安全情報・大使館情報

オランダ内および海外の安全情報や大使館情報を載せています。

新型ウィルス関連情報(3月10日)
1 オランダにおける感染者数は、3月10日時点で382名(死者4名)に上っています。
 感染者の居住地域については、オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)が運営する以下のウェブサイトをご確認ください。
https://www.volksgezondheidenzorg.info/onderwerp/infectieziekten/regionaal-internationaal/coronavirus-covid-19

2 3月9日、ルッテ首相が記者会見し、国民に向けて新型コロナウイルス感染の拡大、特に北ブラバント州での急激な拡大について注意喚起し、新たな対策を発表、説明しました。この内容を、国立公衆衛生研究所がホームページ上に掲載しました。概要は以下のとおりです。

全住民に向けたもの
・手洗い、うがい、咳エチケットなど一般的な衛生対策を励行するとともに、握手は控えるよう要請する。

北ブラバント州の住民に向けたもの
・3月6日以降,北ブラバント州住民に対し、風邪、咳、発熱等の症状がある場合は、社会的接触を避け、学校や職場等の人が集まる場所にはいかないよう求めていたところ、これを3月16日まで延長する。
・3月16日までの間、雇用主に対し、合理的に可能な限りにおいて職員が自宅で業務に従事できる措置をとるよう要請するほか、職員の労働時間を分散させることが可能か検討するよう求める。

北ブラバント州以外の住民に向けたもの
・新型コロナウイルス感染者と接触した場合や同ウイルス感染者が多数発生している地域に滞在した場合で風邪の症状や38度までの熱症状がある場合は、自宅で待機するよう引き続き要請する。

3 KLM航空が、新型コロナウイルスの影響に伴い、日本発着便(3月分)において一部減便を行う旨発表しました。具体的な運航状況は下記リンク先でご確認ください。
https://www.klm.com/travel/jp_ja/klmjapan_info.htm
欧州各地発着の便についても、新型コロナウイルスの影響で減便等となる可能性がありますので、ご利用の方は航空会社のHP等で最新の情報を確認してください。

4 北ブラバント州のみならずオランダ各地で感染者が確認されています。下記の国立公衆衛生研究所HP等により最新の情報の入手に努めるとともに、こまめに手洗い・うがいを行い、人混みは避けるなど、基本的な感染予防対策を徹底してください。

参考
オランダ政府の新型コロナウイルスに関する電話相談窓口:0800-1351
オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の最新発表(感染者数等)(英語)
https://www.rivm.nl/en/news/current-information-about-novel-coronavirus-covid-19
オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)新型コロナウイルスに関するQ&A(英語)
https://www.rivm.nl/en/novel-coronavirus-covid-19/questions-and-answers#039;s%20Novel%20coronavirus%20in%20China
厚生労働省新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/



オランダの107歳の女性、コロナから生還。世界最年長か。

コロナウィルス免疫に関するRIVMの見解

8日の首相記者会見「コロナ蔓延防止対策の続行」と「追跡アプリ導入の可能性」

オランダの農家「危機」を「機会」に。輸出や飲食店への販売減少を直販でカバー

新型コロナウイルス関連情報(ドイツによる水際措置及びオランダにおける集中治療室(ICU)病床数)

コロナ危機により大打撃のオランダの園芸産業、政府の救済を求める

99%のオランダ人、1.5メートル規則を遵守。若者の半数が孤独感。

オランダ、コロナ基金設立提案。実質的なEU諸国への寄附

オランダ大手小売HEMA、経営困難に

オランダ政府のコロナ蔓延防止対策、4月28日まで延長