ニュース

「会議中にスマホやタブレットを持ち込まない。」オランダ軍情報保安局
cyberattack.jpeg
テレグラーフ紙が行った軍情報保安局(MIVD)局長とのインタビューで、局長のスヴィレンス少将は「大企業では会議中にスマートフォンやタブレットをテーブルの上に置かないように」と提言した。ハッカーはスマホやタブレットを通して企業秘密などを盗聴することが可能だ。スヴィレンス局長によれば、オランダのサイバーセキュリティ対策は十分でないという。

「戦争と平和のあいまいな狭間にいるオランダは毎日のようにサイバー攻撃を受けている。ノウハウは盗まれ、基幹となるシステムやインフラが攻撃され、情報操作でオランダ社会が操られている。」

スヴィレンス局長によれば中国やロシアといった国が機密情報を盗もうと仕掛けている。そのやりかたは従来のオンライン上のハッキングだけでなく、スマホやタブレットから音声情報を盗むことだ。とくに機密事項が話される会議では要注意だという。「スマホは便利な道具だが、スパイ行為によるリスクはあまりにも大きい。」

2年前、ハーグの化学兵器禁止機構であるOPCWに対しロシアの諜報機関がハッカー攻撃を仕掛けたが、オランダ軍保安局(MIVD)はこれを阻止したと発表した。ロシアのスパイ4人が同日に国外追放となっている。

オランダの情報・諜報機関は2機関あり、ひとつが総合情報保安局(AIVD)、もうひとつがこの軍情報保安局(MIVD)である。現在AIVDの最重要課題は、国内国外に関わらずイスラムテロネットワークの監視摘発にある。


関連記事

オランダ情報機関、ファーウェイ社によるサイバースパイ行為を調査
オランダのフォルクスクラント紙の報道によれば、中国の通信技術企業ファーウェイ(Huawei)社がオランダにてサイバースパイ行為を行っている可能性があるという。ファーウェイはオランダの大手通信会社経由で顧客情報を盗み取っていると同紙は報じている。オランダの情報機関であるAIVDは中国政府によるスパイ行為であるかを調査に乗り出すという。ただし、AIVDもファーウェイそして大手オランダ通信企業(KPN、Vodafone/Ziggo、T-mobile)も、これが事実かどうかは発表していない。

ファーウェイ社は世界中でスパイ行為の容疑がかけられている。オランダでは無線通信4Gネットワークをさらに高速で信頼度の高い5Gネットワークへの移行が進みつつあるが、このネットワーク構築にファーウェイ社を招くか否かで調査が進められており、その結果を待って政府は決定を下すという。

昨日オランダ政府は100ページに及ぶ「中国戦略」を発表したが、その中で中国によるサイバースパイ行為にもっと目を向けるべきである旨が記されている。「これまでオランダはあまりにもナイーブであった。」と述べている。このファーウェイ社回避は、「安全保障上の問題」としてアメリカのトランプ大統領が同盟国各国に呼びかけている。日本を含むEU諸国もこれを検討しているが、5G構築は中国企業の技術なしでは完成しないというジレンマに直面している。

オランダの世界最大半導体製造装置メーカーASMLに中国のスパイ
オランダの経済紙フィナンシエール・ダハブラット(Het Finacieele Dagblad、FD)が報じたニュースによれば、世界最大の半導体製造装置メーカーであるASMLで複数の中国人従業員が大規模な機密情報を盗んだという。容疑者らは同社でも上級職についていたが、調査によれば中国の科学技術省とのつながりがあった模様。

被害総額は数億ユーロと見られ、オランダ企業での機密漏洩では史上最大規模。企業秘密を盗んだと見られる中国人はアメリカのサンホセにある同社の拠点を通し数年にわたり内部ネットワークに侵入していた。ソースコード、ソフトウェア、価格戦略、マニュアルなどを盗み取っていたと見られる。

スパイ行為は2014年に設立されたASMLの競合であるXTAL社が指示したという。XTAL社はASMLで働いていた中国人従業員が設立したもの。XTAL社は盗んだ情報を利用し、驚くべき速さで市場を広げただけでなく、サムソンなどのASMLの顧客をとっていった。

カリフォルニアの裁判所は2018年にXTAL社に対し2億2300万ドルの罰金を課している。FD紙によれば、この事件には中国政府が間接的にからんでいるという。

ASMLは、オランダ南部・フェルトホーフェンに本部を置く半導体製造装置メーカーである。半導体露光装置を販売する世界最大の会社で、16ヶ国に60以上の拠点を有し、世界中の主な半導体メーカーの80%以上がASMLの顧客である。

ロシアのスパイ、オランダでも化学兵器禁止機関へのハッキング容疑で追放される
オランダの国防省バイルフェルト大臣は4日、ロシアが4月にハーグに本部を置く化学兵器禁止機関(OPCW)へのサイバー攻撃を試みたことを明らかにした。オランダ当局は攻撃を阻止し、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の男性工作員4人を国外退去処分にしたと発表している。大臣はロシアに対し西欧の民主主義を攻撃するものだとし、ただちにサイバー攻撃を停止するよう求めている。さらに「通常はこのようなサイバー攻撃については公にしないが、最近のイギリスでのスパイ活動や2016年のアメリカ大統領選挙の際のロシアの関与を受け、今回事件を発表した。」と述べている。

オランダ情報機関(MIVD)によれば、今年4月10日にロシア人4人が外交旅券を使用しオランダに入国、化学兵器禁止機関(OPCW)の隣にあるホテルに滞在し、「近接アクセスハッキング」(インターネットを介さず直接的に侵入するハッキング)を試みたという。13日、容疑者らはレンタルした車のトランクに電子機器を置き、車両後部をOPCWの建物に向けるようにマリオット・ホテルの駐車スペースに停車。同日午後4時30分に機器のスイッチを入れたところを、オランダ軍情報部門の部隊が急襲した。その後4人はスイスのシュピーズにあるOPCWの研究所に接近する計画だったという。オランダ当局が4人から押収したパソコンには、2014年にウクライナ上空で起きたマレーシア航空機撃墜事件の捜査の指揮を執っていた司法長官の事務所などにサイバー攻撃をしかけた記録が残っていたとも報道されている。

5日イギリスでもロシアの軍事情報局(GRU)によるサイバー攻撃の内容を英国サイバーセキュリティセンター(NCSC)が発表している。これによれば、GRUはバッドラビット(大規模サイバー攻撃をしかけるマルウェア)や2017年の世界反ドーピング機関へのハッキング、そして2016年の米国民主党本部への攻撃に関与しているという。さらにGRUはイギリスで旧GRUスパイを毒殺しようと化学兵器を使用したと非難されている。

オランダのスパイス入りクッキー「ペーパーノーテン」のメーカー、欧州全土に広げる野望
世界最大のスパイス入りクッキーのメーカーである「ファン・デルフト・ビスケット」は、このシンタクラースとクリスマスのシーズンは大忙しである。オランダの伝統的なクッキーであるペーパーノーテンとクライドノーテンは、冬のイベントに欠かせない。現在ではオランダだけでなく、欧州各地でこのスパイス入りクッキーを販売している。とくにドイツでは生姜入りのケーキ「レープクーヘン」を食べるので、味に慣れているという。「ベルリンでは飛ぶように売れている。」と同社。他の国でもマーケティング次第でけっこう売れているという。

シンタクラースが袋からごっそりと出して子どもたちにばらまく「ペーパーノーテン」を「ペッパーナッツ」として欧州中に広めたい、と意欲満々である。ノーテン(ナッツ)と言う名称にかかわらず、ペーパーノーテンはクッキーである。「ファン・デルフト」社は「ノーテン」を今年350億個生産しておりこれはオランダ全体の生産の約半分以上。来年は米国、ロンドン、バルセロナにも直営店を開く計画だ。