ニュース

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に
オランダの音楽は引き続き重要な輸出商品になっている。2018年には2億1600万ユーロの売上を生んでいる。音楽輸出の4分の3はダンス・ミュージックと呼ばれるエレクトロ音楽の分野。アフロジャック、ティエスト、アーミン・ファン・ビューレン、マーティン・ギャリックスといったDJが海外市場で有力だ。

上記の数字は、海外での公演(1億7400万ユーロ)、権利(2900万ユーロ)、録音(1300万ユーロ)の合計である。オランダ全国で1319人のアーティストを調査したところ963人が82カ国で活躍しているという結果が出た。

ダンス・ミュージックでは北米勢が強いが、オランダ勢はアジアで人気だ。とくに中国でのDJ市場は大きいし拡大を続けている。ダンス・ミュージックだけでなくオランダのヒップホップも人気上昇中だという。とくにベルギーでの公演が倍増した。このほか、シンフォニック・メタルバンドのウィズイン・テンプテーションも北米や南米そして日本で人気だという。

海外で人気なのはダンス・ミュージックだけではない。娯楽性のあるバイオリニストのアンドレ・リュウは2018年だけで海外で71のコンサートを開いている。さらに昔のロック音楽もリバイバル中だ。ショッキング・ブルーの「ビーナス」やゴールデン・イヤリングの「レーダーラブ」が海外で復活中だという。


関連記事

音楽を聞きながらの手術で術後の痛みが減少、オランダの実験
ロッテルダムのエラスムス大学病院での研究によると、音楽を聞きながら手術を受けると術後の痛みが大きく減少するという結果が出た。外科専門誌「Annals of Surgery」に発表されたもの。ヘッドフォンで音楽を聞きながら手術を受けた患者は術後に要する鎮痛剤の摂取量が少なくなるという。これによって鎮痛剤の中毒になったり副作用が防げる、と同病院の研究者。ただし、音楽でもヘビーメタルやハードロックは効果がないようだ。

音楽が術後の痛みの減少にどのようなメカニズムで効果をもたらすのかを探るのは今後の課題だ。しかし、音楽が脳を通して人間の肉体に影響を与えているのは確かである。ストレスに対する反応、免疫システム、ホルモン管理などに効果があると研究者は見ている。メカニズムはまだ解明されていないが、痛み、恐怖そしてストレスが軽減されるのは確かだという。

この研究プロジェクトのリーダーであるイェーケル医師は、以前自分が手術を受けたときに、よく自分がピアノで演奏するショパンのファンタジーを聞いていた。このときに音楽の効果がひらめき、研究を開始したという。音楽は費用はかからない上、術後の鎮痛剤摂取による副作用を防げる。実際に5000人の患者の手術で音楽を試したところ、音楽を聞いていない患者が使用する痛み止めの量よりかなり少ない量の摂取が必要なことが判明した。外科手術には、モルヒネ、フェンタニル、オキシコドン、トラマドルといった麻酔薬を使用するが、これらの麻酔薬は中毒性がある。術後にもモルヒネなどを投与することがあるが、量が劇的に減るようだ。

アヤックス(サッカー)とダンカン(音楽)で湧いた1日
16日オランダ中が注目したのは、アムステルダムのサッカーチーム「アヤックス」のリーグ制覇記念パーティとシンガーソングライター「ダンカン・ローレンス」のユーロビジョン・ソングコンテストの決勝進出だ。

アヤックスは、15日オランダ・エールディビジ第33節の試合が行われ、デ・フラーフスハップに4-1で勝利し、通算34度目のリーグ優勝を果たした。欧州チャンピオンズリーグでは準決勝でトッテナム・ホットスパーに敗れたものの、かつてない活躍ぶりにオランダ中が湧いた。16日にはアムステルダムのミュージアム広場にファン10万人が押し寄せ、勝利を祝うパーティが行われた。ヘルセマ市長もこれに参加しスピーチを行ったが、途中で缶ビールが投げられるという事態も。投げれた缶ビールはマタイス・デ・リフト選手が見事にキャッチし難を免れた。警察によれば数人の逮捕者が出るものの、この大イベントは支障なく19時に終了した。

この夜多くのオランダ人が注目したのは、ユーロビジョン・ソングコンテスト準決勝。オランダ代表のシンガー・ソングライターであるダンカン・ローレンス(Duncan Laurence)が出場し、見事に決勝進出を獲得した。イスラエルのテルアビブで行われているこのコンテスト、決勝は土曜日に開催される。

アムステルダム・ボス(ボス公園)でシアターや音楽 (7月25日から9月24日まで)
アムステルダムからスキポールまでつながる広大な公園アムステルダムス・ボス。この中にシアターがあり毎年夏には演劇やコンサートが開催される。演劇は「ジュリアス・シーザー」といったシェークスピアのものから、赤ずきんちゃんといった子供向けのものまで。コンサートはオランダのヒップホッパー「タイフーン」やベルギーの「ホーバーフォニック」など幅広い。
長い夏の夜、野外で音楽を楽しめる。

日時:7月25日から9月24日まで
場所:DE DUIZENDMETERWEG 7, 1182 DC AMSTELVEEN


アムステルダム、旅行者による混雑を音楽で緩和?!
夏を過ぎてもアムステルダムを訪れる旅行者の数は減る兆候はなく、人気の場所は混雑を極めている。これを少しでも緩和するために、アムステルダム市は15ヶ所で音楽を流すという実験を行う。皮切りは旧教会や飾り窓のあるアウデケルク広場。ここで心が休まる静かな音楽を流すが、ほかにも画像を流すプロジェクションとライティングの設置も計画している。市は、訪問者による騒音や迷惑行為を積極的に介入することを決定。そのひとつがこの音楽で訪問者の意識を高めるというものである。

このほか市内で自動車の侵入を禁止し歩道と自転車道を増やすという計画もある。さらに観光バスの市内への乗り入れや観光船を制限する。すでに、数人で自転車を漕ぎながらビールを飲む「ビール自転車(Beerfiets)」の中央地区への乗り入れは禁止されている。

オランダ人指揮者ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン、ニューヨーク・フィル音楽監督就任決定
オランダの著名指揮者であるヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(55)がニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラの音楽監督(首席指揮者)に就任することが決定した。ニューヨーク・フィルは世界でも最高峰に位置するオーケストラで、これまでマーラー、トスカニーニ、バーンスタインなどが音楽監督を勤めてきたという歴史がある。

ヴァン・ズヴェーデンは現在ダラス・シンフォニーとホンコン・フィルの主席指揮者を務めているが、2017年からニューヨークへ移ることになる。

1960年にアムステルダムで生まれたヴァン・ズヴェーデンは、バイオリンの天才児として活躍、ジュリアード音楽院で学ぶ。1979年、19歳という若さでアムステルダム・コンセルトヘボウ・オーケストラのコンサートマスターに就任する。その後指揮者に転向し、欧米各地のオーケストラに招かれている。ニューヨーク・フィルの音楽監督に就任するオランダ人は、メンゲルベルグ(1922−1930)に次いで2人目である。

コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん