ニュース

ちょっと違ったクリスマス
 christmas.jpg
コロナ規制の行方がまだはっきりしないオランダ、今年のクリスマス休暇は旅行に行かずに家で過ごす人が多そうだ。クリスマスツリーも例年より早く売り出され売れ行も好調だという。家でご馳走を食べるほかに、少しだけ有意義なクリスマスを祝う方法もあるので紹介。(De Telegraaf紙参照)

*クリスマスプレゼントを寄付
「Stichting Donner je Kerstcadeau」(クリスマスプレゼントを寄付)基金では、クリスマスに募金を募っている。オランダに暮らす419,000人の貧しい子どもたちにもクリスマスを楽しんでもらうよう商品券を贈るというもの。この基金はフードバンク(貧しい人へ食料を配給)と共同で行っている。詳細Doneer je Kerstcadeau

* クリスマスツリーを象に
クリスマスが終わるとゴミになってしまうクリスマスツリー。1月に入ってクリスマスツリーを集める日があり、その日にゴミとして出すこともできるが、象のおもちゃとして寄付するという方法もある。寄付を受け付けているのはアメルスフォールトの動物園。
https://dierenparkamersfoort.nl/olifanten-stormen-op-kerstbomen-af/

* DIYのお手伝い
「暖かい冬の週(Warme Winter Weken)」と名付けられたキャンペーン期間中、いろいろなボランティア活動に参加できる。例えば、高齢者のクリスマスツリーを飾るのを手伝うといういった活動だ。各市町村のボランティア団体にコンタクトするといい。

*クリスマスカードを慈善団体へ
だんだんと姿を消しているクリスマスカードだが、やはり受け取って嬉しい人は多い。カードを買うと自動的に慈善団体への寄付となるカードがある。「慈善クリスマスカード(Goede Doelen Kerstkaarten)」を通して買うカードは、自分でデザインすることも可能。1枚につき40セントが、戦争の子供(War Child)」や世界自然保護基金(WWF)そして小児がん撲滅団体KIKAなどに寄付される。
https://www.goededoelkerstkaarten.nl/


* 一人暮らしの高齢者にクリスマスカードを
オランダ高齢者基金(Het Nationaal Ouderenfonds)が主催するクリスマスカードキャンペーン。高齢者のうち20万人はクリスマスを一人で過ごす。このうち85%は孤独感を他人に話すことが難しいと考えている。毎年オランダ郵便(PostNL)とキッズウィークが共同でこれらの高齢者にクリスマスカードを送るキャンペーンを行っている。12月25日までにカードの配達を自分ですることもできるし、高齢者基金を通して送ることも可能。
https://ouderenfonds.nl/verhaal/grote-kerstkaartenactie-voor-eenzame-ouderen-in-deze-tijd-onmisbaar

* ホームパーティの代わりに
人を家に招待するのは今年はコロナ規制で難しいが、例えば庭で近所の人々にグリューワインをふるまったり、買い物ができない高齢者にケーキを届けるなど、クリスマスを機会にやってみるのもいい。


関連記事

「孤独」「金銭的問題」「健康の不安」など、赤十字のヘルプライン、クリスマスもオープン
redcross.jpeg
オランダ赤十字は、コロナ禍による金銭的そして精神的に打撃を受けた人に対する相談をおこなっている。すでに35,000人が利用しているという。社会的な弱者といわれる人や孤独感を感じている人向けに、赤十字ヘルプラインとよばれる電話(070-4455 888)やワッツアップによる相談を受けるため、クリスマスや新年も電話オペレーターやコーチを待機させている。オランダ語がほとんど話せない人向けにもこのサービスをおこなっている。また「Blijfovereind」と呼ばれるコーチングの団体は、とくに若い人向けにこのクリスマス中に相談にのる。赤十字と政府が提携しているこのコーチングサービスは、約1時間半のセッションで無料。英語でも可能だ。孤独感を抱えている人というと一人暮らしの高齢者を想像するが、実際には若い人も多いという。

赤十字によれば、コロナ第2波のほうが第一波よりも助けを求める人が増えているという。孤独感だけでなく、医療上の問題や食料が足りないといった相談や、ホームレスになってしまったり、社会的な問題で精神的に不安定だというケースも増えている。相談する人は、16歳から30歳の若い人が全体の3分の1以上だと赤十字。ロックダウンで社会との接触が断たれただけでなく、暗くて寒いという時期も影響していると見られる。 (画像:Rodekruis)

ガッサンダイヤモンド、クリスマス・年始特別割引のお知らせ
gassanring-blue.jpg
アムステルダム最大のダイヤモンド会社「ガッサンダイヤモンド」は、ダイヤモンド製品だけでなく、ジュエリーそして時計を販売しております。ご帰国の際の免税販売だけでなく、ジュエリーの10%割引も期間限定で提供させていただいています。

ロックダウンの今、実際に店舗でご購入されるのは難しいのですが、オンラインあるいはお電話にて日本人社員がお客様のご要望にそった商品を選ぶお手伝いをさせていただきます。また、オンラインでご購入された方の商品は弊社ドライバーがオランダ国内くまなくお届けに上がります。

今、ガッサンが自信をもってお勧めする商品は?

■ダイヤモンドの価値を決めるのは4Cといわれる「カラット」「カラー」「クラリティ」そして「カット」です。最初の3つの要素がダイヤモンドが生まれつき持つものであることに対して、カットは人の手で加えられる要素となります。このカット(研磨)技術でガッサンは世界でも最も高いと言われています。とくにガッサンだけが誇る121面カットのダイヤモンドは、通常のカットと比較すると輝きが全く違います。
ガッサンでしか入手できない、この121面カットのダイヤモンドはお勧めです。

■ジュエリー
リング、ブレスレット、イヤリングなどオリジナルの商品を用意しております。
この中でも日本人に似合うさりげない一粒ダイヤモンドのネックレスはお勧めです。

■時計
ガッサンでは、ローレックス、オメガ、など高級ウォッチを揃えています。日本人の腕に合うカルチエの時計は人気ですが、年々値上がりしております。ぜひこの機会にご購入をお勧めします。

お問い合わせは、japan@gassandiamonds.nl まで日本語でどうぞ。

 クリスマス休暇時期、コロナ規制緩和はあるか?
christmas-dinner.jpg
クリスマス休暇の時期が近づいているが、「部分的ロックダウンやコロナ規制は緩和されるのか」というのがオランダに住む人の最大の関心事である。昨日日曜日にも首相官邸に首相や大臣そして国立衛生環境研究所(RIVM)所長などが集まり、規制緩和について会議が行われた。会議の結果は火曜日の定例記者会見にて発表されるが、コロナウィルス感染陽性者数は相変わらず増加している。日曜日の感染者数は6814名と過去7日間の平均を上回った。この状況下では、現在の規制緩和はないというのが大半のオランダメディアの予想である。政府にコロナ関連のアドバイスを行っているアウトブレイクマネジメント・チーム(OMT)も、テレビ会見にて「ウィルスはまだ消滅していず、感染はまだ広がっているという状態でクリスマス時期の規制緩和はすべきではない」と発表している。

オランダは10月半ばから部分的ロックダウンに入っており、飲食店の閉鎖とスポーツイベントの中止などが実施されている。現在自宅に招待できるのは3人までだが、これがクリスマス時期には6人までに緩和されるという希望的観測もあったが、これもどうなるのかは未定だ。

コロナ規制、クリスマスや正月休暇はどうなるのか?
infection.png
12月から1月初頭にかけて休暇旅行やパーティの計画はたてられるのか? レストランやバーは再開するのか? オランダ人の最大の関心事である年末年始の規制について、本日火曜日夜の記者会見で首相と国民健康省大臣が発表する。我慢を強いられてきた国民にある程度の規制緩和も必要だが、緩和でコロナ感染拡大が再燃するかもしれないという懸念もある。

第一波が去った6月の規制緩和と比べ、おそらく今回の緩和はゆっくりと段階を踏んだものになりそうだ。少なくとも第3波を引き起こすようなものであってはならない。12日前から2週間の期限付きで行われた美術館、劇場、図書館、プール、動物園などの閉鎖は水曜日が期限となっており、木曜日から再開するはずだ。この2週間の閉鎖が実際にどれだけの効果があったのかはまだ分析されていない。

10月13日から強制されている飲食店閉鎖という部分的ロックダウンに関しては大きな効果が出ていることは明らかで、感染のピークは過ぎたことも確かだ。1日毎の感染者数は増減があるが週毎に見ると減少の途をたどっている。ただし、先週の減少のペースは先々週よりも遅い。昨日月曜日のウィルス検査陽性者数は4873人と先週の月曜日よりも増えている。

政府の方針では、「1日の感染者数が1200人以下になった時点で緩和が可能」となっている。ICUへの入院者数も1日10人以下でなくてはならない。デ・ヨング大臣は感染者数の減少は認めるものの、まだまだ高いとコメントしている。
今一番気になるのは部分的ロックダウンの解除、つまり飲食店の再開であることは間違いない。しかし夏の再開後にコロナ感染者数が増えたという経験から政府は非常に注意深くなっている。
本日の記者会見は午後19時から。

オランダの店舗、クリスマスの日も開店が増える
オランダ(と多くの欧州諸国)では12月25日と26日はクリスマスの祝日。日本の元旦に当たる。一昔前にはクリスマス(12月25日)に店を開けるところはほぼ皆無だったが、最近では開店するところが多い。アムステルダム、ハーグ、ロッテルダムではスーパーマーケットの70%が開店。全国では約3分の1のスーパーが開くという。詳細は、下記のOpeningstijden.nlで。

5年前には200店舗が12月25日に店を開けていた。ところが今では1200店舗に増えている。ただし、バイブルベルトと呼ばれる敬虔なキリスト教徒の多い地区は別。殆どの店が閉店している。

スーパーマーケットだけでなく、ドラッグストアやデパートも開店するところが増えている。ドラッグストアでは、クリスマスプレゼントをラストミニッツで買う人や日常品を求める人も多いからだ。

さて、クリスマスに働かねばならない従業員はこれをどうとっているのか?雇用側によれば、キリスト教徒以外の従業員(イスラム、ユダヤ教など)は、この日に働いて自分たちの祝日に休みたいという人が多いため、問題ないという。