ニュース

オランダからヨーロッパ内で渡航できる国、できない国 
vacation_island.jpeg
オランダの学校は秋休みだが、コロナウィルス感染第2波に突入したヨーロッパでは太陽を求めて国外へ脱出するのがますます難しい状況だ。コロナウィルス感染者が多く危険な国や感染者が増加するオランダからの入国を制限する国もある。

ベルギー:ベルギー政府は10月9日から、ゼーランド州を除くオランダ全土をレッドゾーンに指定した。オランダからベルギーに入国した場合には自己隔離と5日後のコロナウィルス検査が義務付けられる。検査結果が陰性の場合には自己隔離7日後に外出が可能となる。ブリュッセルでは感染者が増加しており、昨日からすべてのカフェとバーが閉鎖となっている。

ドイツ:ゼーランド州からの旅行者を除き、すべてのオランダ住民はドイツ入国の際にコロナ検査陰性の証明書を提示しなければならない。検査は48時間以内のもので、医者によるドイツ語か英語での証明書が必要。

フランス:フランスはコード・イエロー国(要注意だが入国可能)。ただしパリを含む多くの地区がコード・オレンジ(不要不急での旅行を禁じる)になっている。フランス国内の感染地区  コード・オレンジ地区からオランダに帰国した際には10日間の自宅隔離が義務付けられている。

イタリア:これまでイタリアはコード・イエロー(要注意だが入国可能)だったが、7日から入国の際にコロナウィルス検査で陰性である証明書を提示しなければならなくなった。この検査は入国の3日以内に受けたものでなければならない。

スペイン:感染者数が多いスペインはコード・オレンジに指定されており、不要不急での旅行は禁じられている。スペインから帰国した場合には10日間の自宅隔離が義務付けられる。これはスペイン本土だけでなく、カナリア諸島、マジョルカ島、メノラ、イビザ、フォルメンテーラも同様。

ポルトガル:コードイエローなので入国は可能。ただしリスボン付近はコードオレンジ。

ギリシア:ギリシア本土とペロポネソスはコードイエロー。ただしギリシアの島々ではコードオレンジとなっている。島からオランダに戻った際には10日間の自宅隔離。

イギリス:オランダからイギリスに入国する場合には14日間の自己隔離が義務付けられている。ただしオランダに戻っても隔離の必要はない。

スイス:コロナ検査陰性の証明書が必要。さらに入国後10日間の自己隔離。

*コードイエロー:入国可能だが注意が必要。コードオレンジ:不要不急の旅行を禁じる