ニュース

オランダ政府、7月1日からのコロナウィルス対策緩和を発表
rutte_pc.png
24日夜、ルッテ首相は7月1日からのコロナ危機対策の緩和政策を発表した。飲食店やイベントでの規制が大きく緩和されるが、これまでのソーシャルディスタンスである1.5メートル規則や公共交通機関内でのマスク着用は続行される。

■イベントや集会:
7月1日からは人数制限が廃止される。ただし人との間1.5メートルの距離を保つことと予約は必須である。
予約が不可能な場合には、人数制限が適用される。屋内では100名まで、屋外では250名が限度となる。
これにより7月1日から大きな移動遊園地などの屋外イベントも再開可能になる。
ただし大きなイベントに関しては地方自治体での許可申請があるため、8月の半ば以降になりそうだ。

■飲食店、劇場、映画館、教会やモスク:
上記イベントと同じ規則が適用される。人数制限はないが、1.5メートル規制と予約は必須である。

■スポーツイベント:
7月1日からスタジアムでのスポーツイベント観戦が可能となる。これも1.5メートル規制。会場での合唱はウィルスの拡大のリスクがあるため禁止。

■交通機関:
政府は7月1日から不要不急でも公共交通機関の利用が可能となる。また現在は座席の40%が利用可能だが、これが100%となる。つまり1.5メートル規制はなくなる。ただしマスク着用は現状のまま義務付けられる。
タクシーやツーリングカー(観光バス)も満席で運行が可能となる。ただしマスク着用と事前の健康チェック(問診)は義務付けられている。
個人の車に同居者以外の人を乗せることも可能となる。マスク着用は必須ではないが、勧められている。

■スポーツ:
7月1日からスポーツジムが再開可能となる。サッカーなどの体が接触するスポーツでは1.5メートル規則は適用されない。
スポーツ施設内のレストランやカフェもオープンする。ただしロッカールームと同様に1.5メートル規則が適用される。
この他、サウナ、カジノ、そして性産業も7月1日から稼働可能となる。例外はディスコやクラブ。これについては9月に再度検討するという。

■学校:
中高等学校は今のところ半分再開の状態だが、夏休み後には完全再開となる。夏休み後には生徒間での1.5メートル規則は適用されなくなるが、教師との距離は1.5メートル以上開けなければならない。
新学期からは専門学校や大学での規制緩和が行われる。子供は1.5メートル間隔は不要だが、大人は距離を開けることが義務付けられているため、これらの高等教育機関での緩和は複雑だという。


関連記事

IN銀行、コロナで支店閉鎖加速
ING銀行は現在消費者向けに開店している支店の4分の1を閉鎖する。現在ING銀行は国内419カ所に支店がある。このうち170の支店と249のサービスポイントがある。このうち42の支店が他の支店やサービスポイントと一緒になり、閉鎖することになる。

これにより従業員のリストラも行われる。ING銀行は強制解雇は行わないとし、多くの従業員を銀行の他の部署に移すと発表した。
完全に閉鎖する支店は1時間に2−3人しか顧客がやって来ない支店だ。インターネットバンキングの普及により、窓口を訪れる顧客が激減しているが、コロナの流行でこれが加速した。

コロナ規制緩和後も、小さなクラスターはまだ消えず
corona1.5mJPG.JPG
オランダや隣国ではコロナウィルス感染による規制の緩和が始まっているが、いまだに感染クラスターが発生している地域がある。オランダでは最近でもトゥウェローやカットワイクでの魚や肉加工工場で発生している。

保健所(GGD)代表のデ・ハウ氏によれば、緩和後の火種(火が消えていない状態で少し燃える現象)は予想していたという。「大きなイベントや会合では、感染し症状がある人や症状がなくても衛生状態が悪かったりすると、クラスターを発生させる可能性はある。」と述べている。オランダでは温度が低い場所で作業をしていた魚や肉の加工工場でクラスターが発生したが、他の場所でも発生の可能性はあるという。例えばレストランで、感染しているウェイターが鼻水をすすりながら客席を歩き回っていたというような場合、ウィルスがばらまかれる可能性がある。GGDによればまだ1700人ぐらいの人がは周りの人に感染させる危険があるという。

この小さな「コロナの火種」を消火でき次第、GGDはその場で関係者と話し合う。感染元が見つかり次第その穴を塞ぐのだとGGD。たとえば、感染している従業員が規則を守り自宅待機をしていたのか、職場での衛生管理は万全であったのかについて調査し対策を行う。


観光公害。コロナ後のアムステルダム市の取り組み
amsterdam_tourists.JPG
アムステルダムは増加する観光客による騒音、ゴミ、混雑などの問題に悩まされてきたが、コロナ禍後これに対しどう取り組んで行くかの構想を練っている。街を市民の手に戻すというのが構想の根本にある。

コロナ禍で観光客が姿を消したアムステルダム中心部はほぼ空っぽ。いかに市の経済が観光客に頼っていたかを目の当たりにした。これを市民の手に戻そうというのが、ハルセマ市長の構想だ。

具体的な計画のひとつには、市の中心部にある建物の買収がある。買収した建物を(観光客向けでない)カフェや店舗にする。高騰する不動産価格でこのような計画が実施されなかったが、市が買収金額を支援する形で各種の団体がこれを推進する。

さらにアムステルダム市は、小売店規制にも政府の力を借りたいとしている。市の中心部ではすでに観光客向けの小売店規制が敷かれているが、それでも十分でなく、いまだに小売店の観光客頼りが目立つ。たとえば、ミニスーパーマーケットでのアルコール販売禁止などが必要だと市長。

また店舗、バー、レストランが地元民向けに営業するよう力を注ぐ意向だ。これまでは中心部の店やレストランのほとんどが観光客向けだった。市長は店舗やレストランのオーナーとの話し合いを進めるという。

さらにこれまで観光客で溢れていたエリアを別の目的で使用するという計画。例えばライツェ広場とその周辺を文化施設の集まりにしたりにするなどだ。すでにユダヤ人美術館のある地区はジューイッシュクウォーターとして整備されているが、このようなモデルを観光客エリアに導入したいという。
また飾り窓を閉鎖し、そのかわりに合法売春ホテルを建てるなど、画期的な試みも計画されている。

コロナ禍での介護・看護関連従業員に1000ユーロのボーナス
zorgpersoneel.jpg
新コロナウィルス禍中、直接そして間接的に関与した看護関連者に、特別ボーナスとして1000ユーロが支給されることが下院で決定し、政府が「感謝の印」として25日発表した。1000ユーロは税引き後の支給額なので、これに対する課税はない。

支給対象者は、看護、介護、そして清掃などを行ってきた人たち。医師は含まれない。支給対象者は約80万人と見積もられる。

今回の特別ボーナス支給に対し、従業員を抱える介護や看護機関の煩雑な手続きを軽減するために、特別窓口を用意すると健康省。遅くとも10月1日までにこの窓口が開くという。

オランダ、新コロナウィルスによる死者数はじめてゼロを記録
coronavirus.jpg
国立衛生環境研究所(RIVMRIVM)は昨日、新コロナウィルス感染が始まって以来初めてウィルス感染による死亡者数ゼロを記録したと発表した。3月12日にオランダでコロナウィルス感染が公式に発表されて以来、感染者数と死亡者数は急速に増え続けたが、やっと収束に向かっているようだ。

3月12日、新コロナウィルス感染による5名の死亡が確認された。その後急速に感染者と死者が増え続け、現在までに新コロナウィルス感染による死者数は6090名を記録している。4月7日には1日の死亡者数が過去最大の234名となったと国立衛生環境研究所(RIVM)が発表した。死亡者の60%は80歳以上の高齢者であるが、年齢層はまちまちである。コロナ感染者数は4月にピークを迎えその後徐々に減少してきた。https://www.rivm.nl/coronavirus-covid-19/grafieken