ニュース

コロナワクチン、病人と高齢者優先
coronavirus-vaccine.jpg
オランダ健康管理委員会(Gezondheidsraad)は、木曜日政府に対しコロナワクチン接種について提案書を提出した。提案書によれば、数ヶ月以内にワクチンが実用化される見通しだが、オランダの住民全員が接種を受けられる量はないとみられる。最初は重篤患者そして、老人ホーム入居者、60歳以上の人、そして糖尿病患者や心臓循環器系患者などリスクグループと呼ばれる人たちが優先される。また医療上ワクチンが接種できない病人を看護する人たちも優先対象となる。

さらに医療機関で働く人達も優先される。その後、接触業の人なども他人への感染を防ぐためにワクチン接種が可能となる。
政府はコロナワクチン接種の義務化は行わない意向だ。閣僚の中でもワクチン接種は行わないという人もいる。

先週から有望なワクチンが開発されたというニュースが相次いでいる。ファイザーは臨床試験で95%の予防効果を、競合のモデルナも94.5%の予防効果と高い効果を発表している。他の製薬会社もおそらくこれに続くとみられる。オランダは欧州委員会(EC)を通してワクチンの取得をする。ECは数社に対し数億回分を注文しているが、オランダは人口比に応じその中から4%程度割り当てられる見込み。


関連記事

オランダ、他の3国と共同でコロナワクチン開発に英製薬会社と契約
coronavaccine.png
オランダはドイツ、フランス、イタリアとともに、コロナウィルスを開発中の製薬会社アストラゼネカと少なくとも3億回分のワクチンを購入する契約を結んだ。ワクチンはまだ研究中で実際に製造が可能かどうかまだ不明であるが、国民健康省大臣デ・ヨング氏が国会で報告した。ワクチン開発には英国のオックスフォード大学の研究員が関わっており、現時点で大規模な臨床段階にある。現在1万人が臨床実験に臨んでいるが、今月末には3万人が参加する予定だ。

デ・ヨング大臣によれば、開発の失敗はあらゆる段階での可能性がつきまとう。そのため、オランダは他の3国とともに「ワクチン同盟」を結び開発に参加することとなった。WHOによれば現在世界で臨床が行われているワクチンは10種類ある。さらに臨床実験以前の段階では126のワクチンが開発準備中だ。

今回のコロナワクチン開発が成功すれば、今年末にはヨーロッパで3億から4億回分のワクチンが利用可能となる。
アストラゼネカ社はEU諸国だけでなく、イギリスやアメリカとも契約を結んでいる。

オランダの製薬会社、エボラ熱ワクチンの人体テスト開始
オランダの製薬会社ヤンセン・ファーマ(旧クルセル)社は同社が開発したエボラ熱ワクチンを今週から人体で試験を開始する。すでにオックスフォード大学の教授数名がこのワクチンの接種を受けている。
ヤンセン社はこのワクチンをスイスで40万人分製造した。今回の人体実験で効果があることが実証されれば実際の接種を開始する。今年は200万人分のワクチンの製造が可能で、1年半以内にはこれが500万人分と増産できる予定。

ヤンセン社は2002年からエボラ熱ワクチンの開発を行ってきた。親会社のジョンソン&ジョンソンは1億6000万ユーロ(約200億円)を投資しこの開発のスピードアップを図ってきたが、昨年よりデンマークのババリアン・ノルディック社との協力により開発のテンポは急激に速まった。
WHOの最新の統計によれば世界では20,000人がエボラ・ウィルスに感染しており、7,800人が亡くなっている。