オランダあれやこれや

いろいろな人が書くオランダにまつわるエッセー。書き手、常時募集しています

たまにわコラムその8~白黒をつけない~
tamaniwa.jpg
テニスにまつわるコラムをまじかながお届けしていきます。
前回のコラムでテニスと将棋の共通点に触れながら「引き分けがなく勝敗が決するまで続く」と書いたことに矛盾するようですが、実はオランダにおいてその前提を覆す試合を味わうことができます。

冬のインドアシーズンになると、「1時間マッチコンペ」というリーグ戦を催してくれるテニスクラブがあります。
この大会は、冬のあいだにテニス勘や試合勘を失わないための場という意味合いが強く、ゲーム数のカウントもセットごとに区切らず時間内にできるだけゲーム数をこなすというスタンスで行われます。

文字通り各試合はウォームアップを含め1時間1本勝負でありブザーがなった時点で試合終了となるため、終了時点のスコアは例えば9-3となったり、7-7のように引き分けにもなったりもします。
このように変則的な試合のため、公式戦扱いとはならずレーティングに関しても計算対象外の位置付けです。
大会というよりは練習試合の感覚で参加できることに加え、何といっても終了時間が読めるということがむしろ選手の立場からすると秀逸な企画だと感じました。

また、1週間程度を大会期間とするテニスクラブ主催の通常の公式戦とは異なり、3か月程度の期間のなかで都合のよい日時を調整しながら試合を消化することになります。
事務局側も極力、エントリー時に示したこちらの都合を尊重するよう試合を組んでくれますし、実際にわたしも子どもの送り迎えのような動かしにくい用事を後ろに控えた時間帯で試合をしたこともあります。このような柔軟な計らいができることも、オランダ流の仕事や余暇や子育ての両立やバランスに寄与する遠因かも知れないと感じた次第です。

日ごろ、勝負事としてのテニスに限らず夫婦喧嘩や共同生活者との小競り合いでもついつい白黒をはっきりつけたくなる方にとって制限時間があるのは不都合かも知れませんが、たまには時間切れ引き分けも是とするオランダ流の心持ちで楽しんでみては如何でしょうか。


関連記事

たまにわコラムその7~テニスなぞかけ~
colum_tennis.jpg
テニスにまつわるコラムをまじかながお届けしていきます。

一般になぞかけといえば、「テニスとかけて裁判ととく。そのこころは・・・どちらもCourt(テニスコート・裁判所)で行う」とか、「テニスとかけて会議ととく。そのこころは・・・どちらもonline(ライン上・リモート)が好ましい」などのような言い回しを指します。
今日はそのような文字通りのなぞかけというわけでなく、テニスとの共通点を感じる物事を取り上げようという趣旨ですので悪しからずご了承ください。

その1:オランダテニスと将棋

最近、日本でも高校生棋士の大活躍により将棋への注目度が高まっていますが、かねてよりテニスと将棋には多くの共通点があると感じていました。
・1対1で交互に打ち合う(指す)
・引き分けがなく勝敗が決するまで続く
・自分なりの「型」(シコラーやサーブ&ボレー、矢倉戦や棒銀戦法など)が出来上がっていく

そして、ここであえてことわりをいれている「オランダテニス」が持つ将棋との共通点とは、「感想戦」があることです。
プロの将棋で対局後に対戦者同士が行う振り返りは感想戦と呼ばれますが、オランダテニスにおいて感想戦に相当するものとは、当コラムでもたびたび触れる試合後のドリンク文化のことです。
あの時間はまさに感想戦そのもので、互いの健闘をたたえ合うと同時に勝負所となった場面を思い出しながら相手の視点でも振り返りができるというとても貴重な機会だと感じます。
余談ですが、多少の位置付けの違いはあるものの、ゴルフ(コンペ)のあとのパーティーもある意味で感想戦のような意味合いがあるように感じます。

その2:テニスとコロナ禍

いまや誰しもが程度の差はあれ「新たな日常」を強いられていることもあり、「コロナに克つ心」とか「しなやかに生きる」と銘打っては、あるべき心の持ちようが世の中で取り上げられている印象があります。

わたしはもとより、テニスと日々の生活にはある種の共通点を感じています。
日常生活で一日を終えて睡眠をとりまた新たな一日を過ごしていくように、テニスでも1ポイントごとにインターバルを挟んでは気持ちを切り替えながら臨む必要があります。
試合中に一つとして同じポイントは無いという点は人生の一日々々とも共通しますし、テニスで勝負所となるポイントがあるように、人生において特に大事な日というのも存在することでしょう。
そんな思索から発展し、コロナ禍における気の持ちようは、わたしなりに是とする試合中の気の持ちようを応用することが実は大いに役に立つのではないかと思い至りました。

「適度な緊張感を持つ」
→テニスにおいて萎縮しないため、あるいは反対に雑なプレーをしないために適度に緊張することはよいことだと考えています。
コロナ禍でも同様に大切と思われる“過不足なく正しく恐れる”ことに通ずるものがあります。

「勝つと思うな、思えば負けよ」
→上記の緊張感の反対のような話ですが、テニスに限らず勝負事には“戒め”の格言を探せば枚挙にいとまがありません。
野球でも「スパイクを脱いで下駄を履くまで分からない」と言われたりします。
人間は緩む生き物であることを経験が教えてくれているのでしょうが、一方でドストエフスキーが残したとされる「人間は何事にも慣れる存在だ」という言葉もあります。
どうやら緩むことと慣れることは似て非なるようで、なかなか難しいものです。

「自分の思い通りにいかない」
→そもそもテニスは相手や環境があって成立するものであり思い通りにいかないことが大前提であるはずですが、コロナ禍を含めた人生や日常だってそもそもそんなものであることを、わたしも自らに言い聞かせることが増えたかも知れません。
最近、目にすることが増えた “自粛警察”も“同調圧力”も、根は同じであるように感じます。
形は違えど、周囲を自分の思い通りにコントロールしたいという人間の潜在的な部分が表れているような気がしてなりません。

最後に、テニスとコロナ禍のなぞかけをもっともよく表してくれるのは、わたしが好きなテニス小説「青が散る」の中にあるくだりです。
「慌てても、焦っても、マッチポイントは近づいてこなかった。取ったり取られたりしながら、たんたんと積み重ねるしかないのだった」

たまにわコラムその6~テニスコートでオランダを“味わう”~
tennis_alcohol.jpg
テニスにまつわるコラムをまじかながお届けしていきます。

テニスをはじめとするスポーツにおいて、プレー前、プレー中、プレー後など適切なタイミングで栄養補給・摂取することでパフォーマンスを高められるという考え方が浸透するようになり、巷には色々な情報が飛び交うようになりました。
かくいうわたしも何をどういうタイミングで摂取するかに関しては日頃から気を付けるほうだと自負しますが、今回はそんな話にも通ずるようなものを中心に、オランダで遭遇したテニスと飲食物にまつわるエピソードを集めてみました。

その1:テニスとコーヒー

オランダでは個人戦トーナメントの充実ぶりもさることながら、”コンペ“と呼ばれる団体戦も見逃せません。
同じテニスクラブに所属する仲間でチームを結成し、他クラブに出向いてアウェイで試合をするか、自クラブにてホームとして相手を迎え撃つか、の2パターンがあります。
その際、ホームとアウェイいずれの場合でも、試合前にはまず互いのメンバー紹介を兼ねてテーブルを囲みお茶を飲むという慣習があります。過去のコラムでも試合後のドリンク文化について触れましたが、いわばその“試合前版”と言ったところでしょうか。
コーヒー(や紅茶)といえばカフェインを想起させ利尿作用を連想してしまうので、わたしにとっては試合前にはむしろ敬遠したい飲み物です。
そんなわけでいつもこの試合前ドリンクで何を飲もうかと逡巡するのですが、オランダ人の方々はたいてい気にする様子もなくしっかりと“お茶”しています。

その2:テニスと甘いもの

その1でとりあげた団体戦の試合前ドリンク時間ですが、実はお茶だけにとどまらず、ホーム側のおもてなしでケーキまで用意されていることも珍しくありません。
わたしとしては試合の一定時間前には食事を済ませるのが常で、試合直前に生クリームたっぷりのケーキを食べる気分にならないためおことわりをするのですが、試合前であろうとケーキとコーヒーでしっかりくつろぐ様子を見ると、社交場としてのテニスクラブという本来の位置付けを目の当たりにした気持ちになります。
オランダ人と言えばコーヒー好き、オランダ人と言えば甘いもの好き、とよく描写されますが、その象徴的な光景がテニスクラブでも見られるというのは興味深いものです。
余談ですが、この団体戦でも試合終了後のドリンクはしっかり行われ、そこではビタボーレンやフリカンデルなどのおつまみも出てきますので、団体戦は試合前だけでなく試合後もオランダらしさ満載です。

その3:テニスとアルコール

団体戦のチームメートであるオランダ人女子の試合中、コートチェンジでの出来事です。
わたしは飲み物が足りているかを彼女に尋ねたところ、なんとれっきとしたアルコール含有飲料である「APPLE BANDITを持ってきて」と言われました。耳を疑いましたが、ここは個人の意見を尊重する国だと思い直し、本人の希望どおりに届けてあげました。
プレー後の一杯が楽しみでテニスをしているという方はよく聞きますが、プレー中に飲んでしまったオランダ人にはさすがに驚かされました。

ところがプレー中のアルコールにまつわるエピソードはこれだけではありません。
試合中の教え子にビールを勧めたオランダ人コーチをテニスクラブで目撃したこともあり、このときも同じように仰天しました。
その言い分によると、アルコールが試合中の緊張やプレッシャーを解いてくれる精神的なメリットを期待していたそうですが、同時に肉体的なパフォーマンスを妨げるデメリットのほうが遥かに大きいだろう、というのがわたしの反論です。
といってもオランダ人は運動中にアルコールを飲む習慣があるという話ではありませんので、悪しからず誤解のないように。

あくまでオランダで遭遇した特殊な事例ということで紹介しましたが、ケガをしたくない方はくれぐれも真似をしないのが賢明でしょう。

たまにわコラムその1 「テニスコート上の口角泡」
majinaka_tennis-640x448.jpg
テニスにまつわるコラムを「まじかな」がお届けしていきます。

外出規制・自粛要請等で出鼻はくじかれましたが、オランダでも日本でも遅ればせながらようやく春のテニスシーズンが到来、と言える状況になってきたところでしょうか。
さて、オランダ人といえば「議論が好き」「よくしゃべる」というのが一大特徴のように言われますが、テニスコート上の彼ら彼女らとて例外ではありません。
わたしはオランダの各地を巡ってツアーを回る気分で数々のオープン大会に出場しましたが、とりわけセルフジャッジにおけるインやアウトの判定で口論となったこと、ほぼ毎試合です。

デン・ハーグのとあるテニスクラブで出場した試合ではこんなやり取りがありました。
相手のドロップショットがサイドラインを割って、わたしが「アウト」と判定した瞬間のこと。(※実際のやりとりは英語でしたが)

相手「いや、いまのはインだ」
自分「いや、アウトだよ」
相手「いや、おれは近くで見ていた。いまのは入っていた。」
自分「いや、一番近くで見ていたわたしがアウトと言っているのだからアウトだ。」
相手「でもおれも自信がある。レット(ポイントのやり直し)にしよう。」
自分「いや、それはおかしい。そもそもこれはセルフジャッジであり、自分側のコートを自分で判定するルールの中でわたしが自信を持ってアウトと言っている。ただそれだけだ。」
相手「でもこのおれが確かに見たのだから、レットにするべきだ。」
自分「じゃあ今後、逆にそっちの判定にこっちがおかしいと言えば常にレットにするのか?」
相手「そういうわけにはいかない。これと全く同じ状況が起きるわけではないのだから。」

この議論(口論?)の顛末はご想像にお任せしますが、たいてい試合が中断するときは万事この調子で、理屈のぶつけ合いかつ平行線です。しかもこのような寸劇は、15歳の少年からスポーツ心理学者に至るまでの多様な対戦相手と繰り返されたことからして、わたしにとっては属人的なものを超えたオランダ人そのものの特性として鮮やかに思い出されます。

遂にはあるとき、口を出す立場にないはずのコートサイドの観客から「いまのは入ってたよ。」と言われたことさえありましたから、この種の議論にはすっかり慣れていきました。
とはいえ、オランダにおけるテニスでは、片方のプレーヤーに疑義がある際にはレットにするというローカルルールとして存在する側面もあるため、外国人として「郷に入っては郷に従え」という言葉を思い出してレットにすべきなのだろうか、と内省もしました。
ある意味では「関係者全員で合意形成」を重んじる国民性がこんなところにも表れているのではないか、とすら感じるこの頃です。

一方で、日本人とひとくくりにするのも好きではありませんが、テニスに限らず日本人で学生時代からスポーツに取り組んで来たような方は、わたしも含め良くも悪くも「教育としての部活動」の影響を受けてきた方が多いのではないでしょうか。
そんな背景も手伝ってか、スポーツをする者の美徳として「礼に始まり礼で終わる」「対戦相手をリスペクトする」「審判の判定に不服を言わない」のような点は当然であると日本人は無意識に感じているふしがあります。それゆえに、日本のテニスでは学生同士でも社会人同士でも、セルフジャッジで微妙な判定だと感じてもせいぜい「いまのアウト?」とけん制をするくらいです。よほどの食い違いを感じなければ渋々でも次のポイントに進む、というのが最も多いパターンではないかと思います。
そこに来て自分の考えや意見の立ち位置を躊躇なく明確にすることこそが美徳と考える国に飛び込んでいったわけですから、わたしが新鮮な驚きを感じたことも無理からぬことであったわけですね。

新型コロナウイルス感染拡大防止に努めるこのご時世ですから「口角沫を飛ばす」わけにはいきませんが、議論の際もラリーと同様にネットを挟んで距離をとりながら、商魂たくましいオランダ人との「交渉」をテニスコート上でも楽しんでみてはいかがでしょうか。テニスのことになるとつい熱くなってしまう方には、楽しみな季節となりました。

ABNアムロ、世界テニス選手権本日準々決勝。ベスト8錦織選手も出場。
2月9日からロッテルダムのAHOYで行われているABNアムロ世界テニストーナメント。昨日14日には男子シングルス2回戦で錦織圭選手がラトビアのエルネスツ・ガルビス選手を6-1、6-4 で下し、ベスト8進出を決めた。本日15日は準々決勝に出場する。このツアーはオランダの銀行グループのABNアムロ銀行が冠スポンサーを務めている。大会の格はATPワールドツアー・500シリーズに属すもので、今回は日本の錦織圭選手が出場していることで、日本からも注目されている。
本日の予定は、
12:30 ガエル・モンフィス vs ダミール・ズムル
14:30 ダニール・メドベージェフ vs ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
19:30 スタン・ワウリンカ vs デニス・シャポバロフ
20:50 錦織圭 vsマートン・フクソービッチ

錦織選手の試合を観戦したい人は夜19:30から入場可能。チケット代は決勝に近づくにつれて上昇するが、本日分は1等席43ユーロ、2等席40ユーロとなっている。
(画像はABNアムロ世界テニストーナメントのHPから)

ABNAmroワールド・テニス・トーナメント(2月9日ー2月17日)
ABNアムロのワールドテニスは、ATPワールド・ツアー500の13トーナメントのひとつである。このトーナメントは毎年ロッテルダムで開催される。2019年は2月9日から始まり決勝は17日。
今年はプレイヤーに錦織圭選手も名を連ねているので日本人ファンも押しかけそうだ。

日時:2月9日ー2月17日
場所:ロッテルダムAHOY