ニュース

オランダ飲食店、宅配やテイクアウトは可能に
オランダではコロナウィルスの感染拡大を防ぐため、4月6日まですべてのレストランやバーが閉鎖となった。しかし16日午後政府は、レストランでの持ち帰りや宅配は認めると発表、飲食店は営業を続けられることになった。ホテルも以前と同様営業は続けている。

オランダの宅配業界を牛耳る「Thuisbezorgd.nl(Takeaway.nl)」は、ここ数日で数100のレストランが新規顧客となった。レストランはこのサイトを利用するのに売上の13%を支払う仕組みだが、それでも宅配に頼りたいというレストランは急増している。ただ、宅配がどのレストランの料理でも可能というわけではないことも確かだ。

オランダホテル飲食店連盟(Koninklijke Horeca Nederland)会長でロッテルダムでレストランを開いているヴィルムセン氏は「うちのレストランの売上は今後ゼロになる。」とインタビューで答えている。「宅配ができないレストランは多いし、バーにいたっては論外だ。」と同氏。「現在80人の従業員がいるが、そのうち38名がフルタイムで働いている。売上がなくても給料は払い続けなくてはならないし自分もそうしたい。しかし、いったいどこからこの金が出てくるのか。」と不安を隠せない。

多くの飲食店関係者が同じような懸念をいだいており、同連盟には電話での問い合わせが絶えないという。その多くが資金繰りの問題だというが、政府による救済の具体案はこれから検討するとのことで、まだ発表されていない。


関連記事

コロナウィルス感染者数また増加
coronatest.jpg
規制緩和が実施されているオランダでコロナウィルス感染者数が増えている。国立衛生環境研究所(RIVM)によれば、先週コロナウィルス検査で陽性となった人は987名。先々週は534名だった。先週新たに病院に入院したのは19人とその前週より3人多い。死亡者数は7名となっている。RIVMによれば、感染の拡大が見られるという。

感染が増えているのが南オランダ州、北オランダ州、そしてゼーランド州である。RVIMはこれまでの通り、人との距離を置くこと、手洗いを徹底すること、できるだけ自宅にいること、症状が出たらすぐに検査を受けることを強く勧めている。ただし公共交通機関以外ではマスク着用についてはふれていない。

7月13日から19日の間にコロナ検査を受けた人は9万人。このうち陽性反応が出た人が987名と割合では少ない。しかし
ウイルス感染者1人が次に何人に感染させるかを示す「実効再生産数」を意味する「R」を見ると、今週は1.29というレベル。3月15日以来初めて1.0以上に上がった。これは、しばらく感染者数が減り安定していた時期が過ぎ、またコロナウィルス感染がオランダで増えることを意味している。

検査を受けた人の中で感染源がわかっている人は半数以下。そのうち半数以上が家庭内感染。飲食店での感染は4.1%となっている。コロナウィルス感染検査は、0800-1202 でアポを取る。この際市民登録番号(BSN)が必要だ。

気になる欧州内での人気休暇先でのコロナウィルス感染状況について。どこに行くなら安全?
vacation.jpg
欧州内の人気バケーション国や地域のほとんどは、コロナウィルス規制緩和で入国禁止のコード・オレンジから、注意して旅行可能というコード・イエローに変わり旅行者も増えつつある。オランダではほとんどの人が国内での休暇を計画しているが、国外に行くと予定を変える人も多い。しかし、実際のところ、感染者が増えたという地域も報告されており、状況は日毎に変化している。また殆どの国でマスク着用が義務付けられている。以下は各国の状況である。

■ ベルギー:ここ一週間でコロナウィルス感染者数が増えている。1日平均143人が感染している。もちろんピーク時よりは少ないが第2波到来の心配がないわけではない。ただし地域ごとに感染状況は違うので、オランダの国立衛生環境研究所(RIVM)に相等するベルギーの「Sciensano」のサイトを参考に。

■ スペイン: カタロニアを含む東北部での感染者数が増えている。先週土曜日にはカタロニア州だけで1226人の新規感染者数が登録されている。同州は、バルセロナ市内と近郊の住民に対し、今後2週間は自宅待機を要請している。またカタロニアに隣接するアラゴン州での感染者も増えている。スペイン南部での感染はほぼない。

■ フランス:人気休暇先であるブルターニュでの感染率(ひとりが感染させる人数)は2.62と高い。またプロバンス、アルプス、コートダジュールといった人気旅行先でも、この数は1.55となっている。パリでも増加が見られるが以前と比べると圧倒的に少ない。フランスでは、すべての公共機関、カフェ、レストラン、店舗、病院、図書館などでのマスク着用が義務付けられている。

■ イタリア: 感染状況は安定している。ただ日曜日に発表された報告書によれば、若干の感染者数増加が見られる。現状の規制はこのまま続くという。

■ ドイツ: ドイツでも感染者数でみると安定状態。しかし1日平均200人から400人の新規感染者が報告されている。10万人に対し3.1人という感染者数なので多いわけではない。オランダのRIVMに相等するコッホ研究所によれば、一部の地域での発生が見られる。とくに肉処理工場、難民収容所、老人ホーム、教会などでの集団感染が報告されているという。先月には北ラインウェストファーレン地方での集団感染があったが、現在ではバイエルン地方の感染が目立つ。

■ ギリシア:1日に数10人という新規感染者数で、かなり低いレベル。しかしながら専門家によれば症状がない感染者が多い可能性も。また海外からの旅行者が持ち込むウィルスによる感染者数増加も懸念されている。これまでの感染者数は3983名で死者194名と他の欧州諸国に比較し低い。

■ ポルトガル:現在位置日300人から400人の感染者が報告されている。ポルトガル政府は感染拡大を防ぐ目的で首都リスボンの一部をロックダウンしている。オランダ外務省ではリスボンとその近郊を緊急時以外の旅行を禁止するというコード・オレンジに指定している。

先週のコロナウィルス感染での死亡者数8名に減少
infected.png
国立衛生環境研究所(RIVM)によれば、先週報告を受けたコロナウィルス感染による死亡者は8名、入院患者数は16名だった。先々週の死亡者数は19名だったので減少傾向が見られる。ただし感染者数は増加しており、先週は534名でその前週より102名増えている。

RIVMによれば、小規模なクラスターが発生している場所があるという。クラスターの発生は家庭内や家族内というケースがほとんどだが、企業や老人ホームそしてスポーツクラブでの発生ケースも見られる。感染者数の増加は、症状が見られる人すべてが検査を受けられるようになったことも背景にある。

また規制緩和で国外に旅行する人も増えている。ここ2週間の感染者のうち7.5%は国外から戻ってきた人だ。992人の感染陽性者のうち69名である。このうちベルギーが12名、ドイツが11名、セルビアが10名そしてカザフスタンからの帰国者が8名となっている。
(グラフ:RIVM、感染者数の変遷:破線前は入院者数、破線後は検査で陽性となった人の数)

オランダ政府、7月1日からのコロナウィルス対策緩和を発表
rutte_pc.png
24日夜、ルッテ首相は7月1日からのコロナ危機対策の緩和政策を発表した。飲食店やイベントでの規制が大きく緩和されるが、これまでのソーシャルディスタンスである1.5メートル規則や公共交通機関内でのマスク着用は続行される。

■イベントや集会:
7月1日からは人数制限が廃止される。ただし人との間1.5メートルの距離を保つことと予約は必須である。
予約が不可能な場合には、人数制限が適用される。屋内では100名まで、屋外では250名が限度となる。
これにより7月1日から大きな移動遊園地などの屋外イベントも再開可能になる。
ただし大きなイベントに関しては地方自治体での許可申請があるため、8月の半ば以降になりそうだ。

■飲食店、劇場、映画館、教会やモスク:
上記イベントと同じ規則が適用される。人数制限はないが、1.5メートル規制と予約は必須である。

■スポーツイベント:
7月1日からスタジアムでのスポーツイベント観戦が可能となる。これも1.5メートル規制。会場での合唱はウィルスの拡大のリスクがあるため禁止。

■交通機関:
政府は7月1日から不要不急でも公共交通機関の利用が可能となる。また現在は座席の40%が利用可能だが、これが100%となる。つまり1.5メートル規制はなくなる。ただしマスク着用は現状のまま義務付けられる。
タクシーやツーリングカー(観光バス)も満席で運行が可能となる。ただしマスク着用と事前の健康チェック(問診)は義務付けられている。
個人の車に同居者以外の人を乗せることも可能となる。マスク着用は必須ではないが、勧められている。

■スポーツ:
7月1日からスポーツジムが再開可能となる。サッカーなどの体が接触するスポーツでは1.5メートル規則は適用されない。
スポーツ施設内のレストランやカフェもオープンする。ただしロッカールームと同様に1.5メートル規則が適用される。
この他、サウナ、カジノ、そして性産業も7月1日から稼働可能となる。例外はディスコやクラブ。これについては9月に再度検討するという。

■学校:
中高等学校は今のところ半分再開の状態だが、夏休み後には完全再開となる。夏休み後には生徒間での1.5メートル規則は適用されなくなるが、教師との距離は1.5メートル以上開けなければならない。
新学期からは専門学校や大学での規制緩和が行われる。子供は1.5メートル間隔は不要だが、大人は距離を開けることが義務付けられているため、これらの高等教育機関での緩和は複雑だという。

オランダ、新コロナウィルスによる死者数はじめてゼロを記録
coronavirus.jpg
国立衛生環境研究所(RIVMRIVM)は昨日、新コロナウィルス感染が始まって以来初めてウィルス感染による死亡者数ゼロを記録したと発表した。3月12日にオランダでコロナウィルス感染が公式に発表されて以来、感染者数と死亡者数は急速に増え続けたが、やっと収束に向かっているようだ。

3月12日、新コロナウィルス感染による5名の死亡が確認された。その後急速に感染者と死者が増え続け、現在までに新コロナウィルス感染による死者数は6090名を記録している。4月7日には1日の死亡者数が過去最大の234名となったと国立衛生環境研究所(RIVM)が発表した。死亡者の60%は80歳以上の高齢者であるが、年齢層はまちまちである。コロナ感染者数は4月にピークを迎えその後徐々に減少してきた。https://www.rivm.nl/coronavirus-covid-19/grafieken