ニュース

温暖化でオランダでのマダニ増加、ライム病の危険
teken.jpeg
国立衛生健康環境研究所(RIVM)の調査によれば、オランダでのマダニ咬傷数が過去10年間で30%増加し、150万件となった。RIVMとワーへニンゲン大学共同で作成したウェブサイトである「マダニレーダー」tekenradar.nlは、マダニ咬傷数や場所を示している。これによれば、オランダの東部での発生が多く、6月と7月がマダニの活動ピークである。

気候温暖化に伴いオランダでのマダニの繁殖が増加している。さらに6月や7月は野外で活動する人が増えているため、咬傷数も増加する。マダニは森林だけでなく、公園やゴルフ場そして子供の遊び場にも生息する。

マダニ咬傷を予防するために、「Nature Today」というアプリが開発されている。自分がいる場所でマダニが発生しているかどうかを確認できるもの。マダニに咬まれても単に赤く腫れるだけで病気にならない場合が多い。しかし、スピロヘータ科ボレリア属の細菌であるライム病ボレリアを持つマダニに咬まれるとライム病を発症する。オランダでは毎年27,000人がライム病に感染している。この数は20年前の4倍である。このうち1500人は直後に筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などの激しい症状が出ているという。感染から数ヶ月~数年を経た「慢性期」には、慢性萎縮性肢端皮膚炎、慢性関節炎、慢性脳脊髄炎などが出現する。大抵の場合は抗生物質で治療が行われる。


関連記事

オランダのライム病患者20年間で4倍に
オランダでのライム病感染者が増えている。国立健康環境研究所(RIVM)の調査によれば昨年だけで新たに27,000人の感染者が見つかっている。患者数は過去20年間で4倍となっている。ライム病は野鼠や小鳥などを保菌動物とし、野生の マダニ(マダニ属マダニ)によって媒介される人獣共通の細菌(スピロヘータ)による感染症である。オランダでは毎年130万人がマダニに刺されるというが、全員がライム病にかかるわけではない。ライム病を恐れて医者にかかった人が昨年では91,000人おり、そのうち27,000人がライム病に感染していた。

ライム病にかかると皮膚症状、神経症状(髄膜炎や脊髄神経根炎、末梢性顔面神経麻痺)、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など多彩な症状が現れる。不整脈などの循環器症状、リンパ球腫などを呈することもある。マダニは森や木や草の多いところに繁殖している。オランダのマダニ注意サイトである「Tekenradar.nl」によれば、オランダ北部に多く、南西部には少ないという。

これから暖かくなるにつれて自然の中で過ごす時間が増えるが、マダニも活動を開始する時期。森やゴルフ場ではなるべく肌の露出が少ない服を着たほうがいいようだ。

オランダ、ライム病を引き起こすマダニにご注意
ライム病を引き起こす可能性のあるマダニに刺される人が増えている。 オランダ国立衛生環境研究所(RIVM)の調査によれば、5月6月でマダニに刺されたという人の数は過去3年平均の13%増。これから夏に向けてその数はさらに増え、7月には40万件に達する可能性がある。

マダニに刺されても必ずしもライム病に感染するわけではない。スピロヘータの一種であるボレリア病原体を保有するマダニに刺咬されるとライム病にかかる可能性がある。ライム病は関節炎、遊走性皮膚紅斑、良性リンパ球腫、慢性萎縮性肢端皮膚炎、髄膜炎、心筋炎などの症状が出るが、今のところ確実な治療法はない。ただし早期発見で抗生物質治療をすれば治癒するという。

マダニ刺咬の半数は森の中、3分の1は庭である。オランダで最も多いのはヘルダーランド州、次がブラバント州と北ホランド州となっている。森や林に行った場合にはまずマダニに刺されたかどうか必ずチェックしたほうがいい。もし刺咬されマダニがまだ皮膚に付着している状態であれば、すぐにこれを取り除く。3ヶ月以内に熱や痛みがあれば
ホームドクターに行くべきだとRIVM。ゴルフ場でボールが林の中に入った場合にも長い間探すのは危険。森や庭でもなるべく長袖長ズボンを着用するほうがいいかもしれない。