ニュース

気になる欧州内での人気休暇先でのコロナウィルス感染状況について。どこに行くなら安全?
vacation.jpg
欧州内の人気バケーション国や地域のほとんどは、コロナウィルス規制緩和で入国禁止のコード・オレンジから、注意して旅行可能というコード・イエローに変わり旅行者も増えつつある。オランダではほとんどの人が国内での休暇を計画しているが、国外に行くと予定を変える人も多い。しかし、実際のところ、感染者が増えたという地域も報告されており、状況は日毎に変化している。また殆どの国でマスク着用が義務付けられている。以下は各国の状況である。

■ ベルギー:ここ一週間でコロナウィルス感染者数が増えている。1日平均143人が感染している。もちろんピーク時よりは少ないが第2波到来の心配がないわけではない。ただし地域ごとに感染状況は違うので、オランダの国立衛生環境研究所(RIVM)に相等するベルギーの「Sciensano」のサイトを参考に。

■ スペイン: カタロニアを含む東北部での感染者数が増えている。先週土曜日にはカタロニア州だけで1226人の新規感染者数が登録されている。同州は、バルセロナ市内と近郊の住民に対し、今後2週間は自宅待機を要請している。またカタロニアに隣接するアラゴン州での感染者も増えている。スペイン南部での感染はほぼない。

■ フランス:人気休暇先であるブルターニュでの感染率(ひとりが感染させる人数)は2.62と高い。またプロバンス、アルプス、コートダジュールといった人気旅行先でも、この数は1.55となっている。パリでも増加が見られるが以前と比べると圧倒的に少ない。フランスでは、すべての公共機関、カフェ、レストラン、店舗、病院、図書館などでのマスク着用が義務付けられている。

■ イタリア: 感染状況は安定している。ただ日曜日に発表された報告書によれば、若干の感染者数増加が見られる。現状の規制はこのまま続くという。

■ ドイツ: ドイツでも感染者数でみると安定状態。しかし1日平均200人から400人の新規感染者が報告されている。10万人に対し3.1人という感染者数なので多いわけではない。オランダのRIVMに相等するコッホ研究所によれば、一部の地域での発生が見られる。とくに肉処理工場、難民収容所、老人ホーム、教会などでの集団感染が報告されているという。先月には北ラインウェストファーレン地方での集団感染があったが、現在ではバイエルン地方の感染が目立つ。

■ ギリシア:1日に数10人という新規感染者数で、かなり低いレベル。しかしながら専門家によれば症状がない感染者が多い可能性も。また海外からの旅行者が持ち込むウィルスによる感染者数増加も懸念されている。これまでの感染者数は3983名で死者194名と他の欧州諸国に比較し低い。

■ ポルトガル:現在位置日300人から400人の感染者が報告されている。ポルトガル政府は感染拡大を防ぐ目的で首都リスボンの一部をロックダウンしている。オランダ外務省ではリスボンとその近郊を緊急時以外の旅行を禁止するというコード・オレンジに指定している。


関連記事

休暇用の宿泊施設に関する規制が不明瞭
villa.jpeg
6月1日から条件付きで飲食店は再開、そして7月1日からはキャンプ場やバケーション用貸家もオープンする。オランダ国内の少人数用(家族や少グループ)のバケーションハウス(貸家)は、もうすでに予約が開始されている。ただ、こういう場所に大人数のグループで行き休暇を過ごすのは可能なのか? そもそも大グループ用の宿泊施設はオープンするのかどうか?

先週の昇天祭の連休では、バケーションビラと呼ばれる一戸建ての貸家やキャンプ農場は75%が空き状態だった。売上損失は6月には70%そして7月には60%になると、水スポーツとリクレーションの団体HISWA-RECRONが予想を発表した。
先日発表された政府の規制緩和には、大きなバケーション用貸家(たとえば12人用)を複数の家族やグループが一緒に借りるのは許可されているのか否かなどが明記されていない。レストランの場合はひとつのテーブルに座れる人数などが明記されているが、バケーション用の施設に関してははっきりしていない。

高校卒業試験を通った17歳の若者は友人グループで夏休みを過ごすことが多い。以前から卒業したあかつきには友人14人といっしょにスペイン旅行を計画していた高校生が、コロナ規制で計画を変更し国内の海辺で14人が宿泊できる施設を探したが見つからないという。大人数を収容できる施設は規制内容が不明瞭のため、宿泊施設側でまだ予約を受けつけられない状態なのだ。宿泊施設団体によれば、地方ごとに規制解釈が変わるという。例えばドレンテ州では、複数の家族がいっしょに宿泊施設を予約できるが、部屋やバスルームは別々にするという条件だ。しかし、ドレンテ州の中でもさらに市町村によってまた条例が異なってくる。
今のところ、家族や少人数の友人グループでのオランダ国内旅行が可能なのは確かだ。


オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず
オランダのルツガース研究所(Kenniscentrum Rutgers)が発表した「オランダの父親(The State of Dutch Fathers)」という調査研究報告書によれば、多くの父親が育児休暇を望んでいるのに、実際に企業の育児休暇制度を利用している人が少ない。
なぜ父親は育児休暇制度を利用しないのか?上司や同僚に言い出す勇気がないという人が多いようだ。オランダ中央統計局の調査によれば、実際に父親で育児休暇を取っている人は11%に過ぎず、この数字は数年変化がないという。母親では23%が育児休暇を取っている。

報告書では、多くの父親が育児休暇を申請しない理由には、申請が複雑であったり、企業文化に合わないと考えていることが挙げられている。さらに、休暇申請で評価が落ちることを恐れている人も多い。ルツガース研究所は、産休や育児休暇は母親だけでなく父親も育児参加という意味で推奨しており、企業の人事や同僚も理解を示すべきだとしている。

今年の1月から出産時の父親の法定有給休暇は2日から5日間へと延長された。更に2020年からは、父親は70%の給料で5週間の育児休暇を取ることが可能になる。

すでに父親育児休暇を実施しているのはハーグ市役所。ここでは6.5週間の育児休暇に100%の給与を支給している。マイクロソフト・オランダでは6週間の100%有給。ING銀行は1ヶ月の有給と3ヶ月の無休の育児休暇を許可している。法律上では育児休暇が取れるのはは子供が8歳までとなっている。

オランダ人、休暇中でもオンライン・バンキング
3分の2のオランダ人は、長い夏休みの最中、何も考えずにぼうっとして過ごしたい、とくにお金のことは考えたくないと思っている。しかし現実では88%の人が休暇中でもオンライン・バンキングで取引を行っているという結果をING銀行のデジタルモニターが発表した。
オランダ人は休暇中でも銀行口座の残高をチェックしたり給与が振り込まれているかどうかをチェックしている。44%の人は携帯アプリを使用しオンライン・バンキングをしているという。

また休暇中、支払いのレシートをとっておくという人は37%。さらに通常よりも現金支払いが増えるという人も45%いる。オランダではピンパス(デビットカード)での支払いが優勢だが、国外や休暇場所での食事やお土産などは現金で支払うという人が多いらしい。

休暇もオランダ人の堅実さが現れており、半数の人は休暇前にしっかり予算を組んでいる。さらに78%の人は、休暇前に残高が十分かどうかを調べるという。しかし、休暇先に行くとそれも忘れてしまい、22%の人は予定より出費が多くなってしまうらしい。とくに18歳から34歳の若い人たちは50%が予算オーバーに陥るそうだ。

オランダ、学校の夏休みが始まり、休暇地へ向かう交通混雑
オランダの学校は、北部、中部、南部の3地域で夏休みの時期をずらしている。毎年その順番は変わり、今年は中部(7月8日から8月29日)、南部(7月15日から8月27日)、北部(7月22日から9月3日)の順番になっている。最初に夏休みが始まる中部では100万人以上が休暇旅行を計画している。その後南部と北部が続けて夏休みに入るため、7月終わりには交通渋滞が予想される。

自動車教会ANWBによれば、フランス、ドイツそしてイタリアへ旅行する人が多い。南へ向かう車は、ベルギーが今週末から休みに入るため渋滞に巻き込まれる可能性が高い。ドイツ経由で南へ向かう道路は工事中が多いことを考慮に入れるといい。

空路の混雑も同様で、今週の金曜日から約2ヶ月間は旅行客であふれる。スキポール空港はこの期間人員を増やし対処するという。

クリスマス休暇はロンドンが人気
クリスマス休暇中の短期の旅行先でオランダ人に最も人気なのはロンドン。旅行ウェブサイトTrivagoとHotel.comの調査では人気度は8.4と最も高かった。このほか、アムステルダム、ベルリンそしてマーストリヒトも短い休暇の目的地として人気である。

またReisgraag.nlという別の旅行サイトでもロンドンは人気。ロンドンの観光は9.0、文化は8.6という評価。レストランは7.9とやや低いが総合では2位となっている。評価点数で最も高いのはプラハで評価は平均8.5。プラハは文化と観光がそれぞれ9.0という高い評価を得ている。レストランも8.8、ロケーション8.4、おもてなし7.7と高い。
ローマなどのカトリックの影響が強い都市は、クリスマスの前後はショップやレストランが閉まるところが多く、この期間の旅行には適していないのが、ロンドンが選ばれる理由かもしれない。
ヨーロッパ以外ではニューヨークとドバイが高い評価を得ている。イスタンブールも満足度と評価でも高い。