ニュース

オランダのティーンエージャー、欧州の優等生? 喫煙、飲酒率低く
smoking.jpeg
自由と寛容の国オランダでは、さぞかしティーンエージャーの喫煙や飲酒率が高いと想像しがちだが、実際蓋を開けてみると欧州他国に比べかなり低いことが判明した。欧州35カ国の15歳と16歳の10,000人対象に行ったESPAD調査の結果である。

週に何回飲酒するかに関してはオランダは13位とそれほど高くない。ただし一回の飲酒量は多く、デンマークとノルウェイに次いで欧州3位。喫煙に関しては、ブルガリアがトップで22%。オランダは5.3%と30位とかなり喫煙率は低い。
これに対しカナビス(大麻)を使用したことがあるかという質問に、イエスと答えた15,6歳は22%と欧州平均の16%を上回っている。トップはイタリアで次いでフランスとオランダである。
欧州の喫煙率は高いほうだが、若者はタバコ離れしている。この傾向は2015年から見られ、現在まで続いている。

大麻使用の常習者というカテゴリーではオランダは11位。15,6歳の5.1%が常習者だ。
XTCピルを使用したことがあるかという質問では、欧州平均は2.3%であるのに対し、オランダでは3.5%とやや高い。コカインやLSDやクラックといった他のハードドラッグに関してはオランダは平均以下だ。


関連記事

オランダの特定の自治体で試験的「合法」大麻の栽培
オランダでは少量のマリファナの販売と購入は許可されているが、栽培は違法である。このためマリファナを販売するいわゆる「コーヒーショップ」は違法大麻を仕入れざる得ない。そしてこの違法大麻は往々にして犯罪組織が栽培や流通に絡んでいる。この犯罪組織による流通を防ぐため、オランダ政府は一部の自治体の自主的な大麻栽培を解禁することにした。これらの自治体では2012年から栽培と流通を行う計画だ。

この新プロジェクトに参加表明したのは、アルメール、アーネム、ブレダ、フローニンゲン、ヘールレン、ヘレフットスラウス、マーストリヒト、ナイメーヘン、ティルブルグそしてザーンスタットなど26市。委員会が今回の実験に申請した市町村に対しアドバイスを行う。

アムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、ユトレヒトの大4都市はこのプロジェクトに参加表明を行っていない。市内のすべてのコーヒーショップがこの規定内で営業を行うのが難しいというのがその理由だ。

これに対しアーネム市は政府の計画に賛同している。「今回の実験的措置が成功すれば、違法な場所から入手した非合法ソフトドラッグを販売する必要がなくなる。」と手放しで歓迎している。

政府は、今回の実験的措置により犯罪組織からのマリファナ購入を断ち切ることができるとともに、医療用マリファナの使用についても研究を進める意向だ。また今回の実験に参加するコーヒーショップは、これまでの500グラムという在庫制限を超えた大量の在庫も確保できることになる。


ワーヘニンゲン大学、「コーヒーショップ自給チェーン」用に大麻栽培
オランダの農業科学大学ワーヘニンゲン大学(WUR)は、政府が2019年から開始する「コーヒーショップ自給チェーンの実験」に参加する。オランダには大麻を合法に販売するコーヒーショップと呼ばれる店舗があるが、10の市町村が大麻の自給自足の実験を開始する。これらの市町村はコーヒーショップへ合法に大麻を供給するというもの。

現在オランダでは認可コーヒーショップにおける大麻の販売と使用は限定的に許可されているが、栽培は違法である。近年違法に大麻を栽培するケースが増加しており、特に犯罪組織によるものが暴力行為などの問題を起こしている。この「自給コーヒーショップ実験」を行うことで、政府は犯罪組織による大麻栽培を阻止しようと試みている。

ワーヘニンゲン大学でエリック・ポートさんが率いるチームは2年間大麻栽培を研究してきており、この植物に関し多くのデータを収集してきた。研究は太陽光の入る温室の中で行われている。チームは(医療用)大麻に含まれるTHCとCBDという物質についての研究に焦点を当て、栽培過程での太陽光の役割について研究している。大学は政府から栽培許可を得ているが、研究内容に関しては外部に漏らさないことが条件。ただし最近大麻が合法化されたカナダでは同大学の研究結果が利用されている。オランダ検察によれば、大麻の栽培と供給はオランダでは有罪だが、カナダなどへの合法の国への供給は有罪にならないという。

オランダ政府、合法大麻の試験的栽培と販売検討
オランダでは特定の店(コーヒーショップ)での特定の分量の大麻購入は許可されているが、往々にして店の仕入れ元に犯罪組織が絡んでいる。このため、大麻流通はある意味でグレーな領域となっている。
現在政府は犯罪組織を排除するために、合法的に栽培された大麻の合法販売実験を検討している。試験的販売は5年2ヶ月という期間が予定されている。フォルクスクラント紙によれば、政府はこの試験的な試みを警察、検察そしてオランダの市町村組合などに向け提案したもの。5年間のうち1年は準備期間だという。

栽培者は入札で決まる。試験期間はあくまでも特定の店への納入のみが許され、指定店場所での販売は許可されない。実験に参加するのは6−10の市町村で、全国にある特定のコーヒーショップ(大麻を販売する店)で販売することになる。この計画では、合法大麻が非合法業者の手に渡らないよう、包装と輸送に対する厳しい規則が設けられる。包装にはタバコのパッケージと同様、健康に関する警告が表示される。栽培する大麻の種類や価格に関しては、政府は専門家からなる委員会に決定を委ねる。

この実験と平行し、政府は大麻使用による健康への害を警告するキャンペーンを開始。合法大麻の販売により、大麻使用が当たり前のものだとみなされることを防ぐのが目的だ。ただこの実験がいつ始まるかはまだ不明。まず上院での承認が必要となる。

オランダ、大麻生産を政府の管理の元で容認か
オランダでは「コーヒーショップ」と呼ばれる許可店舗での少量の大麻販売は容認されており、基準値を下回る個人利用に関しても罰せられないが、大麻の栽培、所持、販売はいずれも違法である。オランダ下院は21日、政府の監督の下で大麻栽培を容認する法案を可決した。ただ現時点で上院での可決は難しいとみられ、法案成立の見通しは立っていない。

今回の下院での法案は77対72と僅差で可決したが、リベラルのD66党、労働党、緑の党、社会党、動物愛護党から支持を受けたものの、中道右派のVVD党や極右PVV党そしてキリスト教系3党はこれに反対した。D66党は、大麻を政府の管理下で生産することで違法栽培そしてこれを行う組織犯罪が減ると主張している。2015年には5856件の違法栽培畑を警察が廃棄処分している。

ラドバウト大学の犯罪リサーチセンターによれば、大麻生産の合法化は公共衛生および人権にメリットがあるという。非合法の大麻生産は、犯罪、暴力、火事、環境破壊やレジオネラ菌の繁殖などをもたらすと、同センター。しかし検察側は、国際条約に違反するとしてこれに反対している。

オランダ、「大麻は政府の管理下で栽培」法案に下院の過半数が賛成
大麻の栽培は政府の管理下にある畑地でのみ許可されるべき、という新法案が22日の国会にて提案された。大麻を販売するコーヒーショップはこの管理下の畑地で生産された大麻のみ扱うことができる。この法案には下院の過半数が賛同を示している。この法案の目的はオランダにおける犯罪組織の一掃である。

オランダでは大麻の購入と販売は基本的に違法であるが、条件付きで認可されている。ところが栽培は違法となっているため、販売者は犯罪組織や違法栽培者から購入せざる得ない。オランダのソフトドラッグ政策は、犯罪組織の手を通さずに流通させることで結果的に犯罪を減らすというものだが、この供給源が犯罪組織ということになれば全く意味をなさないものになっていた。今回の法案はリベラルのD66党が提出したもので、この中には大麻の品質管理も含まれている。「現在流通している製品は粗悪なものも多い。政府管理下の生産で品質も管理する。」という。
法案は上院での審議で決定する。