ニュース

政府、全土でのマスク着用義務化を否定、各市町村で実施か?
mondkapjes_europe.jpg
政府関係者が28日夜オランダ国営放送NOSに語ったところによれば、公共の場でのマスク着用の義務化は行われない。ただし自治体が小規模な範囲でのマスク着用義務を実施するのは可能となるらしい。昨夜、公共衛生環境研究所(RIVM)の感染防止管理チーム(Outbreak Management Team OMT)が、フェイスマスクの効果について話し合った結果である。

本日29日ユトレヒトでオランダの安全理事会(25の地域)が集まり、関連大臣がコロナ規制について最終発表を行う予定。規制はおそらくオランダ全土に対するものでなく、地域的になる見込み。例えば、アムステルダムやロッテルダムではマスク着用を義務化したい意向だが、この安全理事会にてOMTの決定を話し合う予定。

ロックダウン中、何度もマスク着用義務について政府は検討してきたが、OMTのアドバイスによりこれが否定されてきている。マスク着用により安全性が保たれると誤解されることを恐れているというのがその理由だ。
NOSはアムステルダムに訪れる観光客数人にインタビューしているが、オランダでマスク着用義務がないことに驚きを隠せない人が多い。とくに政府の政策に対し無責任だという声が高い。インタビュー(記事中程の動画)

(画像:nu.nl 赤:マスク着用義務、青:一部義務)


関連記事

マスク・オン・パレ―ド
MyMasks.JPG
コロナ対策としてこのオランダでも6月1日から公共交通機関でのマスク着用が義務づけられている。ヨーロッパ諸国の中でもオランダは最もマスク着用率が低い国だ。
オランダ人はマスクに慣れていないせいもあるが、マスクをつけることに対し極端に嫌悪をむき出しにする人も少なくない。“息苦しくなる”、“マスクは不衛生”、“政府の言いなりにはなるな”などなど・・・。かくいうこの私も実はマスクをつけたことはなかった。
子供の頃からマスクは好きではなかった。冬場マスクをつけて通勤するサラリーマンの姿に異変なものを感じていた。“息苦しくなる”と思っていたのかもしれないが、定かな理由は自分にもわからない。だが、こんな私もとうとう“マスクデビュー”する日がやってきた。
私はいつもは自宅で仕事をしているが、去る2週間ばかり講習の為に毎日電車とバスで通勤しなければならなくなった。公共交通機関でのマスク着用義務が発表された5月中旬から私はマスク作りを始めた。自分の為にではなく、他の街に住む我が娘の為にだ。
娘が住んでいる街は人口も多く夏場には市内でのマスク着用が義務づけされた(今はその義務は撤下された)。しかも、アパートから市内に出るには市電と地下鉄に乗る必要があるので、当然マスクが必要になる。

不器用なくせに手作りは好きで編み物や裁縫は私の趣味である。でも、この“手作り好き”には実は暗い過去が隠されていることを知っているのは家族だけだ。(大袈裟でスミマセン・・・)。私は中学生の時、夏休みの宿題のパジャマが縫えなかった。私の母も裁縫は得意ではなかった。ミシンを買ってもらったにも拘わらずパジャマ作りに悪戦苦闘し両親に転校させてくれと泣きついたほどだ。14歳だった私に家庭科の先生は“貴方はそんなんじゃ将来大人の世界で生きていけないわよ”と告げた。これは、かなりショックだった。
“パジャマが縫えないと大人になれないのか?”と自分自身に疑問を投げた。
だが、もともと何かを作る事が好きだった私はその後好きな物作りたい物を強制的ではなく好きな人の為に作ることを始めた。娘が幼い頃はよく洋服を縫った。
今でもオープンマーケットで布屋さんを見ると胸がウズウズする。

話は長くなったが、こうして私のマスク作りは始まった。
ユーチューブで作り方を詮索し100%綿の布探しから始まりゴムやフィルターなどもオンラインで購入した。初めはプリーツマスクに挑戦したが、プリーツ作りが上手く出来なくてその後は立体マスクのみ作ることにした。作ってみると結構楽しくて、娘の為に10枚ほど作った。自分の分も10枚程作ったもののずっと出番は無しだった。
だが、先々週やっと手作りマスクが役に立つ時が到来して私もめでたく“マスクデビュー”を果たした。電車に乗るのは半年以上振りだったので、初日はちょっと緊張した。
でも、裏表綿100%のモスリンガーゼで作ったマスクはつけてみると思ったより快適だった。電車の中で回りを見渡すと大半の人は青か白の使い捨てマスクをつけていた。
“私のマスクの方が可愛いも~ん”と内心ほくそ笑みながら、毎日違うマスクで通勤した。
数日前には娘から“こんな柄でこんな色のマスクが欲しい”とリクエストが来たので、さっそくオンラインで布を探し購入した。クリスマスには義弟夫婦にもプレゼントしようかなあ・・・でも、使わないかな・・・などと考えている。

たかがマスク、されどマスク・・・どうせつけるなら楽しくなくちゃ!
マスクをつける義務より作る楽しみを私は見つけた。私のマスク作りは当分続くだろう。


アムステルダムとロッテルダムで、マスク着用義務化中止
maskinamsterdam.jpg
アムステルダムとロッテルダムでは人混みが多い地域でのマスク着用義務を実験的に行ってきたが、これを継続しない。アムステルダム市長のヘルセマ氏とロッテルダム市長のアブタレブ氏が金曜日に発表した。この2都市での一部地域でのマスク着用義務化は8月5日に施行され、来週の月曜日8月31日まで有効だが、それ以後は継続しないことになった。

この背景には、マスク着用義務のあるショッピング通りへの来訪者が減ったことがある。営業に大きな影響が及ぶと店舗が市に圧力をかけたこともあり、市はマスク着用化義務を廃止したという。ただし混雑する通りや店内は一方通行にするなど、人との距離が保てるよう工夫する。公共交通機関でのマスク着用は継続する。

この3週間におよぶマスク着用義務化実験の結果について、犯罪法律研究所(NSCR)と国立公共衛生環境研究所(RIVM)が評価を行う。ハルセマ市長はこの結果が出るまで、着用義務の効果についてはコメントできないとしている。ただ、効果があるという結果が出た場合には再度マスク着用義務化が実施される可能性がある。

アムステルダム、マスク着用無視で148人に罰金
coronagemeente.png
アムステルダムとロッテルダムでは、人混みが多発する地域でのマスク着用義務を実験的に先週から施行している。アムステルダムでは飾り窓エリアやカルファ通りなどの混雑するショッピングエリアなど5ヶ所がマスク着用義務地域だ。この条例があってもマスクをしない人が後をたたないため、ハルセマ市長は先週金曜日に巡視を厳しくすると発表。土曜日にはマスク着用が徹底されたように見え、この時点では罰金が課せられたケースはそれほど多くなかった。BOA(Buitengewoon opsporingsambtenaren)と呼ばれる准警察官は、マスク非着用者に対し、1度目はまず注意し、2度目には罰金を課すことになっている。ところが日曜日にはマスク着用義務を無視する人が増え、BOAは合計で148人に罰金を課した。罰金額は95ユーロ。
ロッテルダムでは日曜日には通常より巡視が厳しくなり、4人に罰金が課せられた。

RIVMによれば、先週一週間にコロナウィルス検査で陽性反応が出た人は4000人。一度は下火になったように見えたコロナウィルス感染がぶり返している。感染者は市町村によって異なるが、1万人あたりの感染者数が多いのが、ベルヘン・オプ・ゾーム、ロッテルダム、アムステルダム、ハウダ、そしてディーメンとなっている。(画像:RIVM)

マスク着用義務のエリアでの店舗、顧客激減
kalverstraat.JPG
アムステルダムとロッテルダムの一部の地域で今月初めからマスク着用が義務付けられるようになったが、これにより店舗の顧客が減っている。ロッテルダムのラインバーン通りでは31.5%減、アムステルダムのカルファストラートで32.1%減った。マスク着用が義務付けられていないユトレヒト市では顧客数の減少はそれほどでなく23%

ここ2週間の熱波により外出する人が減ったということもあるが、マスク着用義務の影響も大きいという。小売業界の団体であるインリテールの調査によれば、この義務施行のせいで40%まで売上が減っているという店もあるという。さらにRIVM(国立衛生環境研究所)が、8月4日に人混みを避けるよう呼びかけていることもあり、このマスク着用義務化と相まって小売業界に暗以影を落としている。

アムステルダムのショッピング通りであるカルファストラートは、マスク義務化が始まる前から独自に店内でのマスク着用を呼びかけていた。しかし、通りそのもので着用義務化となった現在、人通りの減少による顧客減少を憂いている。
またロッテルダムのラインバーン通りでは、マスク着用義務化がない通りと比較すると不利だと小売店。あるいはロッテルダムで買い物をせずに他の都市に行く人も出ていると苦情を提言する店舗もある。

調査会社Q&Aが5300人に対し行ったアンケート調査によれば、マスク着用が義務付けられれば70%の人はショッピングに出かける回数は減ると答えている。16%は買い物には出ないとしている。今回の市によるマスク義務化はあくまでも実験的で8月31日までという期限付きである。

今日からアムステルダムとロッテルダムの繁華街でマスク着用義務化に
maskinamsterdam.jpg
本日水曜日からアムステルダムとロッテルダムの混雑している地域でのマスク着用が義務付けられる。以下は指定場所や時間帯そして罰金などのルールである。

アムステルダム:
Warmoesstraat, Oudezijds Voorburgwal, Oudezijds Achterburgwal、 Zeedijk という飾り窓エリア。ただし、近接するダム広場やDamstraat、 Oude Hoogstraat, Nieuwe Hoogstraat 、Oude Doelenstraat は混雑しているにもかかわらずマスク着用義務がない。そして野外マーケット地区である Albert CuypstraatとPlein '40-'45ではマーケット開催時間のみ義務化される。違反すると罰金95ユーロが課せられるが、実際には最初は「注意」のみにとどまりそうである。また最初の数日はマスクを持っていない人のために無料でマスクが配布されるという。さらに、マスク着用は路上のみで、店舗内やテラスでは義務付けられていない。アムステルダム市のマスク着用条例

ロッテルダム:
以下の路上で朝6時から夜22時までマスク着用が必要となる。
Karel Doormanstraat, Kruiskadehof, Korte Lijnbaan, Zoutmanstraat, Van Genthstraat, Aert van Nesstraat, Van Oldenbarneveltplaats, Binnenwegplein, Lijnbaan, Hennekijnstraat, Beurstraverse, Coolsingel (hoek Meent – Aert van Nesstraat), Bulgersteijn (hoek Binnenwegplein), Meent, Leeuwenstraat, Beursplein, Korte Hoogstraat, Rode Zand, Hoogstraat, Westewagenstraat, Delftsevaart, Oppert, Grote Kerkplein, Bagijnenstraat, West Nieuwland, Verlenge Nieuwstraat, Steiger, Binnenrotte, drs. Jan Scharpstraat, Alexandrium, Zuidplein。このほか KeizerswaardとBinnenhof のショッピングモールに関しても義務化を検討中である。また Visserijplein, Afrikaanderplein、 Binnenrotteのマーケットでも開催時間中はマスクを着用しなければならない。ロッテルダムでもアムステルダムと同様、注意や警告を行う程度だが、後にマスクを着用しないと罰金が課せられるようになる。ただし市としては罰金徴収が目的ではないので、できるだけマスク着用という意識を高めたいという。ロッテルダム市の条例