ニュース

オランダ下院議長選出、モロッコ系のレズビアンというレッテルを嫌う
VeraBergkamp.png
7日オランダ下院議会の議長選挙で選出されたのは、民主66党のフェラ・ベルグカンプ(Vera Bergkamp)。2012年から下院議員として議席についている。議員になる前にはCOC(性的マイノリティLGBTQ権利組織)のトップを務めていた。ただし、性的マイノリティの権利だけでなく、広義での個人の自由を守るために社会に貢献したいというのが、彼女が議員となった理由である。

これまで議員として、代理母制度、複数親制度、性転換者への差別廃止、不要な性別表記の撤廃、同性愛者治療の禁止などを法定化してきた。これ以外にも大麻の合法化を提案し、現在上院で討論中だ。

ベルフカンプの父親は17歳のときにモロッコを出て、オランダに来る途中に彼女の母親となるオランダ人女性にパリで出会い結婚する。ベルフカンプがオランダ性を名乗るのは、単にモロッコの名前がややこしく発音しにくいという理由で20歳のときに母親の名前に変更したからだという。レッテルを貼られるのが大嫌いで「自分はレズビアン、モロッコ人のハーフだが、女性であり人間、そしてアムステルダム人で世界人」だと述べている。下院にはエスニック系議員のリストがあるというが、彼女は自分はオランダ国籍を持つオランダ人だと主張している。

これまで議長を務めてきたのも、モロッコ系の女性カディジャ・アリブ(労働党)である。17党を代表する議員たちをまとめるのは女性が適しているに違いない。

(画像:D66、カーグ党首がベルフカンプを祝福)


関連記事

本日オランダ下院総選挙、37党が立候補
election.jpg
本日3月17日はオランダの下院総選挙日。総選挙は4年に1回行われる。通常は1日限りの投票だが、今年はコロナ禍の影響で、70歳以上の高齢者に限り郵便投票や2日前からの事前投票が可能になった。投票権があるのはオランダ国籍保有者のみ。日本人など居住権のある外国人は下院選挙への投票権はないが、地方自治体の投票資格を持つ。

毎回多くの党が立候補しているが、今年は多くの新党が出現しこれまでで最高の37党。150議席のうち過半数が占める党が政権を担うのだが、過半数を占めるという党はないため、ほぼ毎回連立政権となっている。世論調査によれば、ルッテ首相の率いる自由民主党(VVD)がトップ、続いて反移民反イスラムを掲げる自由党(PVV)が2位、続いてキリスト教民主党(CDA), 中道左派の民主66党(D66)、左派緑の党(GL)、社会党(SP)、労働党(PvdA) となっている。
ルッテ首相は、自由党(PVV)そして同じく極右で最近支持を集めている民主フォーラム党(FvD)を含んだ連立はないと事前に発表している。

各党がコロナ対策、医療、差別、移民、貧困、安全、教育、環境、住宅などで独自の政策を掲げている。

オランダ、「大麻は政府の管理下で栽培」法案に下院の過半数が賛成
大麻の栽培は政府の管理下にある畑地でのみ許可されるべき、という新法案が22日の国会にて提案された。大麻を販売するコーヒーショップはこの管理下の畑地で生産された大麻のみ扱うことができる。この法案には下院の過半数が賛同を示している。この法案の目的はオランダにおける犯罪組織の一掃である。

オランダでは大麻の購入と販売は基本的に違法であるが、条件付きで認可されている。ところが栽培は違法となっているため、販売者は犯罪組織や違法栽培者から購入せざる得ない。オランダのソフトドラッグ政策は、犯罪組織の手を通さずに流通させることで結果的に犯罪を減らすというものだが、この供給源が犯罪組織ということになれば全く意味をなさないものになっていた。今回の法案はリベラルのD66党が提出したもので、この中には大麻の品質管理も含まれている。「現在流通している製品は粗悪なものも多い。政府管理下の生産で品質も管理する。」という。
法案は上院での審議で決定する。


オランダ下院「臓器提供法」可決、「NO」提示しないかぎり提供同意とみなされる
13日、オランダ下院では僅差の過半数で臓器移植法の改定が可決された。臓器提供を拒否する「NO」の登録をしないかぎり、自動的に臓器提供に同意していると見なされることになる。これまでは、死後の臓器提供を行いたいと積極的な意思を表示している人のみが提供者となっていたが、今後は拒否の意思表示がない人は臓器提供者となる。当然ながら臓器提供者とみなされていても遺族は提供を拒否する権利はある。

この議案を提出したD66党のダイクストラ議員は、臓器移植の順番を待つ患者にとって今回の決定は明るいニュースだと述べている。年間150人以上が臓器移植を待ちながら亡くなっているという。
この法案はさらに上院にて表決が行われるが、これが通れば新しい臓器提供法が施行されることになる。

推定同意と呼ばれるこのシステムは、欧州ではベルギーのほかフランス、オーストリア、フィンランド、ノルウェー、スイスで採用されている。「NO、臓器提供を拒む」と登録している人のほとんどが宗教的理由によるものだという。

オランダ下院議長にモロッコ出身女性議員が選出される
13日夜行われたオランダ下院議長選挙で、労働党のカディジャ・アリブ氏が選出された。アリブ氏のほかに、中道右派VVD党、キリスト教民主党、極右PVV党の議員が立候補したが、国会での討論のあと過半数の支持を得てアリブ氏が選出されたもの。

議長としての資質が問われる討論では、指導者としての経験などが質疑されたが、極右反イスラムのPVV党はモロッコ出身のアリブ氏のオランダ語のアクセントを誹議。VVD党は英語とフランス語の能力を質問した。アリブ氏は、フランス語は堪能であるが英語については「(ネイティブレベル)のティマーマン元外相には及ばないが、(怪しげな英語と暴言で知られるマンチェスター・ユナイテッド監督の)ルイ・ファン・ハールほどひどくない。」と答え、ユーモアがある一面を見せた。

カディジャ・アリブは1960年にモロッコで生まれる。15歳のときに出稼ぎ労働者として働く父親とともにオランダに移住。1998年から労働党議員として、人種問題、差別問題、女性蔑視、家庭内暴力、青少年非行問題などに取り組んできた。アリブ氏はモロッコとオランダの二重国籍を所持しており、モロッコ国王の諮問委員も務めていることで、反イスラム政党からは非難の対象となっている。
オランダにはモロッコ出身の政治家が数人いるが、その中でもロッテルダム市長のアハメッド・アブタレブ氏や緑の党の代表である29歳のイェス・クラーファー氏が傑出した政治家として人望を集めている。
(写真:Parlement & Politiek)