ニュース

オランダ検察、犯罪組織の拷問部屋を発見、7つのコンテナの中
chair.png
オランダ検察は、ブラバント州のローゼンダール近郊で行った捜索で、輸送コンテナ7個の中に隠された拷問部屋と思われる設備と、剪定ばさみなどの拷問道具を発見したと発表した。このうち6個のコンテナは拘束用、1つが拷問部屋だった。捜索は6月22日に実施され、誘拐や人質事件にかかわった容疑でオランダ人6人を逮捕した。

6個のコンテナにはそれぞれ、人を縛りつけるための手錠が天井と床に取り付けられていて、防音パネルと断熱材が張られていた。
コンテナの1つには歯科用の椅子があり、足と両腕を縛るストラップが付いていた。拷問用と思われる道具の入った袋もあった。さらに、のこぎり、手術用メス、ペンチ、手錠、指錠、テープ、目出し帽、頭にかぶせる黒い綿の袋も見つかったほか、ロッテルダムの民家の捜索では、24キロ分の合成麻薬が発見された。
輸送コンテナには、離れた場所から監視するためのカメラも取り付けられていた。ほかにも盗難ワゴン車やBMW車、拳銃や中国版のカラシニコフや自動小銃など25の武器が見つかっている。

当局によると、今回の捜査は4月から開始し、暗号化されたチャットプログラム「EncroChat」にアクセスすることに成功。2500万件のメッセージを盗聴、グループの動きや犯行計画を監視して、狙われていた複数の人物を割り出した。検察はこの拘束施設と地下組織の犯行計画を「冷酷で衝撃的」だ動揺を隠せない。容疑者は誘拐、暴行、恐喝、犯罪組織への参加の容疑で逮捕されたが、アムステルダムの地裁は月曜日、さらに90日間の拘束を命じている。(画像:オランダ検察)