ニュース

2020年のオランダ経済成長マイナス6%に、その後は回復
june-forecast-2020-uk-primary-740x420_0.png
オランダ経済は今年6%の縮小が予測されている。本日、政府中央計画局(CPB)が発表した数字によれば失業率は5%へと上昇し、来年には経済成長は見込まれるものの失業率は増え続けるという。

この数ヶ月のコロナウィルス規制によりオランダ国内での経済活動は10−15%縮小している。将来の展望については不確定要素が多いため、CPBは複数のシナリオを用意したが、ベースシナリオによれば、今年の成長率はマイナス6%、来年は3%上昇する。ただし失業率は来年には7%にまで増加しそうだ。CPBはこのベースシナリオより楽観的なものと悲観的なものも作成している。
今後、住宅、建設、エネルギー分野などの投資の活性化で成長は期待できるとCPBは分析している。

さらにOECD(経済協力開発機構)の調査では、世界経済はマイナス6%に落ち込み、失業率は9%にまで増加するとしている。ユーロ圏の成長率はマイナス9.1%から11.5%で、コロナ禍の打撃を最もひどく被ったイタリアやフランスではマイナス14%にまで落ち込むと予測している。
(画像:CPB)


関連記事

オランダ経済成長加速、ラボバンク調査
ラボバンクが9月10日発表した経済予測によれば、オランダ経済は以前に想定された成長率より高い比率で成長する。今年の成長率は2.25%、さらに2016年には2.75%の成長が見込まれる。ラボバンクの成長予測は6月に発表したものより高く、さらにOECD(同2.0、2.2%)、欧州委員会(同1.6、1.7%)そしてオランダ中央銀行(同2.0, 1,8%)の予測より楽観的である。

経済成長の背景にあるのは、輸出と国内消費の伸びである。さらに減税の効果や失業率の低下も成長を助成する。ユーロ安は欧州外への輸出をさらに向上させると見込まれる。天然ガス減産はマイナス要素であるが、国内支出の伸びがこれをカバーする。また2016年には他の欧州諸国の経済成長に伴い、欧州域内への輸出も増加すると見られる。一方、住宅投資が下がるため投資全体の伸び率はこれまでより減速する。

しかしながらこの経済回復が国民全体に行き届くにはまだ時間がかかる、とラボバンク。失業率は下がってはいるものの、前回の金融危機以前の水準にはまだ達していない。金融危機で受けたダメージを回復するにはまだ道のりは長いようだ。
同レポートによれば、オランダの経済成長に脅威となるのは中国やその他の新興国。とくに原材料の輸出での競合となる。もうひとつの足かせになるのは未だに解決のめどが立たないギリシアである。


オランダ経済成長の兆し
オランダ中央統計局が本日発表した統計によれば、2013年第4四半期のオランダ経済成長率は0.7%と若干の明るさを取り戻している。

企業による投資は5.3%の増加を記録しており、車両や機械そしてITへの投資が目立った。輸出は0.4%の伸び。しかしながら、個人消費は0.8%の減少。さらに雇用数もこの期間は第3四半期より8000人減少している。第3四半期は第2四半期と比較し41000人の減少。
カンプ経済大臣によれば、オランダ経済は最悪の状況からは脱出したが雇用の回復には若干時間がかかるという。