ニュース

ベルギーでは余剰ワクチンをウェイティングリストに。オランダはいまだに混乱
vaccination.jpeg
今日からベルギーではワクチン接種のウェイティングリスト(キャンセル待ち)に登録できるようになった。ワクチン接種を行うセンターで余剰があれば、リスト登録者に連絡が行き即刻摂取が可能となる。これにより余剰ワクチンの無駄を省くことができるようになるはず、とベルギー政府は予測している。

ベルギーでは成人はウェブサイトからこのウェイティングリストに登録できる。登録した人は余剰が出ると数時間前にSMSでメッセージが送られてくる。30分以内にこの招待を受諾すれば、ワクチン接種を受けられるという仕組みだ。

オランダではいまだにワクチンの摂取は混乱している。このようなウェイティングリストシステムは存在しないだけでなく、ワクチン接種の知らせも保健所(GGD)から来ることもあれば、ホームドクターから来ることもある。多くのサービスでデジタル化が進んでいるオランダだが、ワクチン接種に関してはこれが不十分だ。デンマークでは、すべての市民がアプリを使用して電子患者ファイルに接続されており、プッシュメッセージと招待状が送られる。これに対しオランダでは、このシステムが確立されていない。
医療関係者のワクチン接種についても、対象者のうち8万人が実際に摂取しておらず、このワクチンが余剰となっている。国立衛生環境研究所(RIVM)と国民健康省は、このような事態に対応するため、対象外の年齢層にも余剰ワクチンの摂取を拡大することを検討している。
以下のリンクに、ワクチン接種計画リストが載っている。


関連記事

ジョンソン&ジョンソンのワクチンの接種一時中止に。接種計画にまた遅れ
johson.jpeg
オランダで使用されるコロナウィルス・ワクチンは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、そしてジョンソン&ジョンソン(ヤンセン)の4種。このうちアストラゼネカ社製のワクチンは血栓が発生するリスクがあったため60歳未満の人への接種が禁止された。ジョンソン社のワクチンは今月後半から使用開始の予定だったが、米国でワクチン接種後の血栓発生が報告されたため、オランダ政府もこのワクチンの接種を一時的に止めると、昨日デ・ヨング大臣が発表した。

米国ではすでに700万人がこのジョンソン社のワクチンを接種したが、このうち血栓と血小板欠乏の症状が出たのは6件。117万人に一人の割合だ。ただし、まだワクチン接種と血栓の関連性は米国では調査中である。欧州医薬品局(EMA)でも現在調査を急いでいるが、決定を前にオランダ政府は接種の一時停止を発表した。

アストラゼネカ社とジョンソン社のワクチン接種の限定や中止で、オランダのワクチン接種計画はおそらく6週間以上遅れると見られる。オランダはワクチン接種に関しては政府の施策不足により混乱している。ワクチン接種の知らせも国立衛生環境研究所(RIVM)からだったり、ホームドクター経由だったりとまちまちなのと、接種場所や時間もネット経由、電話で選べる場合と、前もって決まっている場合など統一が全くとれていない。さらにロジスティックの悪さから遅延が起きており、国民の政府のワクチン対策に対する信頼度は急速に落ちている。

オランダ、60歳未満のアストラゼネカワクチンの接種は禁止。その他は計画通り
vaccinationplan.png
アストラゼネカのコロナウィルスワクチンの接種について政府は何度か方針を変えてきたが、8日、1961年以降に生まれた人はこのワクチンを接種しないと決定した。1960年以前に生まれた人(60歳以上)はアストラゼネカのワクチンが他のワクチンを並んで接種される。この決定は政府保健委員会の提言によるもの。アストラゼネカのワクチンの副反応として非常に稀に血栓が発生するという危険性が見られるが、60歳以上の人がコロナウィルスに感染し重篤化するリスクと秤にかけると、このワクチンを接種したほうがいいという結論に達したという経緯がある。

オランダではファイザー(BioNTech/Pfizer)、モデルナ、アストラゼネカ、そしてオランダ製のヤンセンの4種類のワクチンの接種が可能だ。どの年齢層にどのワクチンが適しているのかは政府が決定し、接種計画が作成されている。(リンク)

計画によれば現在60−64歳の人と60歳未満でもダウン症なのリスクが高い人は、ホームドクター経由でワクチン接種のお知らせが送られてくる。どのワクチンが接種されるかはホームドクターからの手紙に記載されている。計画表には保健所(GGD)経由での接種も含まれている。こちらは上記4種のワクチンのどれかとなるが、自分で選ぶことはできない。
もし指定されたワクチンに不満がある場合には、接種拒否は可能だが、そのあとにいつ順番が回ってくるかはわからない。
この計画表によれば健康な59歳以下の人は5月ごろから接種が始まり、18歳から28歳は6月末ごろから第一回目の接種となりそうだ。

表中のオレンジ色はファイザー、ピンクはモデルナ、ブルーがアストラゼネカ

オランダ政府、アストラゼネカ製ワクチンの接種見合わせ
astrazeneca.jpg
オランダ保健省は14日夜、今後2週間アストラゼネカのコロナワクチンを一時的に投与しないと発表した。他国で予防接種を受けた人に血栓が発生したため予防措置としてこの決定をしたもの。ワクチン接種と血栓の間に実際に関連があるかどうかはまだ調査中だ。

オランダの他にもドイツ、フランス、イタリア、スペイン政府は15日にアストラゼネカ製ワクチンの接種を一時的見合わせると発表している。オランダではこの症状が出た人はまだ出ていない。

一方、アストラゼネカは14日、安全性に問題はないとの見解を発表している。これまでに接種を受けた英国やEUの1700万人以上のデータを確認した結果、「年齢や性別、ワクチンの製造時期などによって血栓症などのリスクが高まる根拠は見つかっていない」と説明している。

オランダでは、アストラゼネカワクチンは、60〜64歳の人々、ダウン症の人、病的肥満の人、精神保健施設の患者、および介護従事者に適用されている。ワクチンは保健所(GGD)によって投与される場合もあれば、ホームドクターによって投与される場合もある。アストラゼネカワクチンは、2月12日からオランダで投与開始している。また先週アストラゼネカワクチンを65歳以上の人々にも使用することを推奨していた。この一時停止でまたワクチン投与が遅れることは否めない。

EU、オランダ製ワクチンを許可。4種のワクチンが市場に
janssen.png
米国のジョンソン&ジョンソンのオランダ部門であるヤンセンファーマ社(ライデン)で開発したコロナウィルスワクチンが、欧州医薬品局(EMA)で木曜日承認された。これによりヨーロッパでは4種のワクチンが市場に出回ることになり、ワクチン接種に拍車がかかる。

現在ヨーロッパで認められているワクチンは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ社製で、これにヤンセンのワクチンが加わる。ヤンセン社のワクチンの特徴は、他のワクチンが2度の接種が必要なのに対し、1度で済むという点だ。効果は67%となっているが、実際の米国の試験では72%、高齢者では80%となっている。副作用は軽微で、軽いインフルエンザの症状、倦怠感、腕の痛みなどがこれまでの試験で見られた。

オランダではこのワクチンを1130万本接種する予定。第2四半期に300万本、第3四半期に600万本、そして第4四半期に230万本が計画されている。オランダはこのヤンセン社製のワクチンに1本あたり7.14ユーロ支払うことになる。

ヤンセン社製ワクチンはアストラゼネカのものと同様無害な風邪ウィルスに基づいており、コロナウイルスの遺伝物質を接種された細胞に送達する。このワクチンは10年前ライデンにあるクルセル社が開発したワクチンシステムが基礎となっている。

「7月から希望者にはワクチン接種」デ・ヨング健康省大臣
vaccinationEMA.png
「コロナワクチン接種希望者は7月はじめには受けることが可能になる。ただし、供給が充分である場合に限る」とデ・ヨング大臣がテレビ番組「Op1」で語った。

現時点で第2四半期の終わりまでに1800万本が接種されるはずで、1200万人が2回の接種を受け、残りが2回目を待っている状況になる。成人1400万人のうち85%の人はワクチン接種を受けるだろうと政府は予想している。
「ただしこれはあくまでも推定で、供給がうまくいかなければ計画どおりには進まないが」と同大臣。

現在使用されているワクチンは2回の接種が必須だが、近い将来1回の接種ですむワクチンが登場するはずだ。ヤンセンファーマ(Janssen。Johnson & Johnsonのオランダ企業)が開発したワクチンは1回の接種で完了するが、おそらく来週にも欧州医薬品局から許可がおりるはずだ。
政府は秋の初めまでに希望者はすべてワクチン接種が終了すると見込んでいる。