ニュース

コロナウィルス感染者数また増加
coronatest.jpg
規制緩和が実施されているオランダでコロナウィルス感染者数が増えている。国立衛生環境研究所(RIVM)によれば、先週コロナウィルス検査で陽性となった人は987名。先々週は534名だった。先週新たに病院に入院したのは19人とその前週より3人多い。死亡者数は7名となっている。RIVMによれば、感染の拡大が見られるという。

感染が増えているのが南オランダ州、北オランダ州、そしてゼーランド州である。RVIMはこれまでの通り、人との距離を置くこと、手洗いを徹底すること、できるだけ自宅にいること、症状が出たらすぐに検査を受けることを強く勧めている。ただし公共交通機関以外ではマスク着用についてはふれていない。

7月13日から19日の間にコロナ検査を受けた人は9万人。このうち陽性反応が出た人が987名と割合では少ない。しかし
ウイルス感染者1人が次に何人に感染させるかを示す「実効再生産数」を意味する「R」を見ると、今週は1.29というレベル。3月15日以来初めて1.0以上に上がった。これは、しばらく感染者数が減り安定していた時期が過ぎ、またコロナウィルス感染がオランダで増えることを意味している。

検査を受けた人の中で感染源がわかっている人は半数以下。そのうち半数以上が家庭内感染。飲食店での感染は4.1%となっている。コロナウィルス感染検査は、0800-1202 でアポを取る。この際市民登録番号(BSN)が必要だ。


関連記事

コロナ再発のアントワープで、門限設置とマスク着用義務強化
province_antwerpen.png
ベルギーのアントワープ州(オランダと国境を接するアントワープ周辺の地域)では門限とマスク着用の義務化を拡大した。アントワープ州ではコロナウィルス感染が再度拡大し先週だけで1028人が陽性と判明している。

今回の規制には夜23:30から朝6:00までの外出規制が含まれる。これは夜中にパーティなどを行うことを防ぐものだ。飲食店も23:00閉店となるだけでなく、客と客との距離の確保そして連絡先記録が必須となる。これに加え人との接触を伴うスポーツやチームスポーツ(大人のみ)を禁止。在宅勤務を推奨。スポーツジムの閉鎖が行われる。

ベルギー国家安全局はすでに先週からショッピング通り、店舗内、マーケット、その他の人混みなどでのマスク着用を義務付けている。

マスク着用義務を拒否し続けているオランダでは本日、感染拡大防止管理チーム(outbreak management team OMT)がマスク着用義務化について話し合う。結果は後ほど。

気になる欧州内での人気休暇先でのコロナウィルス感染状況について。どこに行くなら安全?
vacation.jpg
欧州内の人気バケーション国や地域のほとんどは、コロナウィルス規制緩和で入国禁止のコード・オレンジから、注意して旅行可能というコード・イエローに変わり旅行者も増えつつある。オランダではほとんどの人が国内での休暇を計画しているが、国外に行くと予定を変える人も多い。しかし、実際のところ、感染者が増えたという地域も報告されており、状況は日毎に変化している。また殆どの国でマスク着用が義務付けられている。以下は各国の状況である。

■ ベルギー:ここ一週間でコロナウィルス感染者数が増えている。1日平均143人が感染している。もちろんピーク時よりは少ないが第2波到来の心配がないわけではない。ただし地域ごとに感染状況は違うので、オランダの国立衛生環境研究所(RIVM)に相等するベルギーの「Sciensano」のサイトを参考に。

■ スペイン: カタロニアを含む東北部での感染者数が増えている。先週土曜日にはカタロニア州だけで1226人の新規感染者数が登録されている。同州は、バルセロナ市内と近郊の住民に対し、今後2週間は自宅待機を要請している。またカタロニアに隣接するアラゴン州での感染者も増えている。スペイン南部での感染はほぼない。

■ フランス:人気休暇先であるブルターニュでの感染率(ひとりが感染させる人数)は2.62と高い。またプロバンス、アルプス、コートダジュールといった人気旅行先でも、この数は1.55となっている。パリでも増加が見られるが以前と比べると圧倒的に少ない。フランスでは、すべての公共機関、カフェ、レストラン、店舗、病院、図書館などでのマスク着用が義務付けられている。

■ イタリア: 感染状況は安定している。ただ日曜日に発表された報告書によれば、若干の感染者数増加が見られる。現状の規制はこのまま続くという。

■ ドイツ: ドイツでも感染者数でみると安定状態。しかし1日平均200人から400人の新規感染者が報告されている。10万人に対し3.1人という感染者数なので多いわけではない。オランダのRIVMに相等するコッホ研究所によれば、一部の地域での発生が見られる。とくに肉処理工場、難民収容所、老人ホーム、教会などでの集団感染が報告されているという。先月には北ラインウェストファーレン地方での集団感染があったが、現在ではバイエルン地方の感染が目立つ。

■ ギリシア:1日に数10人という新規感染者数で、かなり低いレベル。しかしながら専門家によれば症状がない感染者が多い可能性も。また海外からの旅行者が持ち込むウィルスによる感染者数増加も懸念されている。これまでの感染者数は3983名で死者194名と他の欧州諸国に比較し低い。

■ ポルトガル:現在位置日300人から400人の感染者が報告されている。ポルトガル政府は感染拡大を防ぐ目的で首都リスボンの一部をロックダウンしている。オランダ外務省ではリスボンとその近郊を緊急時以外の旅行を禁止するというコード・オレンジに指定している。

先週のコロナウィルス感染での死亡者数8名に減少
infected.png
国立衛生環境研究所(RIVM)によれば、先週報告を受けたコロナウィルス感染による死亡者は8名、入院患者数は16名だった。先々週の死亡者数は19名だったので減少傾向が見られる。ただし感染者数は増加しており、先週は534名でその前週より102名増えている。

RIVMによれば、小規模なクラスターが発生している場所があるという。クラスターの発生は家庭内や家族内というケースがほとんどだが、企業や老人ホームそしてスポーツクラブでの発生ケースも見られる。感染者数の増加は、症状が見られる人すべてが検査を受けられるようになったことも背景にある。

また規制緩和で国外に旅行する人も増えている。ここ2週間の感染者のうち7.5%は国外から戻ってきた人だ。992人の感染陽性者のうち69名である。このうちベルギーが12名、ドイツが11名、セルビアが10名そしてカザフスタンからの帰国者が8名となっている。
(グラフ:RIVM、感染者数の変遷:破線前は入院者数、破線後は検査で陽性となった人の数)

IN銀行、コロナで支店閉鎖加速
E8B25A68-A51E-4226-BB3C-47C25CB42F24.jpeg
ING銀行は現在消費者向けに開店している支店の4分の1を閉鎖する。現在ING銀行は国内419カ所に支店がある。このうち170の支店と249のサービスポイントがある。このうち42の支店が他の支店やサービスポイントと一緒になり、閉鎖することになる。

これにより従業員のリストラも行われる。ING銀行は強制解雇は行わないとし、多くの従業員を銀行の他の部署に移すと発表した。
完全に閉鎖する支店は1時間に2−3人しか顧客がやって来ない支店だ。インターネットバンキングの普及により、窓口を訪れる顧客が激減しているが、コロナの流行でこれが加速した。

コロナ規制緩和後も、小さなクラスターはまだ消えず
corona1.5mJPG.JPG
オランダや隣国ではコロナウィルス感染による規制の緩和が始まっているが、いまだに感染クラスターが発生している地域がある。オランダでは最近でもトゥウェローやカットワイクでの魚や肉加工工場で発生している。

保健所(GGD)代表のデ・ハウ氏によれば、緩和後の火種(火が消えていない状態で少し燃える現象)は予想していたという。「大きなイベントや会合では、感染し症状がある人や症状がなくても衛生状態が悪かったりすると、クラスターを発生させる可能性はある。」と述べている。オランダでは温度が低い場所で作業をしていた魚や肉の加工工場でクラスターが発生したが、他の場所でも発生の可能性はあるという。例えばレストランで、感染しているウェイターが鼻水をすすりながら客席を歩き回っていたというような場合、ウィルスがばらまかれる可能性がある。GGDによればまだ1700人ぐらいの人がは周りの人に感染させる危険があるという。

この小さな「コロナの火種」を消火でき次第、GGDはその場で関係者と話し合う。感染元が見つかり次第その穴を塞ぐのだとGGD。たとえば、感染している従業員が規則を守り自宅待機をしていたのか、職場での衛生管理は万全であったのかについて調査し対策を行う。