ニュース

オランダのバレンタインデー、赤いバラ50本を買うのは外国人?
バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈る習慣というのは日本だけかもしれない。オランダでは男性から女性へあるいは男性から男性、女性から女性へと好きな人へプレゼントする。プレゼントは花が主流である。それも赤いバラの花。

本日の全国紙NRCハンデルスブラットは書いている。「花屋の経営者コニーによれば、オランダ人の男性は一束5.95ユーロの花束を買うのに躊躇するが、外国人(トルコ人、モロッコ人、スリナム人など)は50本の赤いバラを平気で買う。オランダは花が安いといっても、50本買うと125ユーロにはなる。他の花屋もトルコ、スリナム人だけでなく、ブルガリヤやポーランド出身者も同様だと口をそろえる。生粋のオランダ人で50本の赤いバラを買う男性は100人に1人ぐらい。」

世界的に花の販売事業を展開するフローラ・ホランド社は、ここ数日で1億5200万本のバラを販売したが、これは昨年より10%少ないという。バラの生産を起こっているケニアの天候不順が原因で、価格が上がっているのがこの減少の裏にある。赤いバラは1本2.5ユーロぐらいする。
売上を増やすために市井の花屋は安い白やピンクのバラを赤いバラに混ぜてブーケにするなど工夫している。

同じくNRCの記事によれば、50本の赤いバラを買うのは外国人だけでなく若いオランダ人にいる。しかし、125ユーロを100ユーロにまけてくれと頼むところがオランダ人だ。さらに、オランダ人はまだツボミの状態の花を買うのが好きなようだ。長持ちさせるのが目的であることは明白だ。これに対し移民(外国人)は一番美しい状態の花を買っていくという。
ただオランダ人男性の名誉のために付け加えると、オランダ人は自分のため、家に花を飾るために定期的に買っていく。これに対し外国人はバレンタインデーや誕生日や結婚記念日といった特別なときにだけ花を買う。


関連記事

バレンタインデーでオランダの花業者売上増大
日本ではバレンタインデーには女性から男性にプレゼント、それもチョコレートを贈るというのが定番だが、オランダそして他の欧州諸国では性別を問わず愛情を示すためにプレゼントを贈る。ただこの習慣もハロウィーンと同様ここ10年ほどのもので、以前は聞いたこともなかったという人が多い。さて、プレゼントの中身だが多いのは花、カード、香水などである。

このためオランダの今週の花の出荷量は通常の倍となっている。花の卸市場のロイヤル・フローラ・ホランドが発表した数字によれば、今週取引された花は3億本、プラントも2000万株。売上高も通常の週では8000−8500万ユーロだが今週は1億4000万ユーロと倍近くに上った。内訳は、約1億本のバラ、1億2000万本のチューリップ、そして2300万本の菊などだ。このほとんどが輸出で、輸出先はドイツ、フランス、そして英国。人気の花は赤いバラとチューリップ。パステルカラーの花も最近では好調だという。

オランダ、バレンタインデーを狙った楽しい広告キャンペーン
明日14日はバレンタインデー。オランダでは女性から男性へチョコレートを送るという慣習はないが、男女関わらず愛する人にプレゼントを贈るという習慣が、企業のマーケティング戦略のおかげで根付いて来ている。プレゼントは花が圧倒的に多いが、花とは関係ない企業もバレンタインデーを利用し、あの手この手で売上向上や企業イメージの向上を狙っている。

郵便事業のポストNLのキャンペーンは、バレンタインのカードを切手なしで無料で送れるというもの。切手の代わりになんとキスマークをつければいいという粋なものである。今年は口紅をつけるのに抵抗がある男性向けに、オーデコロンや香水をふりかけるとキスマークが浮き上がるシールを提供する新しいキャンペーンも開始した。

オランダ鉄道NSは、列車を利用するシングル同士に出会いのチャンスを与えようという試み。ユトレヒトとハーレムの駅構内にスクリーンを設置し、ライブで自己紹介をする。両駅でシングルが自己紹介し、反対側のスクリーンにいる人から好きな人を見つけるというもので、今年は400人近くが参加した。カップルが誕生するとパリ行きチケットがもらえるという。ハイネケン・ビールは、愛の告白を書いたバナーをつけた飛行機を飛ばすという、なんとも規模の大きなバレンタインのテレビ広告を展開した。



オランダ郵便、バレンタインデーのカードは切手の代わりに口紅で
オランダ郵便会社PostNLは、バレンタインカードを無料で配達する。ただし封筒には切っての代わりにキスマークをつけなければならない。こも粋な図らい計らいはPostNLが今年初めて行う試みだが、アムステルダム、アペルドールン、ロッテルダム、ライデンなどでは、特別な郵便ポストまで用意するという。「メールなどより手書きのカードの方が愛は伝わる」とPostNLの広報担当者。恋人だけでなく家族や友達にも送って欲しいそうである。

カードは封筒に入れ切手を貼る場所に口紅をつけた唇でマークをつけるのが条件。13日の17時までに投函すれば次の日のバレンタインデーには配達される。ただし送付は国内のみ。

オンライン購入商品、返品せずに返金?!

【広告】新刊「週末は、Niksen(ニクセン)」

コロナウィルスで、KLMエアフランス多大な損失

ブレグジットで外国企業のオランダ移転が増加

NHKシンフォニー、コンセルトヘボウで演奏(3月2日)

アムステルダム西部のスーパー、ATMを狙い爆破される

オランダ、イノベーションでは世界3位だが、持続可能エネルギー利用では欧州最低

オランダのバレンタインデー、赤いバラ50本を買うのは外国人?

郵便爆弾、今度はING銀行(アムステルダム)で爆発

郵便爆弾がアムステルダムとケルクラーデで爆発