オランダで起業

ポートフォリオ・ニュースではオランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio.nlまでご連絡ください。

独自のダンスメソッドを生み出しオランダで活躍する渡邉明日香さん

Image

アムステルダムのライツェ広場に近いダンススタジオ「アムステルダム・ダンス・センター」に渡邉明日香さんを訪ねました。きりっとしたお顔の印象にたぐわず、29歳とは思えないしっかりした考えをもつ明日香さん、インタビューでエネルギーをもらいました。

P: バレエはいつからやっているのですか?そしてオランダに来たきっかけを教えてください。

A: バレエは4歳のときに始めました。高校2年のときにどうしても海外でバレエを学びたく、中退してニューヨークの名門バレエ学校であるジョフリー・バレエ・スクールに入学しました。16歳のときでした。そのときは英語もできないし、ニューヨークにも学校にも馴染めず苦労しました。でもなんとか1年のコースを終えることができました。私を信頼して学費を出してくれた両親にはとても感謝しています。ただニューヨークはエンターテイメント性が強く、当時の私は繊細さに欠けると思ったのです。それで2006年にハーグにある王立音楽学院のバレエ部門に願書を出し、ビデオによる選考で10名選ばれた中から、最終選考でひとり残りました。これがオランダに来たきっかけです。この学校で2年間学びました。授業は厳しく、頭も体もバレエでいっぱいで、他のことで楽しむ余裕など全くありませんでした。

P: 卒業後はカンパニーには入らずにフリーランスになられたのですね。

A: 実は在学中に昔からの怪我がひどくなり日本で手術を受けました。2年に渡り2回手術を受けたので、授業も見学をすることが多かったです。今でもトウシューズを履き続けると痛みがあります。そのため毎日厳しい練習のあるカンパニー(バレエ団)ではなく、プロジェクトベースで踊ったり、バレエやダンスを教えるフリーランスを選びました。

P それですぐにオランダで仕事を始めた?

A: いえ、そんなに簡単には行きませんでした。 スロバキアでオーディションがあり合格したのですが2009年の経済危機で契約が流れてしまいました。その後、機会がありアムステルダムのホ-ランド・ダンスフェスティバルに出演したのですが、一緒に踊ったパートナーがオランダ有名ダンスカンパニーNDTで10年の経験者だったこともありそれが大きな重圧となりましたが、たくさん学ぶことはできました。学生ビザも切れてしまったので、仕方なく日本に戻り鬱々とした日々を過ごしました。しかし、やはり日本にはいたくない、海外で仕事がしたいと気持ちは抑えることはできずに、オランダに戻ってきました。そうして、アムステルダム・ダンス・センター(ADC)やアムステルダム芸術大学(AHK)などで教える仕事を得ました。最初はオランダ人の恋人と住んでいたのでパートナービザで滞在許可を得ていましたが、彼と別れた今では就業ビザを得て滞在しています。

P 今教えていらっしゃる「Asuka Method」について教えてください。

A: ダンスを通して、色々な人をつなぎ、その中でいかに自分らしくいられるかを見つけるのが「Asuka Method」です。ずっとバレエや他のダンスをやっていて気がついたのが、結局は同じものを目指しているということでした。つまりスタイルはそれぞれ違いますが、エッセンスやエレメントは同じものが多いのです。そこで垣根を取り払った新しいダンスメソッドを作り、今年の9月から、アウェアネスをトレーニングするクラスを新設しました。自分自身と体を知り、自分の動きたいように体をコントロールできるようになるというものです。またこのトレーニングをすることで、スタイルを習うクラスの助けにもなります。来年にはスロベニアやヨガスタジオでワークショップがあるので、「Asuka Method」を広めていかれたらと思っています。

P 怪我や度重なる手術に打ち勝って、今はとても充実した毎日を送っていらっしゃるんですね。将来についてなにか計画がありますか?

オランダに来てもう10年以上になりますが、まだ29歳。これからもっとオランダ以外の世界も見てみたいです。他の国の人々と交流し文化を知りたいと思っています。それでも音楽やダンスそしてアート全体を見るとオランダは素晴らしいと思います。確かに年々助成金はカットされてきていて厳しいものがありますが、外国人にもチャンスを与えてくれるということには感謝しています。アカデミーでも、いろいろな国籍の生徒や同僚がいます。才能があれば国籍や人種は全く問わないというところがすごいです。
教えるのは好きなのでしばらくは今の仕事を続けて行きたいと思っています。振付師になったら?とよく聞かれるのですが、今はひとつのことをやるよりも、いろいろな経験を積んで新しい可能性を探っていきたいです。


オランダで醤油づくり

Image

ロッテルダムで醤油づくりをしている会社があると聞き、製造所を訪ねてみました。よくある工場地帯の片隅にある倉庫のような建物にこの醤油工場はありました。創始者でオーナーであるトーマス・ウレーさんに、作業場を回りながら醤油づくりについて4時間にもわたり説明を聞きました。トマス(Tomasu)はトーマス(Thomas Uljee)さんの会社名。パートナーである農夫、パン職人、広報担当者と共同で経営しています。写真右側がトーマスさん、左は共同経営者のひとりであるピートさん)

はじまり

なぜオランダで醤油づくりなのか?なぜパンやチーズでなくて醤油なのか?醤油文化がないオランダでいったい何が引き金となって醤油づくりを始めたのか? トーマスは巷によくいる日本語を上手にあやつったり日本文化に詳しい日本通でもなく、見かけも態度も精悍なオランダ人。どう見ても醤油醸造職人には見えない。

きっかけは5年前に見たテレビ番組だという。アメリカのケンタッキー州で醤油醸造を始めたマット・ジェイミー氏を取材した番組を見て稲妻に打たれたような衝撃を受ける。そして放映から2日後、トーマスはマット・ジェイミーの工場の前に立っていた。なんという行動力! そこで醤油づくりの基本を習いオランダに舞い戻り、即行動開始する。トーマスは7世代にわたるパン屋の家に生まれた。パンを作りながら、スーパーマーケットで売られる安いだけの質の悪いパンの氾濫に嫌気がさしていた。人はきちんとした食品を家族で楽しんで食べなくては幸せにならないという哲学のもと、昔ながらの材料を使いおいしいパンの製造に努めてきた。そして同時に単なるクラフトマンシップとは違う日本の「匠」という言葉を知り、自分も匠になりたいと常に考えていた。そのときに現れたのが醤油だったのである。
そうしてトマスの長い旅が始まる。

まずは大豆づくりから

正しい醤油は正しい材料づくりから始めねばならないという信念のもと、トーマスは大豆を育てることから始める。まずは農業技術や農科学では世界でも有数のワーヘニンゲン大学の研究室に出向き、5100種の大豆(こんなにあるとは!)からオランダでの生産に適した34種を探し出す。そして最終的にロッテルダムの南にあるフークセワールトの農地に適した種をひとつ見つけ出し栽培を開始する。自然農法をめざし、できるだけ農薬は使わず余計な手入れをせずに育てたのがトーマスの醤油づくりのための大豆だ。

醸造開始

収穫した大豆はまず干す。それから1日塩水に浸してふやかし、次の日にこれを煮る。そうしてやわらかくなった大豆を麹室に入れ、オーブンで焼き砕いた麦を混ぜ乗せ寝かしておく。こうしてできた麹(こうじ)を樽に移す。

スコッチの樽

もうひとつのトマスの醤油づくりの特徴は樽である。日本の大手醤油醸造所では巨大なステンレスの桶を使っているが、トマスではスコットランドで醸造したウィスキーの空樽を利用している。50年ものの樽のサイズは高さ90cmぐらい。空の樽からはスコッチの匂いがしてくる。水を入れて4−5日待つと樽は麹を入れるのにちょうどよい具合になる。水はアルコール度20度とスコッチの水割り状態になっている。樽の中はスコッチ醸造の際に香り付けとフィルター効果を目的に燃やしているので真っ黒である。この樽の中の炭も醤油づくりの大事な要素になっているという。さらに水と塩そして麹を加えてモロミにし、あとはじっくりと熟成するのを待つのみ。

長い長い熟成

トマスの醤油は温度調整をしないので熟成に時間がかかる。なんと2年から3年もの間エイジングルームという熟成室に置かれる。その間に、攪拌というかき混ぜる作業を定期的に行い、乳酸菌や酵母菌といった微生物の働きやすい環境を整える。ここでじっくり待ったモロミは最高の醤油となる。モロミを圧搾して出てくる絞り汁が醤油である。

これから

大豆づくりから始まったトマスの醤油は4年の歳月をかけ商品となった。4年の間1ユーロの収入もない。ここまで長い長い話を聞いて、いったい醤油つくりは趣味なのかビジネスなのかわからなくなってきた。パン屋を続けるのか、それとも醤油づくりをビジネスにするのかと聞くと、トーマスは少し考えてから夢を語り始めた。僕たちの夢は、ボルドーワインのシャトーのような醤油シャトーになること。ビッグでなくてもグレートでありたい。常に醤油づくりから学び、さらに質を向上させたい。そうして人々に新しい食の冒険をしてもらいたい。言葉には出さなかったが、高級手作り醤油で市場を広げたいというビジネスを考えているようだ。ちなみに気になる値段だが、100mlで12.5ユーロ、200mlで20ユーロというプレミアム価格である。すでにアムステルダムのTaikoやRIJKSそしてロッテルダムのYamaという高級レストランでここの醤油が使われている。

世界中をくまなく旅行したというトマスは日本にはまだ行ったことがない。なぜかと聞くと、いつの日か醤油の真髄を知り、醤油について語れる日が来たら日本に行きたいという。それまでは理想の国のままで置いておきたい。

オランダでデザイナーとして活躍するヒロイクミさん

Image

グラフィックデザイナーそしてアート・ディレクターとして活躍するヒロイ・クミさん。彼女のアトリエを訪ねてアムステルダムの西はずれに足を運びました。アトリエは過去に学校だったという建物の中にあり、彼女は2人の写真家と天井の高い広いスペースをシェアしています。知的で清楚なヒロイさんは、言葉を選びながら丁寧に質問に答えてくれました。P:ポートフォリオ、S:ヒロイさん

P: グラフィックデザイナーというと本やポスターのデザイン、あるいはウェブデザインを考えるのですが、ヒロイさんのなさっているお仕事はそういうものですか?もう少し詳しくお話していただけますか?

H: 基本的にはそうですね。グラフィックデザインとアートの中間に位置するようなプロジェクトもやっています。コンセプトを自分で決め、コンテンツを作り、そのコンテンツをかたちにおとしていきます。デザイナーがなぜアートなのかと思われるかもしれませんが、私が勉強したオランダの美術大学(リートフェルト・アカデミー)ではアートとグラフィックの境界線が希薄な課題も多くあり、そこで学んだことを生かしている感じでしょうか。
そして、通常の(?)グラフィック・デザインの仕事があります。こちらは基本的にはコンテンツをいただいて、本の装丁、ウェブサイト、展覧会のデザインなどのかたちに落としこむ仕事です。最近は、デザインの前から、というか、私にとってはデザインの一部なのですが、コンテンツを作り上げる作業にも関われることが多くなってきたのは嬉しいです。
ある程度の見栄えのいいウェブサイトなら誰でも作れる時代ですから(笑)、グラフィック・デザイナーは、俯瞰的にクライアントのコミュニケーションに関わる問題点をさぐり、その解決策を提示していくコンサルタントのような知識・経験や、コンテンツを作り上げる編集者的な発想を求められるのかなと思います。

P: なるほど、グラフィック・デザインの世界にも変革が訪れているんですね。ところでヒロイさんはリートフェルトを卒業してすぐに起業なされたのですか?

H: 卒業したのは10年前、2008年です。私は卒業後デザイン事務所に就職しました。同級生たちはほぼ全員が卒業後すぐに独立したので、私は例外ですね。オランダはフリーランスで仕事をする環境が整っていること、また政府からアーティスト・デザイナーへの助成金制度が充実しているからかもしれません。私は2社で働いた後に独立しました。
 

P: 日本でもデザインのお仕事をなさっていたんですか?

H:  いいえ。私は日本の大学では経済学を専攻しました。しかし、ずっと美術には興味がありました。その夢をかなえるために、まずイギリスのデザインスクールに留学し、2005年にリートフェルトに転入しました。当時、リートフェルトのコンセプト主導の授業が自分にあっていると感じたことが一番の理由です。

P: 今やっているアートプロジェクトというのは?

S:  オランダのクリエーティブ業界振興基金(Stimuleringsfonds)と文学基金(Het Letterfonds)の助成で、3つの視点が交差する物語を、写真家と作家と一緒に作っています。まず私と写真家が3枚の写真を作ります。この写真から想像力を得て、作家が3つの文章を書きます。そして次はこの文章から私たちが物語をつなげて写真を作る。この作業を繰り返し、3つの話が出来上がるのですが、3つの視点は、交差したりもしています。2019年1月の発表に向けて作っている最中です。

P: おもしろそうですね。その他のデザインのプロジェクトは?

H:  普段は、オランダの省庁や大学との仕事が多いんですけれど、日本関連のものもあります。今年は、日本人アーティストの本のデザインや、長崎で養殖している真珠を使って、ヨーロッパや日本のデザイナーがジュエリーをデザインするプロジェクトのアートディレクション・グラフィックデザインの仕事などです。オランダにいる日本人デザイナーだからできる仕事っていうのもあると思うので、とても楽しくやらせてもらっています。特に日本語と英語のフォントの組み合わせや、オランダ人写真家と写真を作り上げる作業はやりがいがあります。

P: オランダの政府機関や基金と仕事をするときに外国人であることでなにか障害がありましたか?

H:外国人というところでは障害は特にないです。しかしオランダ語は日々勉強だと思います。オランダの政府機関や基金とはすべてオランダ語でのミーティングです。私は、難しいプレゼンは英語でしますが、オランダ語での他者のプレゼンや質問についていかなければなりません。特にオランダ国土交通省(Rijkswaterstraat)の仕事のときは、オランダ語でインフラ関係の単語が多く出るので、ミーティング・ワークショップの前日には単語帳を作ったりしました。私も分野によって単語力に差があるのオランダ語をちゃんと勉強しようと思います。
 

P: 起業して一番たいへんだったこと。よかったことは?

H:時間の使い方がとても自由になることはとても良かったと思います。自分の働きたい時間や、休暇の時期や期間も自分で決めることができることは嬉しいです。その反面、そこに伴う責任も負うことになります。「仕事を断ると次はないかも〜」と緊張感をいつも持てることも良いですね。
他に良いことといえば、グラフィックのお仕事は、コンテンツにあったコミュニケーションのかたちを提供することなので、そのコンテンツについて詳しくなれることも気に入っています。アーティストやデザイナーさんとお仕事をするときには、彼らの独自な考え方や手法を、それが本やウェブサイトやどんなかたちになるにしても、彼ららしいものになることを常に考えます。企業や行政とお仕事をするときも基本的には同じで、独自の技術や背景にある物語などの情報を咀嚼してかたちに落とし込むので、その情報について詳しくなれます。そんなところが気に入っています。
 

P: これからデザイナーとして起業する人へのアドバイスがあれば

うーん。。やはり成功ばかりしようとせずに、失敗してたほうが実は学びはあると思うので、いっぱい失敗することがよいと思います。私も失敗もちょくちょくですが、失敗は挑戦をしなければできないものですし。なんて偉そうですが。。。私も初心を忘れずにやっていきたいです。

登録会員はすべての過去記事が閲覧できます。
出産ドゥーラという天職をオランダで得た朝倉麻耶さん


「ラーメンに恩返し」ラーメン店開店の夢をオランダでかなえた斎藤俊海さん


発酵食品や麹の研究とワークショップを行う茉莉花Groenさん


テレビ局勤務を退職しオランダに移住した鈴木さん


フリーランスの美容師としてオランダで起業した小野寧子さん


子供のためのサイエンス教室を開催する福成海央(みお)さん


オランダの会社に勤務しながら子供のための科学教室サイネスを運営する福成洋さん


アレクサンダー・テクニーク教室を主催する椙本康世さん


MONO JAPANの中條永味子さん


リラックス・マッサージのモンタさん


映像作家の小倉裕基さん


理学療法士の桑原さん


日本人ドライバーサービスの村上さん