ニュース

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず
欧州委員会は2019年12月11日、2050年の温室効果ガス排出量をネットゼロ、2030年の排出削減目標を現行の90年比40%削減から、50%削減に引き上げ、さらに55%減も目指すなどを盛り込んだ「欧州グリーンディール(EGD)」構想を打ち出した。

今回欧州委員会のグリーンディール担当はオランダ人議員ディードリック・サムソム氏だ。同議員は、この目標を達成するためのオランダのエネルギー政策の変更によるエネルギー費の増加は心配する必要はないと述べている。ただ、航空業界には燃料あるいは二酸化炭素排出に税金がかけられるため、空の旅は高くなる。

欧州グリーン・ディールには、広範囲に及ぶ森林の植林、省エネの家屋の建設、電気自動車のための電気供給スタンドを数百万台設置するなどが含まれている。オランダではすでに実施されているが、新案では、欧州どこの国でも毎月一定金額で電気自動車がリースできるシステムが構築される。

このため、欧州投資銀行はこのようなプライベート・リースシステムが可能になるように、東欧諸国において安い金利で車のディーラーに貸付を行う必要があるとサムソム氏。

さらにEUでは夜行列車のネットワークを強化する計画だ。これにより、欧州域内での移動が航空機によるものと同等になるはずだとしている。現在では格安航空券で列車より安く移動が可能で、これによる大気汚染が大きな問題となっている。

さらに、カーボン・ボーダー調整と呼ばれる、大気汚染物質のEU内への輸入関税も新案に含まれる。2021年中頃からEU域内に輸入されるときに、CO2税が課せられる。これは欧州内の製鉄業を守るという目的もある。
EUの新顔であるサムソム氏(労働党)は、「地球を守るのが使命」だと、新しい職に意欲を示している。


関連記事

農家に続き、建設業者が政府の環境対策に反対しデモ。
政府の環境保護対象となっているのは、農家と建設業。先月には窒素発生源である酪農農家がトラクターで高速道路を走りストを行ったが、今日30日にはハーグのマリーフェルトに1000台のダンプカーに乗った建設業者が集まりデモを行っている。

午後13時には20台の砂を満載したダンプカーがハーグに到着。砂をマリーフェルトに積んで山をつくる計画だ。警察はこれを中止させようと、デモ隊をデモ地区に戻るよう呼びかけている。農家(酪農)のストの際も一般の人は厳しすぎる政府案に対し、農家に同情する人は多かったが、今回も同様だ。

不動産は値上がりし建設ブームだというのに、建設業界にとって2019年は苦難の年である。PFASに分類される化学物質が含まれる土壌での建設がすべて禁止されることになった。自然保護地区での建設計画は中止、堤防の補強工事も延期など公共工事はほとんど中止状態。この政府の行き過ぎた環境対策に対し、建設業界は不満を表明している。

アムステルダムで環境活動家がデモ、道路を封鎖
気候変動活動家グループである「絶滅への反逆(Extinction Rebellion)」は、月曜日朝アムステルダムの国立美術館付近の道路スタットハウダースカーデを封鎖した。活動家たちはこの道路上に50個あまりのテントを張り、道の両側で歌い踊るとともに、ヨガを行ったりドラムバンドが演奏しているという。午前中には1000人以上が集まるとグループは発表している。「絶滅への反逆(エクティンクション・リベリオン)」は、人間の生産活動による地球温暖化 、生物の多様性の喪失 、そして人類の絶滅と生態システム全体の崩壊の危険に対する有効な政策の欠如に対して抗議し、温暖化に対する政治的な決断を促すために非暴力の直接行動を用いる社会・政治的な市民運動である。(Wikipedia) このグループは世界的に拡大しており、欧州ではロンドン、ベルリン、パリでもデモが行われている。

午前9時現在アムステルダム警察はこのデモ隊にまだ介入していないが、国立美術館付近を離れるよう呼びかけている。しかし活動家たちは座り込みを始め警察の要求に耳を貸さない模様だ。グループは、気候変動に関して政府が真実を語ることを要求している。「現在の気候変動は非常時にあるというのに、政府はこれを認めず十分な対策を施していない。」と抗議。さらに、CO2廃棄を5年後にはゼロにすべきだと主張している。今の政策ではこの目標は30年後に達成することになっていて、それでは遅すぎるというのがグループの主張だ。

政府の環境対策に反対する畜産業者のトラクターによるデモで、史上最悪の大渋滞
1日火曜日早朝から、国会のあるハーグに向かう道路がゆっくりと走るトラクターで埋まっている。農業従事者が午後から政府の環境対策に対するデモを行うためだ。その上、高速道路での事故や悪天候も重なり午前8時には合計1000kmの渋滞と史上最悪の大渋滞となっている。午後にはオランダ全土から約1万人の農業従事者が集まる予定だ。
農業従事者とくに畜産を営む農家は、今回公開された環境問題報告書に基づいた畜産業の制限を行うという政府の短絡的な対策に怒りを示している。排出窒素による環境汚染は畜産農家だけを攻撃の的にするべきでなく、他の業種でも制限を設けるべきだというのが主張だ。午後のデモには、農業・自然・食料省のスハウテン大臣や、民主66党の議員なども参加する予定だ。

午前8時現在渋滞がひどいのはユトレヒトとハーグを結ぶ高速道路A12で、交通サービスのANBWは道路利用者に対しA12を避けるよう呼びかけている。

窒素対策として政府はすでに高速道路の一部の制限速度を下げ、総工費140億ユーロに上る建設工事を中止している。国立環境衛生研究所は窒素汚染の40%は農業からと試算しており、農業が窒素発生の最大の根源であるというのが政府の見解である。ただオランダ大気に含まれる窒素の35%は国外から来るもので、畜産業者だけが減産を求められるのは不公平だというのが今回のデモの趣旨だ。40%のうち、養鶏業と養豚業からは10%のみという数字も出ている。一番の窒素排出は牛から来ており、牛の数を減らすことにより、かなりの効果が見られると政府は見ている。

オランダ環境問題報告書で畜産農家が窒素排出の根源と指摘、農家は破産?
25日レムケス委員会窒素ガス排出報告書が公表された。これによれば、政府は早急にアンモニア発生源の畜産対策や自然保護地帯での制限速度を下げることが必要となる。畜産業の縮小とこれまで制限速度が130kmだった道路が120kmへと下げられる。

窒素ガス発生源の46%は畜産だと報告書は指摘し、自然保護地帯にある畜産農家は国が買い取るか廃業にするべきだとアドバイスしている。しかしながらこの勧告に従うとなるとオランダの畜産農家の半分が消え去ることになり、農家そして経済への大打撃となる。オランダの畜産は、生産量を最大にすると同時にコストを削減し、世界市場での競合に勝つという「典型的なオランダ農業モデル」を基礎としている。窒素(アンモニア)排出を削減するということは、このモデルに基づく畜産業を崩壊させ、農家の破産を招くことになる。

現在の窒素の問題は、自然や生活環境を考慮せずに、短期的に経済の成長と発展に主に焦点を合わせた長年の政策の結果である。これに対し専門家は、単に畜産業を縮小するという短絡な解決法でなく、窒素問題に対する構造的アプローチを提唱している。この新しいアプローチは、動物飼料の輸入と肥料の使用の大幅な削減やアンモニアの利用だ。アンモニアを排出する家畜糞尿は、高品質であれば貴重な原料に変えることができる。アンモニアと粒子状物質の排出量の削減により大気の質が向上し、農地とその周りにある自然保護地域の両方で生物多様性が増加し、温室効果ガスの排出量が大幅に削減されるため、気候目標をより簡単に達成できる。飼料輸入の削減は、大豆生産による森林破壊を防ぎ生物多様性の損失とCO2排出が防止できる。長期的視点にたった農業の構造改革は、市場を創造し、新しい収益モデルの機会を提供するはずだ。


オランダの国王、国連総会でロシアに圧力、環境や性的マイノリティに関してスピーチ
オランダのウィレム・アレクサンダー国王は、24日国連総会にてスピーチを行った。この中で国王は、ロシアに対し2014年に撃墜されたマレーシア航空機MH17の調査に協力するよう呼びかけた。多数のオランダ人が乗ったこの航空機は、ロシア軍によってウクライナ上空で撃墜されたという調査結果が出ていたが、ロシア政府は犯人の追跡などの捜査協力を拒んている。国王は「国際的犯罪は司法により裁かれねばならない。」とロシア政府に協力を迫った。

さらに演説で国王は性的マイノリティの権利についても言及。「世界でLGBTや他のマイノリティが少しずつ権利を広げていることをオランダ王国は喜ばしく思う。」と述べ「この動きがさらに広まり実践されることを望む。」と強調した。環境問題については、地球の将来に対し今こそ世界が協力しあわねばならない時期に来ているとし早急な対策をとらねばならないと述べている。そして、「貧困と不公平に対して国境を超えて協力し戦わねばならない。」と締めくくった。

コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん