ニュース

コロナウィルスの拡大によるオランダに住むアジア人への差別に「No」
バスに乗ったら「コロナウィルス」と叫ばれ、顔をコートで隠す動作をされるなど、オランダに住む中国人そしてアジア人への嫌がらせがあとをたたないという。中国から発生した新型肺炎が脅威を増す中、オランダ在住の中国人やアジア人に対する人種差別的発言が増えている。ワーヘニンゲンにある中国人学生が多く入居しているフラットでは、エレベータに人糞が塗られ「中国人は死ね」という落書きが発見された。ロッテルダムでは中国人に罵声を浴びせたり脅しをかけるなどの事件が発生している。今回の人種差別的行為の拡大に中国系オランダ人らは胸を痛め、これに立ち向かう署名運動を始めた。

引き金となったのは、ポップ音楽を流すラジオ局「ラジオ10」のDJが流したカーニバルの歌だ。「おい、みんな。このウィルスは止まらないぜ。この国にはいらない。あの臭い中国人がいけないのさ。中華料理は食うな。そうすれば心配ない。そう、予防が一番。中国人より予防さ。」これが流れてから、反人種差別団体に3000件の通報があったという。

中国系オランダ人の中には、「この歌はコロナウィルスを理由に中国人を差別しているにすぎない。実際には長きにわたる中国人に対する差別と嫌悪がある。」と分析している人もいる。1960年代からオランダに移住してきた第一世代の中国人は筆舌に尽くしがたい辛酸を嘗めたという。「うんこ中国人(Poepchinees)」という中国人に対する呼び名や、子どもたちが誕生会で歌う「ハンキー・パンキー・シャンハイ」といった中国人を揶揄する歌は小学校でも歌われている。第一世代の中国人は我慢強いだけでなく声をあげることをしなかった。オランダ人となった第2,第3世代の中国人たちは、差別に立ち向かう運動を開始した。

中国人とアジア人差別に関する嘆願書にはすでに50,000人以上が署名している。「オランダは寛容の国だというが、表面下では人種差別的な考えがはびこっている。」と指摘する人もいる。また、今回の事象はここ4-5年に政治家とメディアが「反中発言」を繰り返してきた結果だという意見もある。また急速に経済的発展する中国が米国やオーストラリアで「黄禍」と見られていることも関係していると言えるだろう。中国に対する恐れが、コロナウィルスを引き金に中国人に対する嫌悪に発展した。


関連記事

コロナウィルスで、KLMエアフランス多大な損失
コロナウィルスによる運行中止でエアフランスKLM連合は1億5000万から2億ユーロ(180億円から240億円)の損失を被っている。同航空会社が試算したもので、年間報告書の備考に記された。

昨年暮れに中国の武漢で発生した新型肺炎のため、エアフランス、KLMともに中国への運行を停止している。今後も数週間は中国便は予定されていない。

エアフランスKLM連合の2019年の売上は272億ユーロ。これは2018年と比較し3.7%の増加となっていた。しかしながら純利益は2018年の4億2000万ユーロから2億9000万ユーロへと減少していた。この減益には燃料費の高騰と貨物運輸部門の不振が影響している。さらに人事の計画変更などでもコストが増加していた。今回のコロナウィルスによる中国への運行停止での売上減少は同社にとって痛手だが、WHOとオランダ外務省の勧告にしたがったもの。勧告は必要がない限り中国への渡航を禁止するとともに、武漢と湖北省への全面渡航禁止をするものである。他の欧州航空会社の多くが中国への運行を停止している。

オランダ国内40の診療所でコロナウィルスの検査可能
昨日10日からオランダの40 のホームドクター診療所でコロナウィルスの検出検査が可能となった。健康機関Nivelとオランダ国立衛生環境局(RIVM)が月曜日に公示した。RIVMによればオランダ全土で通常のインフルエンザの検査ができる場所40か所でコロナウィルスの検査ができるという。

検査はあくまでも予防が目的だ。健康管理機関はこの検査によりオランダでコロナウィルスが蔓延するのを防ぎたいとしている。現在のところオランダでコロナウィルスによる感染が広がる兆候は出ていない。「感染がまだ発生していない段階なので、コロナウィルスを発見する可能性は低い。」とRIVM。

ホームドクターはコロナウィルスに感染した患者を見つけた場合には保健所(GGD)に通知することになっている。その後RIVMとGGDは拡大を防ぐために早急な対策を施す。コロナウィルスに感染した場合の症状は多くの場合インフルエンザに似ている。発熱と呼吸障害が出ているインフルエンザの患者はホームドクターで診察を受けるようにとRIVM。

コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?
中国湖北省の広大な省都である武漢市内から発生したコロナウィルス感染症。肺炎・発熱・呼吸困難などの症状がみられているという。1月22日現在に9人の死亡が確認され、数百人以上が発症していると伝えられている。感染は中国の外にも広まっている。

中国の新年休暇が始まり、多くの人が海外に渡航するが、オランダにこのウィルスがやってくる危険はあるのだろうか。オランダ国立衛生研究所(RIVM)によれば、その可能性はあまり高くないという。このウィルスが動物から人へ感染するのか人から人へ感染するのか、まだ明らかにされていないからだという。

エラスムス大学病院のウィルス学者であるコープマンス教授は「このウィルスはSARSウィルスに似ている。SARSは動物から人へ、そして人から人へと感染したが、拡散は限られていた。」とし、危険性がそれほど高くないと見ている。RIVMは、中国への渡航を控えことはとくに必要ないが、動物がいる市場付近には近づかないほうがいいと提言している。

米国では中国人渡航客を空港で検査しているが、オランダのスキポール空港ではこの措置は行われない。武漢からの直行便がないというのがその理由だ。そのうえ、検査(スキャン)しても感染しているかどうかは突き止められないという。コープマンス教授は、このウィルスの調査・研究はまだ初期段階なので的確な提言はまだ出せないと述べている。

オンライン購入商品、返品せずに返金?!

【広告】新刊「週末は、Niksen(ニクセン)」

コロナウィルスで、KLMエアフランス多大な損失

ブレグジットで外国企業のオランダ移転が増加

NHKシンフォニー、コンセルトヘボウで演奏(3月2日)

アムステルダム西部のスーパー、ATMを狙い爆破される

オランダ、イノベーションでは世界3位だが、持続可能エネルギー利用では欧州最低

オランダのバレンタインデー、赤いバラ50本を買うのは外国人?

郵便爆弾、今度はING銀行(アムステルダム)で爆発

郵便爆弾がアムステルダムとケルクラーデで爆発