。

起業する人には若い人が多く、平均年齢は35歳。このうち男性が3分の2、女性が3分の1を占める。

若い起業家の中でも18歳以下という人が増えているのも顕著だ。2015年には1944人だったのが、2018年には6572人と増加している。商工会議所によれば、昔の高校生はスーパーマーケットで働いたり新聞配達というアルバイトをしていたが、最近では自分の会社を設立する青少年が増えているという。


関連記事

起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」
今回の起業家インタビューは、日本から移住してきたばかりの女性3人が共同で立ち上げたお惣菜屋さんです。3人は全く別時期に別の理由でオランダにやってきました。移住の理由はというと、2人は子供の教育、もうひとりは海外でのビジネス挑戦とそれぞれ違ったのですが、なぜか3人でお惣菜屋さんを開くに至ったのです。どのようなきっかけで、そしてどのような方法で開店にこぎつけたのか、ぜひ読んでみてください。オランダへ教育移住する人が増えているという話も聞いたことがありましたが、今回のインタビューで実際に実行しているかたにお話を聞くこともできました。

【起業家にインタビュー】オランダで醤油づくり
今回の「起業家にインタビュー」は、ロッテルダムで醤油を作るオランダ人トーマスさん。トーマスさんはロッテルダムの南の産業地区にある工場で、手作りの醤油を作っています。選りすぐりの大豆の生産から始め、樽仕込みの醤油ができるまでになんと4年の月日をかけているとのこと。7代続く老舗のパン屋に生まれたトーマスさんが、なぜ、いかにして醤油づくりを始めたのかを聞きました。ここで作られた醤油は今、ロッテルダムのレストランYAMAや、アムステルダムのTaikoそしてRIJKSで使われています。オンラインで購入も可能。

オランダで起業インタビュー「出産ドゥーラの朝倉麻耶さん」
出産ドゥーラというお仕事をなさっている朝倉麻耶さんにインタビューしました。出産ドゥーラとはいったいどんなことをする仕事なのでしょうか?朝倉さんはなぜこの仕事を天職だと思ったのでしょうか。
大学院を卒業して、いったい自分は何をしたいのかわからず、なんとなく日々を過ごしていた朝倉さんが、どのようにしてこの天職を見つけたのかをお聞きしました。

起業家インタビュー、テレビ局を辞めてオランダに移住してきた鈴木さん
今回の起業家インタビューは、18年勤めた日本のテレビ局記者という仕事を辞めてオランダに移住してこられた鈴木さんです。東日本大震災がオランダへの移住のひとつのきっかけになったそうです。「当時、私は構造的にそうした既得権益の中にいましたが、早くそこから抜け出したいと感じていました。仕事の面では、テレビのニュースで情報を伝えていましたが、構造的な問題をそのままにして記者を名乗ることに良心の呵責を覚えたり、テレビでなにかしらの問題を提起してみても、その当事者でなければ多くの人が無関心である社会への無力感があったりして閉塞感にさいなまれていました。」 

現在、鈴木さんは日本茶の輸入卸やワークショップ、日本語教師、補習校教諭などをやっていらっしゃいます。

フリーランスの美容師としてオランダで起業した小野寧子さん
今回の「オランダで起業」コラムでは、フリーランス(個人自営業)の美容師としてオランダで起業した小野寧子さんをインタビューしました。美容師は腕一本で世界中どこでも仕事ができるという強みはありますが、ある程度顧客がつかないと生活は不安定です。小野さんは、「明日がどうなるかわからない」という状態を乗り越えて、ロッテルダム在住のアジア人、ヨーロッパの人、そしてオランダ人にもリピータの多い人気美容師さんになりました。