ニュース

ロックダウン3週間延長、3月23日の記者会見で
lockdown_april20.png
本日23日夜の記者会見にて、ルッテ首相は現在のロックダウンは4月20日まで継続すると発表した。コロナウィルス感染者数が減らず入院患者も増えていることから今回の延長決定となったと首相は説明している。現在施行されているコロナ規制はすべて継続されるが、夜間外出禁止令のみが若干緩和され、これまでの夜21時から早朝4時30分までが、夜22時からとなる。この変更は3月31日から有効となる。
今週の日曜日(3月28日)から夏時間となり、明るい時間が延びるため外で夜を過ごす人が増えるという理由でこの延長が決まったという。しかしながら、夜間外出禁止令の効果がまだ明らかにされていないため、この禁止令自体に疑問を抱く人が多いことも確かだ。記者会見中、記者団からもこの時間延長についての質問があったが、首相からは納得のいく返答は出てこなかった。

国立衛生環境研究所(RIVM)によれば、状況は悪化しているという。ここ数週間感染者数は増加しているだけでなく、一人が他の人に感染させる数であるR指数も1.06から1.11へと上がった。

ルッテ首相は、フランスやドイツの例をあげて欧州他国の状況も厳しいことを強調し、規制の強化はオランダだけでないことを説明した。今できることは、手を洗い、症状があれば外に出ないといった基本を守ること以外にないと述べている。


関連記事

イギリスの変異株の蔓延で、ロックダウン3月2日まで延長に
 lockdown.JPG
本日19時に行われた記者会見にて、ルッテ(暫定内閣)首相は、コロナ第3波に襲われるのを防げないかもしれないと語った。「異常な速さで拡大するイギリス変異株のウィルスがオランダ中を席巻している。このためロックダウンは3月2日まで延長する。これは中高等学校も同様で3月2日までは開校しない。」と発表した。現在コロナウィルスで陽性反応が出た人のなんと3分の2がこのイギリス変異株に感染した人。そしてこの変異株はこれまでのコロナウィルスと比較すると1.5倍の感染力を持つという。記者会見にて発表された規制は以下の通り。

1.ロックダウンは3月2日まで続行。中高等学校は3月2日まで閉校。開校してからも1.5メートル規制は続く。
2.夜間外出禁止令は2月9日まで。しかし、現在の禁止令による効果を分析し、これがさらに延長されるか否かが決まるという。
3.小学校と保育所は2月8日から再開。
4.スーパーマーケットや食品店以外の店舗は再開するが、注文された品物を渡すのみが許可される。(クリック&コレクト)


ロックダウンは2月末まで延長か?
PCHooft.jpg.png
本日2日午後19時からの記者会見で発表があるが、その前にメディアが入手した情報によれば、小学校の再開や店舗の一部機能再開などの規制緩和はあるものの、ロックダウンは2月末あるいは3月初頭まで延長されそうである。
店舗は、来週から注文した商品の受け取りのみ再開できる。ロックダウンは延長され、飲食店、映画館、美術館などの日常生活に必須ではない場所は閉鎖が続く。

夜間外出禁止令に関してはまだ決定していないが、感染者数が減りつつあるのを考慮し、おそらく2月9日は終了される可能性が高い。

感染者数は減りつつあるも、まだ安心できるレベルではないというのに、なぜ小学校を再開するなどの緩和が実施されるのか? ウィルス専門家の間ではまだ危険であるという意見が出ている。政府はおそらく3月の総選挙を見据え、この「少しだけの緩和」を国民に示したという分析もある。
実際の決定事項は今夜19:00に発表される。
(画像:アムステルダムのPC Hoofdstraat、店舗が略奪を避けるてめに商品をコンテナに積載したり、ウィンドウを板で閉じている)

新型コロナウイルス関連情報(現在のロックダウン措置の更なる強化等) 2021-1-20
本日20日(水)午後2時より、ルッテ首相及びデ・ヨンゲ保健・福祉・スポーツ大臣が記者会見し、新型コロナウイルス対策に関して昨年12月15日(火)から実施されているロックダウンの措置に関連し、同措置を強化することなどについて発表しました。
 この発表に関連し、オランダ政府がホームページ上に具体的な内容を公表しておりますので、その概要について以下のとおりお知らせいたします。
 なお、詳細は、「 https://www.rijksoverheid.nl/actueel/nieuws/2021/01/20/lockdown-verder-aangescherpt-vanwege-zorgen-om-nieuwe-virusvarianten 」(蘭語)をご参照ください。

1 追加対策の背景及び目的
(1)政府は、これまでのものと比較して、感染力の強い英国型新型コロナウイルス変異株について非常に懸念をしている。また、懸念を引き起こす他の変異株も存在する。これらの新たな変異株をコントロールするため、追加対策が必要である。

(2)追加対策の目的は、現在の感染レベルを下げ、現在流行しているウイルスと新たな変異株のウイルスの拡散を遅らせ、新たな変異株の流入を可能な限り最小化することである。これにより、新たな変異株が優勢になるのを可能な限り遅らせることができる。さらに、医療機関が今後数か月間、新型コロナウイルス患者のための余剰を維持し、他の医療を可能な限り継続できるようにするためにも重要である。
(注:記者会見の質疑応答では、措置緩和として最初に検討されるものとして、夜間外出禁止及び小学校の閉鎖である旨の言及がありました。)

2 追加対策の内容
(1)夜間外出禁止
○政府は、下院の承認を経た後、数日以内にオランダ全土での夜間外出禁止を導入する計画である(注:記者会見の質疑応答では、仮に下院が明日(1月21日(木))、承認する場合、同措置は、1月23日(土)、若しくは、24日(日)から開始され得ると言及がありました。)。その意図は、午後8時30分から午前4時30分まで人々を屋内にとどまらせることである。有効な理由なしに、夜間外出禁止の間に外出することは禁じられる。下院の承認後、詳細が公表される。夜間外出禁止は、原則として、2月10日(水)午前4時30分まで適用される。
○以下の場合、例外に該当する。
・緊急事態の場合。
・自分自身、サポートを必要とする者、若しくは、動物が、緊急に(医療の)支援が必要な場合。
・雇用主が業務のために外出することを要求する場合。
・自身が海外へ渡航する場合、若しくは、オランダへ戻る場合。
・葬儀に関連して外出しており、それを証明できる場合。
・裁判官、検察からの召喚、もしくは、異議申立てや控訴の審理に関連して外出しており、それを証明できる場合。
・リードを付けた犬を散歩する場合。これは一人で行うこと。
○外出が必要である場合、自己宣言フォーム(注:現時点で、該当ページにフォームは掲載されておりません。)を持参しなければならない。仕事で外出する必要がある場合、雇用主によるステートメントを提示する必要がある。いくつかのケースにおいては、フォームを必要としない。詳細情報は、該当ページ( https://www.rijksoverheid.nl/onderwerpen/coronavirus-covid-19/avondklok )を参照のこと。
(注:記者会見の質疑応答において、取締りは厳格に実施され、警告が行われることはなく、違反者には即座に95ユーロの罰金が科される旨、さらに、書類を偽造した場合、犯罪であり、より厳しく罰せられると言及がありました。)

(2)追加的な渡航制限
 以下のア~ウの3つの措置については、1月23日(土)午前0時1分から実施される。

ア フライト禁止措置等
○英国について、フライト禁止及び船舶の停泊禁止を適用する。
○フライト禁止は、南アフリカ、ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、チリ、コロンビア、エクアドル、フランス領ギアナ、ガイアナ、カーボ・ベルデ、パナマ、パラグアイ、ペルー、スリナム、ウルグアイ、ベネズエラからの旅客便にも適用する。
○この航空機の乗り入れ禁止は、現時点で、最大1か月間、若しくは、旅行者に対する強制的な検疫が法的に規定されるまで適用される。

イ ハイリスク地域(注:1月20日(水)時点では、日本は安全な国に指定されています。)からのすべての旅行者に対する迅速検査提出義務化
○ハイリスク地域から航空機又は船舶でオランダへ到着するすべての旅行者は、オランダへの出発直前に実施された陰性の迅速検査結果を提示する必要がある。この検査は、搭乗から遡って4時間以内のものである必要がある。迅速検査は、空港や港周辺のどこでも実施できるわけではないため、二重の検査義務を課すことにより、実質的にオランダへの渡航を減少させることになると期待される。
○陰性の迅速検査結果の提示は、既に義務付けられている陰性のPCR検査結果(到着から遡って72時間以内のもの。)の提示に加えて行われる。
○これらの措置は、オランダ領カリブ海領域の旅行者にも適用する。
○ハイリスク地域からの旅行者は、オランダ到着後、10日間の自己検疫を行わなければならない。なお、到着から5日後、検査を受けることも可能である。このPCR検査の結果が陰性の場合、検疫は終了する。

ウ 入国禁止の例外リストの見直し
○政府は、EU域外の国から渡航する旅行者に対する入国禁止の例外リストを見直すことを決定した。これにより、ビジネスを目的とした渡航者、学生、高度なスキルを有する移民、文化・クリエイティブセクターの専門家、短期滞在を目的とする遠距離恋愛者等はオランダへの入国が禁止される。

(3)自宅への訪問制限の厳格化等(注:最短でも2月9日(火)まで実施。)
○自宅へ客を招く場合、1日あたり、13歳以上の訪問客は1名までとする。
○さらに、1日に1度までの訪問とするよう要請する。
○自宅勤務について、再度、強く要請する。

(4)自己隔離の義務化
○新たな変異株に関し、隔離ルールに従わないことは、ウイルスの拡散リスクを拡大させるため、政府は、隔離ルールを義務化する方策を検討している。オランダへの渡航者を登録し、自己隔離中の人に電話をかけるなどの対応を検討している(注:記者会見の質疑応答では、ランダムに実施される旨の言及がありました。)。今後、詳細が発表される。

(5)葬儀
○政府は、Outbreak Management Team(OMT)(注:政府に対して勧告を行う専門家会議)の助言を踏まえ、葬儀の参列者数の上限についてのルールを調整する。1月25日(月)から、葬儀の参列者数は最大50名までとなる。

ロックダウン、厳しいのはオランダだけ? 欧州他国でのコロナ規制
coronaeurope.png
感染者数の減少が十分でないため、昨日オランダは3週間のロックダウン延長を決定した。しかし同じように感染者が多い他国でも必ずしも厳しいロックダウンを行っているわけではない。コロナウィルス撲滅対策は各国で異なる。厳しい規制が敷かれているのは、イギリスとドイツそしてオランダだ。

■ベルギー
ライト(軽い)ロックダウン。店舗はオープンしている。
学校も通常通り
10万人あたりの感染者数13.7人

■イギリス
全土でハードロックダウン(オランダと同様な措置)
学校は、障害児と両親がエッセンシャルな仕事をしている子供たちのみに開校
10万人あたりの感染者数 593人

■ドイツ
ハードロックダウン
ほとんどの学校が閉校
10万人あたりの感染者数 167人

■フランス
夜間外出禁止。店舗は通常通り開店
学校も開校
10万人あたりの感染者数 192人

■イタリア
ロックダウン無し。飲食店はオープン。ただし週末だけ軽いロックダウン
小学校はオープン
10万人あたりの感染者数 200人

■スペイン
夜間外出禁止。一部(マドリード)など閉鎖
ロックダウン無し。飲食店も条件つきでオープン
10万人あたりの感染者数 108人

ちなみにオランダでは過去1週間の感染者数は200名程度である。

ロックダウン2月9日まで延長。イギリスのコロナ変異体が脅威に
pressconference_12-1-21.png
12日夜開催された記者会見にて、ルッテ首相とデ・ヨング大臣がコロナウィルスによるロックダウンの延長と、懸念事項、そしてワクチン接種予定について発表した。要点は以下の通り。

-  ロックダウンは2月9日まで延長
-  小学校は1月25日から再開。ただしイギリスのコロナ変異種の子供への感染が限られたものであることが証明されていることが条件。
-  中高学校では、1.5メートルのソーシャルディスタンスを守ることが必須。
-  企業に対し、これまでの支援金に対し、さらなる追加の救済措置
- 3月までは不要不急での外国への旅行をしないよう要請。
-  OMT(Outbreak Management Team)は、夜間外出禁止の効果について調査中。これが施行される可能性もある。

コロナ感染者数の減少が思わしくなく、イギリスで発生した変異種がオランダでも拡大しつつあることから、暫定的に1月18日までが予定されていたロックダウンは、2月9日まで延長されることになった。多くの人にとって、とくに企業にとってこのロックダウン延長は死活問題となりうる。政府はさらなる救済措置を近日中に発表するという。
唯一明るいニュースは小学校の再開が早まりおそらく1月25日になりそうだ。ただ、感染性の高いイギリスの変異種が若い人たちの間で広まる可能性もあり、これについては調査中だという。
ワクチンの接種計画も予定より少しずつ早まり、秋までには国民全員が接種終了する予定。