Portfolio News

オランダニュース

25日にベルリンで開催された女性の国際G20に、オランダのマキシマ女王も、米大統領の長女イヴァンカさんやドイツのメルケル首相、IFMのトップであるラガード氏とともに壇上に立った。テーマは女性の起業について。
イヴァンカさんは世界で流通しているという独自ファッションとジュエリーのブランドを展開している。一方マキシマ女王は以前から発展途上国での女性のためのマイクロ・クレジット(銀行などから融資を受けられない貧しい人々が起業するための少額ローン)に積極的にかかわっている。2人に共通点は、ブロンドで花柄のドレスに身を包んでいたという以外ほとんど見られない。

イヴァンカさんは女性G20にドイツのメルケル首相の招待で出席したが、国際的な場での登場は今回が初めて。会場からはトランプ大統領の女性蔑視についての質問が寄せられたが、イヴァンカさんはこれを否定しトランプ氏を擁護した。サウジアラビアの女性起業家は「億万長者のイヴァンカ氏にとって起業は難しいことではない。」と批判的な意見を呈し、「これに対し、マキシマ女王は世界の貧困層が何が必要であるかを知り尽くしている。」と賞賛した。

マキシマ女王はアルゼンチン出身。ニューヨークで銀行勤務をしていたころに現国王であるウィレム・アレクサンダーと出会っている。2005年には銀行での経験を生かし、国際連合の国際マイクロクレジット年におけるアドバイザーとなった。LGBTの人権擁護活動を支援する世界でも希な王族の一人である。(画像:ANP、左がマキシマ女王)
2017-04-25
オランダの学校が一斉に休みとなった5月休暇(といっても今年は4月22日から29日)、多くの人が休暇をとって国外でバカンスを楽しんでいる。一方オランダに残っている人たちは国内の観光地はどこに行っても混雑している上、この悪天候で、いったいどこに行くべきか途方に暮れる人も少なくない。オランダの新聞フォルクスクラント紙は、観光客に人気の場所を避ける方法を指南している。例えば長い列のできているアムステルダムの国立美術館やアジア人観光客であふれるヒートホールンやフォーレンダムを避けたほうがいいとアドバイス。フォーレンダムの代わりにスパーケンブルグ(Spakenburg)、ワッデン海の島に行くならそのかわりに南オランダの島ティーンヘメーテン(Tiengemeten)へと、まだ観光客に知られていない場所を挙げている。

今週は最高気温13度と雨の多い、最悪の5月休み。フォルクスクラント紙は、インドアで子供と楽しめる場所やオランダ再発見といった穴場をリストアップ。例えばロッテルダムのスペールファブリックやハーグのキンダーウェルクプラーツなどだ。子どもたちは車のタイヤを取り替える方法を習ったり、ダムを作ったり、ラケットの打ち上げをしたり、石鹸のつくりかたを覚える。アムステルダムの科学博物館Nemoに行く代わりにケルクラーデのコンティニウムで科学の体験をするのもいい。
体を動かしたいならトランポリンセンター。ジャンプXLバウンズ
などがある。

それでもまだ国外に出たいという人にはラストミニッツ旅行がある。政情不安で人気の落ちたトルコの海岸地方への8日間旅行(Corendon)は449ユーロ、クレタ島での1週間滞在は399ユーロ(Tui)と格安だ。


2017-04-25
5月休みで旅行に出る人で先週の金曜日から週末にかけてスキポール空港は混み合っているが、本日24日(月)もこの混雑は続くとみられる。
スキポール空港のスポークスマンによれば、22日土曜日には19万人の旅行者を予想していたが、20万人へ上方修正したという。例年では夏季休暇中の数値に匹敵する高さである。航空会社KLMも驚くべき数字だと語っている。同社によれば、月曜日は発着便数も増えるためさらなる混雑が予想される。このため国際線では3時間前、欧州便でも1時間前には空港に着いて欲しいと、KLM。

2017-04-24 続きを読む ▶
2017年の5月休み(Meivakantie)は、おそらく史上最低の気温を記録しそうだ。来週の気温は平均で7度から7.5度が予想されている。これまでに最も寒かったのは2010年の8.7度でこの記録を破るかもしれない。5月休み(Meivakantie)は小中高等学校の休暇で、今年は4月22日から30日まで。この間に国王誕生日(4月27日、祭日)が入るため、子供を持つ親も続けて休みをとることが多く、オランダのゴールデンウィークとなる。

4月終わりのこの寒さは、スカンジナビア上空の低気圧とオランダの南部と西部上空の高...
2017-04-22 続きを読む ▶
オランダの球根生産者数は2000年から40%も減少している。2000年から球根生産企業は1100社減り、現在では1600社。しかし、1社あたりの球根栽培農地は8ヘクタールから16ヘクタールへと倍増している。全体の球根生産農地は16%上昇し合計2万6千ヘクタール。

球根生産企業の一社あたりの規模が拡大するとともに、生産球根の種類も変化している。スイセンとグラジオラスを生産する企業は2000年からそれぞれ64%と53%減少。これに対しチューリップ球根の生産企業は47%も増加している。年々耕作地が増えてい...
2017-04-21 続きを読む ▶
オランダの経済が良好であることを裏付ける2つの統計が20日発表された。

オランダの消費者信頼度指数は2001年以来最高の26ポイントまで上昇している。調査を行ったオランダ中央統計局CBSによれば、経済状況への信頼度が高まりが消費者信頼度を牽引している。個人の財政状況に対する見通しも明るく、積極的な消費活動がこれを表している。消費者信頼度指数26ポイントという数字はは過去20年で最も高い。これまで最も高かったのは2000年で当時は36という好況を反映した数字が出ている。最低は2013年の3月でマイナス41ポイントだった。消費の中心は食料と嗜好品、そ...
2017-04-20 続きを読む ▶
新しく生まれ変わったグーグル・アース上で、世界中の主だった場所が3Dで見ることができるようになった。世界がまるでミニチュアのようだ。
アムステルダムをズームすると、まるでミニチュア遊園地マドローダムに迷い込んだような気になる。パリやニューヨークなどの大都市、フランスのシャンボール城、アメリカのグランドキャニオンなどでバーチャルな観光ができる。ズームインして都市や建物の詳細を見物、ズームアウトして空中をさまよえる。

グーグル・アースは2005年にグーグルが開発したものだが、その後、弟分のグーグル...
2017-04-19 続きを読む ▶
今年12月、オランダに初の公共交通用ダブルデッカーバス(2階建てバス)が登場する。バス運行会社コネクシオン(Connexxion)は、まずハーレムとスキポールを結ぶ路線にダブルデッカーを導入する。

「バスを連結して長くするのは可能だが、市内の運行は難しい。このため高さで容量を増やすことにした。」とコネクシオン社。ハーレムとスキポール間のバスはオランダで最も混雑が激しく、1時間に8台以上運行している。他の路線へのダブルデッカー導入はまだ未定。
2017-04-18 続きを読む ▶
本日4月14日(金)は聖金曜日(Good Friday)と呼ばれるイースター開始の日。16日(日)がイースター、そして月曜日がイースターマンデーと呼ばれる日で、この日も休日となる。オランダでは金曜日は祝日ではないが、銀行の送金業務は停止される。このため本日14日(金)から17日(月)の4日間、銀行送金はインターネット経由といえども不可能になる。この原因は欧州内の送金システムが、週末と祭日には作動しないことになる。銀行の従業員も祝日は祝いたいので業務は停止となる。

「でも送金システムはすべて自動化しているのでは?」と誰もが疑問に思うのだが、実際...
2017-04-14 続きを読む ▶
4月から6月にかけてオランダや周辺国では白アスパラガスの収穫の時期。土の上に盛られた砂からほんの少しだけ頭を出した時点で掘り起こすことが重要で、これが少しでも遅れると商品価値が40−50%近く下がる。このため、収穫時期になると大量に人手が必要となり、オランダのブラバンドやリンブルグの農家では主として東欧から季節労働者を雇っている。

オランダのハイテク・スタートアップ起業であるセレスコン(Cerescon)社は、収穫できるアスパラガスをセンサーで自動的に選択しこれを引き抜くという機械を開発、...
2017-04-13 続きを読む ▶
オランダでは好きなときに利用できるカーシェアが人気だが、スクーターのシェアも近々アムステルダムで始まる。
このスクーター・シェア「Felyx」は29歳の青年二人が起業したスタートアップ。ドイツ製の電気スクーターを利用する環境にやさしい輸送手段が売り物である。登録すれば誰もが好きなときにスクーターを利用できるシステムで、正式には7月から登場する。

好きなときに好きな場所で車をピックアップし、指定場所に戻すという「Car2Go」...
2017-04-12 続きを読む ▶
春は家の中のほこりや汚れが目立つ季節。オランダ人も1950年代ぐらいまではこの時期大掃除をしていたようだが、最近は女性は外で働き、余暇には家の外に出ることが多くなったため、この習慣は過去のものとなりつつある。掃除のプロは、毎日少しずつ掃除し、気になるところは後回しにせずにその場できれいにするのがいいとアドバイスしている。ただし、掃除の方法も間違ったやりかたをすると逆効果になることが多いと掃除のプロは指摘している。

家事代行サービス「メイド・アット・ホーム」の代表イマムバックスさんによれば、熱い...
2017-04-11 続きを読む ▶
ほんの少しのスピード違反に対する罰金が激増している。最近の新カメラシステムで1キロオーバーにも罰金が課せられるためである。

2016年に5キロオーバーまでの矮小なスピード違反で罰金が課せられたのは310万件。2014年は240万件だったのが31%も増加している。とくに130キロ制限の高速道路での罰金が多く、この区間を131キロで走行しても罰金が課せらる。130キロ区間での違反数は約7万件。

2017-04-10 続きを読む ▶

またホワイトアスパラのシーズンがやってきました。日本では手に入りにくい掘りたてのホワイトアスパラガス。
化学肥料など一切使用しない100%天然素材のオランダ産ホワイトアスパラガスは、まろやかでジューシー、それでいて山菜のようにほろ苦い。
野菜とは思えない食感と旬の味わいを、産地オランダから空輸で、クロネコヤマトのクール宅急便が、日本の大切なあの方へ特製パッケージにてお届けします。

2017-04-08 続きを読む ▶
オランダは何百年もの間、水と戦ってきたことで有名だ。水面下にある地域では水を汲み出し、防波堤や堤防を建設し、人が住める場所にしてきた。水管理技術の発達はオランダ国内経済に大きく貢献してきたが、気候温暖化による全世界的な水位の上昇で、この技術の需要が世界的に高まり、重要な輸出製品となっている。とくに世界中のデルタ地帯や沿岸地方は水位上昇や洪水の危険にさらされている地域が多い。中国の武漢市、ブラジルのサオパウロ、マイアミ、ニューオーリンズ、そしてニューヨークなどがオランダの水管理企業に発注している。
オランダの巨大エンジニアリング企業アルカディスは、この世界的な需要増で過去5年で...
2017-04-07 続きを読む ▶
スキポール空港は拡大を続け発着便数は加速的に増加している。しかし、このままの状態で拡大することは安全性に問題があると政府の調査委員会(Onderzoekraad)が報告書をまとめた。報告書には、厳しい安全対策を施さない限りこれ以上の拡大はならないという結論が提示されている。

調査委員会は発着用滑走路における滑走路侵入(ランウェイ・インカージョン)による事故の可能性について詳しく調査している。この滑走路侵入は大きな事故を巻き起こす可能性がある。さらに技術的な問題についても調査は進められた結果、上記の結論に達したと...
2017-04-06 続きを読む ▶
オランダ人は食に無頓着だと言われてきたが、最近では食の質や健康との関係に気を使うようになってきている。これは健康志向が高い人には顕著で、少しぐらい高くても体にいい食品をとることが優先的という人が増えている。とくに50歳以上の人にこの傾向は強い。

ABNアムロ銀行が食品業界向けに行った調査によれば、野菜や果物の消費が増え続けているのに対し、ソフトドリンクや肉などの消費が減少している。肉の消費は減っているものの、動物に優しい(Beter Leven Keurmerk)という表示のついた...
2017-04-05 続きを読む ▶
2日日曜日の夜にオランダ東部アーネムで、ゲイの男性カップル(31歳と35歳)が散歩中に14歳から20歳のモロッコ系少年4人に襲われるという事件が起きた。2人とも負傷したが、ひとりはボルトカッターで歯を折られたという被害を受けた。被害者によれば、2人が手を繋いで橋を歩いていた際に、自転車に載った7,8人のグループの少年が通り過ぎ罵声を浴びかけたという。その後、乱闘となり2人は殴られるなどの被害を受けた。

この事件を受け、土曜日の朝アーネムのゲイ飲食店協会はゲイに対する暴力に反対するデ...
2017-04-04 続きを読む ▶
自転車王国オランダでの自転車販売台数(2016)が1987年のレベルまで落ち込んだ。ただし、売上高は過去最大。この背景には高齢化に伴い「電動自転車」の販売台数が激増していることがある。

2016年の自転車販売台数は92万8千台と2015年の5.7%減と、30年以来最低。2007年に140万台を記録して以来、ずっと下降を続けてきた。しかし販売高をみると4.2%増加し、約9億3700万ユーロと最高値を記録している。この記録に貢献しているのは価格が高い電動自転車の需要の増加である。電動自転車は全販売高の約5...
2017-04-03 続きを読む ▶
オランダでは4月1日から年齢や健康状態などにかかわらず、妊娠中の女性は誰でも新型出生前診断(NIPT)を受けることができるようになる。年間18万人の女性がこのテストを受けると予想されている。NIPTとは母体から採取した血液で胎児の染色体異常を調べる検査で、ダウン症の胎児を96%の確率で発見している。羊水検査や絨毛検査など、母体内の胎児の健康状態を診察する医学的手法はすでに確立されているが、これらの診断方法には穿刺針で母体を傷付けて流産のリスクを高めてしまう問題がある。このためこのNIPTがオランダでは使われるようになった。

2017-03-30 続きを読む ▶
オランダを留学先に選ぶ学生が増えている。今年は約11万2千人の外国人がオランダの大学で学んでいる。最も多いのがドイツと中国からの留学生だが、他国からやってくる学生も増加している。ドイツと中国に次いで多いのがイタリアとベルギー。オランダが人気なのは、英語での授業が増えていることと授業料が比較的安いことが背景にある。

留学生が選ぶのは大学で学士と修士課程が人気。これまで外国人学生の割合が最も高かったのはマーストリヒト大学だが、今ではロッテルダム大学とフローニンゲン大学に押されている。これに対し大学とほぼ同じ資格をとれる高等専門学校(HBO)を選ぶ留学生は...
2017-03-30 続きを読む ▶
アメリカのトランプ大統領は3月28日、オバマ前政権の温暖化対策を撤廃する大統領令に署名した。トランプ大統領が署名した大統領令は、アメリカの二酸化炭素排出量縮減に向けてオバマ前大統領が取り組んでいた対策の大部分を無効にする。また、2015年に195カ国が署名したパリ協定で設定された、アメリカの温室効果ガス削減目標を達成する見込みもなくなる。パリ協定は世界最大規模の温室効果ガス排出国である中国とアメリカを含んだ、気候変動に関する初めての国際協定だ。

これに対し地球温暖化対策に積極的なオランダは、この大統領令に反対。環境副大臣であ...
2017-03-29 続きを読む ▶
月曜日から工事中スキポール・トンネルは火曜日の午前中もまだ閉鎖中である。アムステルダムからハーグへ向かう高速道路A4は全面通行止めとなっており、別のルートをとるよう指示が出されている。
このためアムステルダム周辺の道路は渋滞が起きており、交通情報センターANWBはスキポール空港へ向かう人は、車を避け、列車を利用するよう呼びかけている。スキポール空港も旅行者にツイッターで同様な呼びかけをしている。
政府交通局は工事期間中も朝の渋滞時には2車線は開通すると発表していたが、実際には工事が終了せず火曜日午前中も全車線通行止め。いつ開通するかのめどはついていない。...
2017-03-28 続きを読む ▶
2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選で予選敗退の危機に瀕しているオランダ・サッカー協会(KNVB)は26日、同代表のダニー・ブリント監督の解任を発表した。2010年にW杯準優勝以降、強いはずのオランダ代表チームは敗北が続き、2016年の欧州選手権ではまさかの予選落ちという結果を残している。

オランダ代表は25日、敵地でのブルガリア戦に0─2で敗戦。A組で勝ち点7の4位に沈んでおり、2016年の欧州選手権に続く予選敗退という悪夢再びの恐れが出ている。
2017-03-27 続きを読む ▶
26日の朝2時にオランダを始めとした西ヨーロッパの殆どの国で夏時間に切り替わる。これまでの朝7時が朝8時となるため、7時に起きている人は冬時間の6時に起きることとなる。つまり夏時間への切り替わりから体が慣れるまでの暫くの間、睡眠時間が1時間減る。夏時間導入は、経済的な理由が背景にある。夏時間は明るい時間を有効に使えるので照明の節約になったり、経済の活性化、あるいは余暇の充実といったもので、欧米では夏時間採用がごく当たり前のことと考えられてきた。

しかしながら、夏時間採用に疑問を呈す人も少なくない。睡眠不足による健康上の問題を...
2017-03-25 続きを読む ▶