ニュース

オランダ政府、アストラゼネカ製ワクチンの接種見合わせ
astrazeneca.jpg
オランダ保健省は14日夜、今後2週間アストラゼネカのコロナワクチンを一時的に投与しないと発表した。他国で予防接種を受けた人に血栓が発生したため予防措置としてこの決定をしたもの。ワクチン接種と血栓の間に実際に関連があるかどうかはまだ調査中だ。

オランダの他にもドイツ、フランス、イタリア、スペイン政府は15日にアストラゼネカ製ワクチンの接種を一時的見合わせると発表している。オランダではこの症状が出た人はまだ出ていない。

一方、アストラゼネカは14日、安全性に問題はないとの見解を発表している。これまでに接種を受けた英国やEUの1700万人以上のデータを確認した結果、「年齢や性別、ワクチンの製造時期などによって血栓症などのリスクが高まる根拠は見つかっていない」と説明している。

オランダでは、アストラゼネカワクチンは、60〜64歳の人々、ダウン症の人、病的肥満の人、精神保健施設の患者、および介護従事者に適用されている。ワクチンは保健所(GGD)によって投与される場合もあれば、ホームドクターによって投与される場合もある。アストラゼネカワクチンは、2月12日からオランダで投与開始している。また先週アストラゼネカワクチンを65歳以上の人々にも使用することを推奨していた。この一時停止でまたワクチン投与が遅れることは否めない。


関連記事

オランダ、60歳未満のアストラゼネカワクチンの接種は禁止。その他は計画通り
vaccinationplan.png
アストラゼネカのコロナウィルスワクチンの接種について政府は何度か方針を変えてきたが、8日、1961年以降に生まれた人はこのワクチンを接種しないと決定した。1960年以前に生まれた人(60歳以上)はアストラゼネカのワクチンが他のワクチンを並んで接種される。この決定は政府保健委員会の提言によるもの。アストラゼネカのワクチンの副反応として非常に稀に血栓が発生するという危険性が見られるが、60歳以上の人がコロナウィルスに感染し重篤化するリスクと秤にかけると、このワクチンを接種したほうがいいという結論に達したという経緯がある。

オランダではファイザー(BioNTech/Pfizer)、モデルナ、アストラゼネカ、そしてオランダ製のヤンセンの4種類のワクチンの接種が可能だ。どの年齢層にどのワクチンが適しているのかは政府が決定し、接種計画が作成されている。(リンク)

計画によれば現在60−64歳の人と60歳未満でもダウン症なのリスクが高い人は、ホームドクター経由でワクチン接種のお知らせが送られてくる。どのワクチンが接種されるかはホームドクターからの手紙に記載されている。計画表には保健所(GGD)経由での接種も含まれている。こちらは上記4種のワクチンのどれかとなるが、自分で選ぶことはできない。
もし指定されたワクチンに不満がある場合には、接種拒否は可能だが、そのあとにいつ順番が回ってくるかはわからない。
この計画表によれば健康な59歳以下の人は5月ごろから接種が始まり、18歳から28歳は6月末ごろから第一回目の接種となりそうだ。

表中のオレンジ色はファイザー、ピンクはモデルナ、ブルーがアストラゼネカ