ニュース

ユーロスター、4月30日からアムス発ロンドン行き直行列車開通
ユーロスターがアムステルダムとロンドンを結ぶ直行列車を4月30日から開通すると発表した。現時点では、アムステルダムからロンドンに列車で行くには、まずタリスに乗車しブリュッセルで入国手続きとセキュリティチェックを行うため一度下車、そこからユーロスターに乗り換えなければならない。ロンドンからアムステルダムへの列車は乗り換えなしで運行している。
4月30日から運行するアムステルダム発ロンドン行き直行列車は、はじめは1日2本だが徐々に3本そして4本となる予定。

航空機による大気汚染が深刻化するなか、列車利用が推奨されている。実際、ロンドン・アムステルダム間の列車運行ではひとりあたりのCO2排気量は航空機を利用するより80%も少ないという結果が出ている。

新しく運行するユーロスターは、アムステルダムを朝7時48分に出てロンドンに10時57分に到着する列車と、同18時48分に出発し21時57分に到着する便の2本。途中停車駅はロッテルダム、ブリュッセルそしてリール。チケットは2月11日から発売される。

ユーロスターのCEOであるマイク・クーパー氏によれば、英国とオランダを結ぶ便は非常に人気で2018年以来50万人が利用しているという。共同運営会社であるオランダ鉄道(NS)は「ブレグジットがあろうとなかろうと、4月30日からロンドンがずっと近くなる。」と抱負を述べている。


関連記事

タリスとユーロスター、マスク着用義務。オランダでも。
thalys640.jpg
オランダとベルギーそしてフランスを結ぶ高速列車タリス(Thalys)とユーロスター(Eurostar)で、4日月曜日から乗客のマスク着用が義務付けられる。オランダの公共交通機関内でのコロナウィルス対策としてのマスク着用義務はこれが初めて。

マスクはいわゆるサージカルマスクだけでなく手作りのものでもいいという。「鼻と口がしっかり隠れ、飛沫が遮断できればいい。」とユーロスター。ちなみに4月30日開通予定だったアムステルダム・ロンドン直行のユーロスターは、コロナ危機により延期されている。フランスでは5月11日から、ベルギーでは5月4日からの公共交通機関でのマスク着用が義務付けられた。列車内だけでなくホームや駅舎内も同様だ。ベルギー鉄道NMBSでは、駅の自動販売機でマスクが購入できるようになった。
オランダ政府はマスク着用は医療関係者以外では「勧められない」という立場を変えていないが、公共交通機関は乗客間の距離を1.5メートルとるのが難しいため、マスクの着用義務化を訴えている。

ユーロスターのオランダ乗り入れ延期、出入国管理体制がまだ整わず
2017年末に導入予定だった高速列車ユーロスター(アムステルダム・ロンドン間)のオランダ乗り入れが、安全性に関する諸問題から半年ほど延期になった。2018年の6月には運転開始予定である。

ユーロスターのアムステルダム・ロンドン線は、ロッテルダムとブリュッセルに停車するだけで、4時間弱でロンドンまで到着する。出国管理(パスポートチェック)は各停車駅で行われる。

今回の遅延について、オランダ鉄道(NS)は「テロなどに対する安全性の確保とパスポート管理に関し、まだ調整しなくてはいけないことが残っている。オランダ国内ではアムステルダム中央駅とロッテルダム中央駅での出国管理システムを整備する必要がある。」とテレグラーフ紙に語っている。NSによれば、車両や乗組員に関してはすべて準備完了だという。残っているのはユーロスター運営会社と英仏海峡トンネルでの準備体制のようだ。

ロンドン行き直行列車「ユーロスター」がアムステルダムに延長、新ターミナル建設へ
オランダから鉄道でロンドンに行くには、ベルギーのブリュッセルまで行き、そこから特急列車ユーロスターに乗り換えねばならなかったが、今年12月からはアムステルダム中央駅から直接ユーロスターに乗車できるようになる。
当初は1日2本、アムステルダム発、スキポール空港、ロッテルダムに停止し、ブリュッセルを経由しロンドンまで、直行列車が運行する。アムステルダム中央駅からロンドンまでは4時間9分が計画されている。

このロンドン行のユーロスター用には別途特別なターミナル建設が必要となる。イギリスがEUを脱退するために、ユーロスターは欧州域外向けの列車となり、ターミナルでは空港と同じ出国管理や荷物のチェックが義務付けられる。

NSインターナショナルと建築を担当するベンテム・クラウェル氏によれば、ターミナルはプラットフォーム15Bの東側に建設される。出入国管理とセキュリティチェック・エリアの他に、待合室が設けられるが、ここには窓が多く設置され、アイ湾の素晴らしい光景を楽しめるという。

ユーロスター列車が停車するロッテルダムやスキポールでも同様なターミナル建設が必要となる。ただスキポール空港の地下にある鉄道駅は現状でも手狭なため、ユーロスター専用ターミナルの建設は難しい。このための解決策を模索中だ。

タリス、ユーロスター車内でパスポート提示義務化
欧州を走る国際列車でパスポート提示が義務付けられる。ベルギー、オランダ、フランス、イギリスがこの義務化に同意した。実際の運用に関してはこれから国際高速列車タリス(Thalys)とユーロスター(Eurostar)と討議に入る。これまではシェンゲン内では基本的に国境での入国審査はなかった
このパスポート・チェックの義務化で、乗客リストが作られることになる。犯罪者などが列車に乗っていないかを調べるのが目的だ。さらに切符購入の際の名前とパスポート(あるいはID)の名前が一致するかどうかもチェックされる。実際にパスポート検査を行うのは、列車に乗っている車掌になる可能性が高い。

しかしタリスやユーロスター運営会社、そして乗客団体は、この乗客リストの作成には疑問を投げかけている。まず時間がかかりすぎ遅延が発生すること、そして費用がかかりすぎる。これを避けるために車を利用する人が増えるのではという懸念も示している。