ニュース

規制緩和:飾り窓も再開に
redlightdistrict.jpg
7月1日からのコロナウィルス感染防止規制が緩和され、セックスワーカーも活動を再開できるようになった。緩和は「接触業」に関してはまずは美容、マッサージ、と段階を踏んで行われてきたが、この最後がスポーツジムと性産業である。この2つは当初の計画では9月1日から再開となっていたが、6月末に突然7月1日に再開という政府の発表があった。

有名なアムステルダムの売春スポットである「飾り窓」が窓を閉めてから3ヶ月半。コロナ禍以前は道を歩くのさえ困難なほど顧客や観光客で溢れていたが、この期間訪れる人はほぼゼロでゴーストタウン状態が続いていた。

セックスワーカーが部屋を借りるという形式の「飾り窓」では、オーナーが飲食業や商店と同じように顧客に対する注意事項を貼り、検温計や消毒液やマスクを用意している。あるオーナーによれば、これまで8人の窓の借り手がいたのに戻ってきたのは1人だけだという。

セックスワーカーで個人事業主として登録している人たちは、この休業期間毎月1052ユーロが生活保護として支給されてきた。しかし貯金を崩して生活してきたという人が多いという。また違法で仕事をしてきたという人もいるし、国に戻った外国人も多い。
再開後、通りには人が戻り始めているが、アムステルダムでは観光客が顧客の大半を閉めていたため、まだ元に戻るには時間がかかりそうだ。ただ、アムステルダム市はこの地区での観光客を排除する目的で、飾り窓の廃止を計画している。(ポートフォリオ6月29日の記事。観光公害。コロナ後のアムステルダム市の取り組み)


関連記事

アムステルダムの飾り窓地区にメス
昨今のアムステルダム中心部にある飾り窓地区は、もはやツーリストアトラクション化し、旅行者で溢れかえり通行も困難な状況である。アムステルダム市長フェムケ・ハルセマ氏は、「この状態は許容範囲を超えている。大規模な改革を行わねばならない。」とこの地区にメスを入れる計画を発表した。

市長の提案のひとつは、飾り窓地区を現在の市中心部から他の地区に移すというもの。第2の案は一部を閉鎖するもの、そして第3案は飾り窓のカーテンを閉め切ることで窓際の売春婦を覗くツーリストを減らすという案。そして第4の案は、カーテンを閉めるなどの方策と組み合わせ、市の歴史的中心部におけるセックスワーカーの職場を増やすという発想を転換した大胆なものだ。

売春婦が飾り窓地区から姿を消し、他の地区の売春宿やホテルなどで営業するというオプションにハルセマ市長は乗り気ではない。セックスワーカーを追い出すよりも、彼らの就業環境を改善し、粗暴で手に負えない旅行者から守ることが第一だと考えている。さらに、売春にまつわる人身売買や他の犯罪を止めることが市の使命だとしている。人身売買の被害者は主として南米からの女性である。

第一のオプションである飾り窓地区の移動にはお金もかかるなど物理的な問題が生じる。第4の提案である飾り窓を増やすことは混雑を増やすかもしれないが、セックスワーカーが違法で働いているのではないことを示し、彼らの安全を保障するものだとし、市長はこの案を議会に提案する予定だ。人身売買の被害者は主として南米からの女性である。ハルセマ市長は、前緑の党の党首の女性。

アムステルダムの飾り窓エリアで300人逮捕
アムステルダム市ではワレン(Wallen)と呼ばれる飾り窓地区(売春を行う店が集まる地区)から犯罪をなくす取り組みが行われている。飾り窓の数を減らし、デザイナーのアトリエやファッション関連の店を誘致するなど、ここ数年でだいぶ浄化されている。ただ人身売買やドラッグ取引といった犯罪はいまだに蔓延っている。とくにドラッグ取引者たちが問題を起こしており、住人や飲食店からの苦情が高まっていた。これを受け警察は内密に犯罪一掃作戦を行い、17日間で合計293名を逮捕した。

このうち59名は偽物のドラッグ販売を行っていた。本物だが違法のドラッグ販売人は40名。38名は公共の場でドラッグを使用していた。また、物乞いをしたり、公共の秩序を乱す行為を行っていた者も逮捕されている。

オランダの年金基金、飾り窓地区のリニューアルに投資
オランダの2つの年金基金がアムステルダムの「飾り窓地区(レッドライト・エリア)」のリニューアルに6千万ユーロ(約80億円)を投資した。飾り窓と呼ばれる売春部屋やマリファナを販売するコーヒーショップの数を減らす目的でこの地区のリニューアルを進めているのは、アムステルダム市と住宅公社。この2団体が設置した投資ファンド「1012Inc」に、農業従事者とラボバンクの年金基金が35%投資している。

オランダは売春やマリファナの販売は規定に準拠する限り合法である。しかし、これを悪用し東欧からの犯罪組織がアムステルダムに大挙として集まってきたため、2007年から市を上げて飾り窓地区の「クリーン・アップ」を開始した。投資ファンド「1012inc.」は、飾り窓エリアにある133戸の改造を行い、地区をより清潔で魅力的なものに作り変えている。現在投資収益率は4%であるが、昨今の不動産価格の急上昇によりこの数値はさらに上がるものと予想される。アムステルダムは国内外からの不動産投資が急速に増加しているが、投資対象物件の不足で価格が高騰している。同投資ファンドによれば、ローリスク・ハイリターンの投資であるという。

ゴッホ美術館、アムステルダムの飾り窓地区に別館
オランダのゴッホ美術館は、アムステルダム中央駅に近い飾り窓地区(Wallen)に15日、期間限定で別館を開設した。別館は元飾り窓(売春用の部屋)が数件入っていた建物だが、鏡の床や19世紀の娼館の装飾そして引き伸ばした絵画などを使い、「売春(お金で得る愛)の今と昔の対比」を見せるという。別館の前を通り過ぎる人も窓から中の様子を覗くことができる。

アムステルダム南地区にあるゴッホ美術館本館では「19世紀のフランスにおける娼婦を題材にした絵画」というテーマで6月19日まで展覧会が開催されている。当時はゴッホをはじめとして、ロートレック、ドガ、ピカソなどが娼婦を題材に多くの絵画を描いている。飾り窓地区の別館はこの展覧会に付随するもので、内装は当時の娼館をモデルにしている。部屋の中には19世紀の娼館で使われていた飾りの多いベッドが置かれているが、反対側に、現在飾り窓で使われているシンプルなベッドを展示し、今と昔の売春業の違いを見せる。別館の二階では「アート・ラバーズ」と題した、売春に関するディベートやパフォーマンスが行われる。

アムステルダムの「飾り窓廃止反対」売春婦デモ
アムステルダム市が計画してるいわゆる「飾り窓」(売春婦が窓の中で売春を行う場所)の閉鎖に反対し、木曜日夜数百人の売春婦や支援者がこれに反対するデモ行進を行った。飾り窓が立ち並ぶレッド・ライト地区にある旧教会広場から市役所まで行進し、ファン・デル・ラーン市長に閉鎖計画中止を請願した。売春婦の多くはプライバシー保護のため仮面をかぶってデモに参加している。

「プロジェクト1012」と呼ばれるこの飾り窓閉鎖計画は、売春にまつわる犯罪や人身売買などをなくすのが目的だという。オランダでは売春は合法で統制管理されている。アムステルダムでは500軒以上あった飾り窓のうちすでに115軒が閉鎖されブティックやギャラリーとトレンディな店に変わっている。計画では旧教会の周りにある80軒以上の飾り窓を閉鎖するという。今回のデモを組織した性産業従事者の利益を守る団体である「プラウド」は、閉鎖による売春婦失職を懸念し「閉鎖計画即刻廃止」を訴えている。

「性産業はオランダでは合法。売春婦も国で守られるべきで政治家には真摯に検討してほしい。我々の意見を全く聞かずに、社会ののけものとして扱われ飾り窓地域から追い出されてしまうのは許しがたい。」と代表者。請願書に対しアムステルダム市長(労働党)は、売春婦の仕事を自営業とみなし保険、ローン、デビットカード支払いなどの分野が扉を開放するよう働きかけていると前向きな姿勢を示している。