安全情報・大使館情報

オランダ内および海外の安全情報や大使館情報を載せています。

新型コロナウイルス感染新規症例の発生(15日) 在ベルギー日本国大使館から
1 本15日のベルギー国立公衆衛生研究所が発表した資料によると,ベルギー国内において新型コロナウイルスの新規症例が新たに197件の症例が確認され(フランダース地域:137名,ブリュッセル:27名,ワロン地域:28名、居住地不明:5件)その結果,当地での確定症例数は886件となりました。

(参考アドレス:ベルギー国立公衆衛生研究所発表資料(仏語))
https://epidemio.wiv-isp.be/ID/Pages/2019-nCoV_epidemiological_situation.aspx

2 同資料には、ベルギー国内の感染者発生状況を視覚的に表示したイメージ図や、感染された方の年齢分布など、同研究所の分析に基づき作成された資料や統計データなどが掲載されていますので、合わせてご参考となれば幸いです。

【お問い合わせ先】 在ベルギー日本国大使館 住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique 電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部) Fax :(02) 513-4633 ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html


オランダの107歳の女性、コロナから生還。世界最年長か。

コロナウィルス免疫に関するRIVMの見解

8日の首相記者会見「コロナ蔓延防止対策の続行」と「追跡アプリ導入の可能性」

オランダの農家「危機」を「機会」に。輸出や飲食店への販売減少を直販でカバー

新型コロナウイルス関連情報(ドイツによる水際措置及びオランダにおける集中治療室(ICU)病床数)

コロナ危機により大打撃のオランダの園芸産業、政府の救済を求める

99%のオランダ人、1.5メートル規則を遵守。若者の半数が孤独感。

オランダ、コロナ基金設立提案。実質的なEU諸国への寄附

オランダ大手小売HEMA、経営困難に

オランダ政府のコロナ蔓延防止対策、4月28日まで延長