Portfolio News

オランダニュース

コンサルティング会社の米マーサーとオーストラリアモナッシュ金融研究センターは、「グローバル年金指数ランキング」(2019年度版)を発表した。これによればオランダはデンマークやオーストラリアと並びAランクに入った。(ランクはAからEまで) 調査では、生活費に対して十分に支払われているかを評価する「十分性」、国の借金状況や支給年齢などを評価する「持続性」、ならびに「健全性」の3分野、40項目以上から各国の制度を検証している。

オランダはこの3分野のスコアの合計が81点とトップに上がった。どの分野でも世界のトップ3にランクされているだけでなく、経済成長や労働参加の上昇もオランダの年金制度の充実に貢献している。

ただし、家計の貯蓄率がさらに上がり負債を減らせば、スコアはさらに上がるはずとマーサーコンサルティング。

ここ数年オランダでは年金制度の改革が行われてきた。年金基金と政府の間で批判が繰り返されたが、新規合意も成立している。これにより年金制度の質は上がったという。ちなみにこの調査における日本の格付けは31位。


2019-10-23
高騰する家賃を払うより、金利が歴史的に低い今、ローンを組んで住宅を購入するほうが安い。しかしこれまで仕事に就いたばかりのいわゆるスターターには住宅ローンを組むのが難しかった。これが2020年1月から住宅ローン機関の方針が緩和され、ローンが組みやすくなる。

雇用契約がある人はこれまでも住宅ローンは比較的たやすく組むことができたが、個人で事業を営む人や派遣で働く人、期限付き雇用契約の人などは、とくに困難だった。これが来年から少し簡単になるようだ。
住宅ローン保証機関NHGによれば、新しい査定法はパートタイムで働くスターターに魅力的だという。査定では現在の所得だけでなく、将来的な予想所得も考慮する。

派遣会社から派遣されているパートタイマーは、最近ではローンが組みやすくなってきている。これに対し個人事業主は、年次報告書を提出してからローンが決まるまで時間がかかるだけでなく、借りれる総額も低かった。

いくつかの住宅ローン会社は、個人事業主に対しNHGの保証なしでのローンをテスト的に開始したが、今のところ結果はかなり良い。2020年1月からING銀行、Rabo銀行、ABNAmro銀行など9つの機関で、新しい査定法でのローンを開始する。第1四半期だけで800人程度のスターターや個人事業主がローンを組むことになると予想されている。

2019-10-22
オーストラリアで行われた太陽光で走る車のレース世界ソーラーチャレンジ(World Solar Challenge)のファミリーカー部門で、オランダのアイントホーフェン工科大学のチームが優勝した。同チームの優勝は連続で4回目。今回の大会ではオランダのチームの活躍が目立った。主要部門とクルーズ部門そしてこのファミリーカー部門で健闘した。

アイントホーフェン工科大学はファミリーカー部門で一位になっただけでなく、車のインテリアとくつろいだデザインで賞を受賞した。車の中でドラマシリーズを見たり、ゲームをしたり、音楽を楽しめるという。

2019-10-20 続きを読む ▶
オランダ東北部ドレンテ州ラウナーヴォルト(Ruinerwold)の人里離れた農家で10年以上にわたり家族を地下室に監禁していたとし、15日に58才のオーストリア国籍の男が逮捕されたが、17日には2人目の容疑者として家族の父親(67)が逮捕された。父親は監禁と暴行そして資金洗浄の容疑で逮捕されたもの。

父親と6人の子供(18才から25才)のこの家族は何年間にもわたり外界との接触がなかった。警察によれば、子どもたちは9年近くこの農家に監禁されていた模様。家族はこの農家を借りて小さな畑を作り自給自足の生活をしていたものと見られる。事件が発覚したのは、25才の長男が逃亡し、村のカフェで助けを求めたことがきっかけだ。それまで村の人は、このオーストリア人には面識があったが、子どもたちが監禁されていたことは...
2019-10-18 続きを読む ▶
より良い労働条件を求め、オランダ全土の病院で働く従業員が11月20日にストを決行する。ただし救急医療に関しては例外である。労組は給与の5%引き上げと特別手当のほか、看護・介護を行う従業員の負担軽減を求めている。とくに介護分野では重労働のために離職率が高いため、魅力ある職場にするための工夫や手当が必要だとしている。

病院労組に加盟している人は全国83の病院と30のリハビリ施設で働く20万人。大学病院に関してはこの労働協定は適用されない。労組とオランダ病院連盟(NVZ)との間の交渉はすでに長い間続けられているが、最終の交渉結果では2020年と2021年の給与の4%引き上げが決定している。労組はこれに同意していない。NVZ側は、同意がなければ従業員の医療保険費負担をカットするとしており、こうなると従業員の医療費負...
2019-10-17 続きを読む ▶
水曜日朝、農家がトラクターでオランダ全土の高速道路を通行するというデモを行っている。とくにユトレヒト付近ではかなりの交通マヒが起きている。オランダ交通局は農家に対し道路を封鎖しないように呼びかけているが、混乱は防げず朝7時45分には全土で450kmの渋滞が起きている。とくに渋滞がひどいのが、高速道路A1, A2, そしてA27で、交通局は一般車に対し高速道路を避けるよう呼びかけている。さらに集合場所であるハーグに向かうA12も渋滞が予想されている。

農家はオランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の調査結果と政府の政策に反対しこのデモを繰り広げている。最初のデモ地点はユトレヒト近郊にあるこのRIVMである。RIVMは、窒素による環境破壊の原因の40%が農家によるものだと結論づけ、政府は...
2019-10-16 続きを読む ▶
チューリップの球根はオランダを訪れる観光客に人気である。アムステルダムの中心部にある花市場ではほとんどの店でチューリップの球根が売られている。しかしアムステルダム市と花球根連盟(KAVB)が調査した結果によれば、実際に植えても芽が出なかったり、表示されているものと違う花が咲いたりするという。調査団は異なる店で売られる1364個のチューリップの球根を調べたが、そのうち花が咲いたのは14個のみ。全体の1%に過ぎなかった。さらに花が咲いた球根のすべてがパッケージに表示されている花と違っていた。パッケージには青いチューリップの写真が載っていても実際に青いチューリップは出てこないのである。

アムステルダム市は消費者に対する詐欺行為だとし、花市場とアムステルダム市のイメー...
2019-10-15 続きを読む ▶
2007年に発見された太陽系外惑星HAT-P-6と恒星HAT-P-6に、オランダは公の投票により名称をつけることになる。ナインチェ(ミッフィーのオランダ名)、夜警(レンブラントの絵画)、ブランダリス(灯台)などいくつかの候補から選べる。最終決定は今年の12月。

恒星HAT-P-6の周囲を公転する太陽系外惑星HAT-P-6bの発見が、2007年10月15日に発表された。この惑星の質量は木星の1.32倍、半径は木星の1.48倍と推定され、そこから計算される密度は0.54 g/cm3である。密度が小さいのは、軌道長半径が0.05AUと親星に近く、親星からの熱を受けて大気が膨張し、ホットジュピターになっているからである。軌道周期は3.853日で、軌道傾斜角85....
2019-10-14 続きを読む ▶
強力な鎮痛剤の処方に関する規制が強化される。最近、不必要に強い鎮痛剤(オピオイド)が処方されることが増えており、これにより患者が中毒症状に陥る可能性があると、以前から健康省のブラウンス大臣は懸念を示していた。大臣は、医師、薬剤師そして他の専門家を交え対策を話し合っていたが、今回正式に規制強化という結論に至った。

医師や薬局は、特定の(鎮痛)処方薬を繰り返し処方することを自重し、責任ある削減を目指すことを決定した。さらに薬局はニセの処方箋にも注意すると発表。本日から、医師と患者の両者のための鎮痛剤に関するサイト「Opiaten.nl」が公開されるので、患者は自分に処方された薬の効果だけでなく副作用や中毒の可能性についても調べることができる。
2019-10-11 続きを読む ▶
来年末(2020年)からオランダとオーストリアを結ぶ夜行列車が再開する、とオランダ鉄道NSが発表した。NSとオーストリアの鉄道会社ÖBBが共同運行する。オランダ政府はこのプロジェクトに670万ユーロを投入。2020年12月から毎日、夜行列車はアムステルダムを発車し、ミュンヘン、インスブルック、そしてウィーンへ向かう。オランダ国内ではユトレヒトとアーネムからも乗車可能だ。これによりオランダは欧州夜行列車ネットワークにつながることになる。現状、乗客はまずデュッセルドルフまで行きそこからドイツの夜行列車を使わねばならなかったが、これが直行となる。

NSは、夜行列車は航空機に代わる環境に優しい交通手段であることを強調。夜行列車はまだ改良の余地はあるが、乗客には楽しめるはずとNS。今度始まるウィーン行き列車は...
2019-10-10 続きを読む ▶