ニュース

ハイネケン、コロナによる営業不振で8000人解雇
heineken.png
コロナ危機は世界的なビール醸造メーカーであるハイネケンにも大きな打撃を与えている。ロックダウンによる飲食店閉鎖や営業時間短縮などで、昨年度の利益は49%減少したため、コスト削減目的で全世界の従業員者の10%にあたる8000人を解雇すると発表した。また今後の展望も明るくない。世界各国でハイネケンビールが販売されている飲食店のうち、オープンしているのは30%に満たないという。この状況が改善されるのはおそらく今年の後半になりそうだと、ハイネケンは予想している。

同社の純利益は2019年の25億ユーロから2020年には12億ユーロへ転落した。49%の減少である。売上は197億ユーロと12%の下落だ。このためコスト削減を目指すハイネケンは人件費削減のため8000人の解雇に踏み切った。
ハイネケンビールの売上は8%減少したが、ノンアルコールビールの売れ行きは伸びているという。また飲食店の閉鎖で、スーパーマーケットやオンラインでの売上も伸びている。

営業不振にもかかわらず、ハイネケンはコロナ危機で損害を被った飲食店の援助をしている。ハイネケンを扱う店舗の家賃の補填だけで5000万ユーロを援助。また、2300万ユーロを赤十字や医療関係者へ寄付している。


関連記事

ハイネケンを誘拐したオランダ史上最悪の犯罪者ホーレーダーの公判が始まる。
6名を殺害したとして裁判にかけられているオランダ史上最悪と呼ばれる犯罪者ヴィレム・ホーレーダー(59)の公判が5日始まる。ホーレーダーは殺し屋を使い6人を殺害したとされているが、実際に十分な証拠が見つかったのか、そして犯罪グループの仲間や自分の姉妹たちからの糾弾ははたして事実なのかが、オランダ人の関心を集めている。裁判はこれから数ヶ月に渡ってアムステルダムで行われるが、実際にどのような判決が下るのだろうか。

ホーレーダーの犯罪歴は1983年にハイネケンビールの経営者であるフレディ・ハイネケン氏を誘拐し3500万ギルダー(約23億円)を要求したことに始まる。身代金はホーレーダーの手に渡ったが、地下に埋めたとされるこの金はいまだに見つかっていない。ホーレーダはーは11年の禁固刑を言い渡される。その後ホーレーダーは2002年から2006年の間に、地下組織の犯罪者ら6名を殺害命令を下したとされ9年の刑が下されるが2012年に釈放されている。このほかにもおよそ25人の殺害事件にホーレーダーは関与したと見られている。

現在ホーレーダーはオランダ南部フフト(Vught)にある特別刑務所に3年間監禁されている。その間にも監視の目をくぐり、獄中からホーレーダーの悪行を暴いた実の姉妹であるアストリッドとソーニャへ危害を加えるよう手配していたといわれる。ハイネケン氏誘拐事件は当時世界中の注目が集まり、映画化もされた。

ハイネケン、遅ればせながらノン・アルコールビール市場参入
本日、ハイネケンビールは初のノンアルコールビール「ハイネケン0.0」を発表する。この開発にはなんと2年も費やしている。通常ノンアルコールビールは甘すぎたり渋みがなかったりと、本物のビールとは異なり、人気がなかった。この「ハイネケン0.0」は、研究を重ね本物のビールに近い味を醸造するのに成功したという。

ノンアルコールビールの開発は、将来的な市場の伸びを見通したもの。オランダではアルコールを摂取できる年齢が16歳から18歳に引き上げられたのと、酒帯び運転の取締まりが厳しくなったため、ノンアルコールビールの需要が拡大している。2010年から消費は倍増し、昨年には消費は18%増加している。

「ハイネケン0.0」は今月からオランダ市場に登場、4月から世界中で販売されることになる。アルコール摂取が禁止されているイスラム圏での販売にも乗り出すという。


蘭ハイネケンビール、ベルギーのスペシャルビール醸造所買収に意欲
ベルギーのスペシャル・ビール「カーメリート」「クワック」そして「デウス」を醸造するビールメーカー「ボステールス」の買収をめぐり、オランダのハイネケン社とベルギーのデュベル社が競っている。ハイネケンは、国際市場でのスペシャル・ビールのシェアを拡大するのが目的だという。どのカテゴリーにも属さない、いわゆる地ビールがスペシャルビールと称されているが、最近では世界でも注目され、ハイネケンのような伝統的な巨大ビール企業がこれに目をつけている。

ベルギーで「デュベル」などを醸造するデュベル・モルトガット社もこのボステールス社の買収に意欲を示している。同社は、昨年アムステルダムの小さな醸造所である「ブラウワリー・ヘット・アイ('t IJ)」のほか、9ヶ所の醸造所を買収している。「ラ・シュフ」「コーニンク」「ヴェデット」もデュベルが買収したブランドである。
(画像:Kwak Beer、Wikipedia)

ハイネケンとスーパーマーケット「Jumbo」のビール戦争
オランダ大手スーパーマーケット「ユンボ(Jumbo)」は4日、新聞にハイネケンビールがビールケースを十分に供給しないという抗議広告を掲載した。同スーパーはハイネケンを告訴すると発表している。これに対しハイネケン側はビールケースが足りないためと説明しているが、ユンボはそれはありえないと反発。両者はこの広告掲載前から長い間「戦争状態」にあった。
ユンボは24本ケース入りビールを目玉商品として特別価格で販売している。ユンボが出した新聞広告は「ハイネケンはケース売りキャンペーン期間が長すぎると見ています。でも私たちはこの価格設定を変える計画はありません。」というもので、ハイネケンの小売価格に対する干渉を非難、さらに1ケースを買うと2ケース目は半額というキャンペーンまで始めたのである。

オランダそしてEUの法規制によれば、製造業者が小売価格に干渉するのは禁じられている。ハイネケンも「小売価格は当然自由競争である。」との見解を公表しており、「現在ユンボ側と調停中である。」という。
現在ユンボではブラスチックのケースが足りないため24本入りダンボール箱で販売しているが、このビール戦争も消費者にとっては悪くない。

オランダ最強ブランドは、シェル、ING, ハイネケン
世界で最も強いブランドトップ100に、オランダのシェル、ハイネケン、そしてING銀行が入った。このリストのトップはアップル。ミルウォード・ブラウンが毎年行っているブランド価値調査の2015年版である。オランダの企業で予想外だったのはING銀行。数年前には倒産の危機にあったが、今年は強力なブランドとして認識されている。

ミルウォード・ブラウンの行っている調査は、企業が市場そして株式市場でどのように展開しているかだけでなく、消費者がそのブランドをどのように見ているかも重要なポイントとなっている。シェルのブランド価値は190億ドルで、リスト中のオランダ企業ではトップである。ING銀行はブランド価値115億ドルと金融機関では5位。ハイネケンはブランド価値100億ドルとビール企業中では3位となった。

中国企業がこのトップ100企業になんと14社も登場している。10年前までは1社であった。この中でも最もブランド価値が高いのがアリババ。アリババは最近米国の株式市場で上場している。ミルウォード・ブラウンによれば、アリババはアップルの座を奪うかもしれないという。