Portfolio News

オランダニュース

デルフトのスタートアップ企業「スワップフィーツ(交換自転車)」が成長している。前の車輪が青く塗られている自転車が目印のスワップ自転車はオランダの大学都市だけでなく、ベルギーやデンマークなど他の欧州都市でも見られるようになった。このサービス付きの自転車事業は2015年に3人のデルフト工科大学卒業生が始めたもの。

利用者は月額費用を払って自転車を借りる。そのかわりにメンテナンスや修理がすべて無料で受けられるというもの。タイヤがパンクしても電話一本で修理の人がその場にかけつけてくれる。利用者数は昨年2万人、今年は10万人が予想されている。スワープフィーツ社は、すべての自転車に対し利用情報、メンテナンス情報、修理情報あるいは盗難情報がデータベース化している。これによってどの部品が一番壊れやすいかなどが一目瞭然だという。今一番修理が多いのはライト。データはこのほかにメンテナンスを行う頻度にも利用できる。また盗難の多い地区で貸し出す自転車にはヒートマップと呼ばれる装置を設置し、盗難時に警察が簡単に見つけられるようにしている。利用料金は月額15ユーロから。


2018-12-10
フランスで燃料税引き上げへの抗議から始まった反政府「黄色いベスト」運動は、8日も早朝からデモが続き、パリでは、これまでに920人が拘束されている。8日に行われたデモには、フランス全土で12万5,000人が参加し、パリでは一部が暴徒化し、車などが放火されたほか、略奪行為も行われた。また隣国ベルギーのブラッセルでも、フランスの「黄色いベスト」運動に感化されたデモがあり、約1000人が参加、警官隊と小競り合いになるなどし、約400人が拘束された。

オランダでも8日、「黄色いベスト」デモが各地で行われたが比較的平穏に終わった。アムステルダムでは200人がデモに参加し、3人が花火を打ち上げるなどで逮捕された。このほかハーグでは約100名、ロッテルダムやマーストリヒトでもそれぞれ約200名が参加するデモが行われたが、平穏に終わっている。
オランダのルッテ首相は、7日フランスのデモに共感するオランダ人の気持ちはわかると記者会見で述べている。「我々はみな黄色いベストを着ている。社会の変化には(国民のみならず政府も)みな懸念している。」と発言、気候変動や移民問題などについて国民の不安を理解していると述べている。この発言に反感を抱くオランダ人もいるが、やはりフランスに比べ貧富の差は少ない上、政府と国民との距離も近いことなど、政府に対する不満度が低いことがオランダでのデモの拡大・激化を防いでいるとみられる。
2018-12-09
オランダのユトレヒトにあるアイスクリーム屋「ロベルト・ジェラート」のロベルト・コレッティさんが、5日イタリアで開催されたアイスクリーム・フェアのバニラアイス部門で優勝した。この大会には世界から100近いアイスクリーム生産者が参加している。

仕事仲間のカリーナ・デ・ロレンゾさんによれば、アイスクリームづくりには原料が命だという。とくにバニラアイスでは卵が要となる。卵の味が強すぎず、かつ白身の割合が最適であることが重要だという。また審査員によれば、材料がどのように、そして何度の気温で混ぜられたかなども味の決め手になるそうだ。
ロベルト・コレッティさんは2015年にもリコッタ・アイスで2位に選ばれている。リ...
2018-12-07 続きを読む ▶
オランダ、ベルギー、イタリアそしてドイツの警察と司法機関はイタリアのマフィア組織「ンドランゲタ」一掃のための大掛かりな捜査を行ってきた。オランダでも数十件の家宅捜査が行われたが詳細はまだ明らかにされていない。

ンドランゲタはイタリアのカラブリア出身のマフィア組織だが、現在では欧州全土で暗躍している。恐喝や麻薬取引、武器密輸だけでなく、放射性廃棄物や有害廃棄物の不法投棄にも関与しており、シチリアのコーサ・ノストラより閉鎖的で暴力的だといわれている。今回上記4カ国での一斉取締りで構成員の逮捕や物品などの押収が行われた。警察の報道によれば「ンドランゲタはシチリアのコーサ・ノストラの衰退に伴い、イタリアで最も勢力の強い犯罪組織となった。オランダでは花卉業界の流通システムを通した麻薬取引を行...
2018-12-05 続きを読む ▶
今回の起業家インタビューは、ダンサーの渡邉明日香さん。高校を中退してニューヨークにバレー留学。その後オランダのハーグの音楽学院に学び、現在では独自のダンスメソッドである「アスカ・メソッド」を生み出しアート大学やダンス教室などで教鞭をとっています。厳しいトレーニングや世界中の人たちとの交流を経験したせいか、29歳とは思えないしっかりしたビジョンを持っているという印象を受けました。





2018-12-04 続きを読む ▶
12月5日は子どもたちがシンタクラースからプレゼントをもらう日。親はプレゼントの購入で忙しい。ただ大人も子供も毎年増え続けるおもちゃに疲弊気味であることも確か。最近おもちゃを買う代わりにおもちゃを交換するマーケットが話題になっている。この交換マーケットを最初に考案したアルグさんは、毎年この時期におもちゃだらけになる部屋を見て無力感におそわれた、という。

ちょっとだけ遊んだり全く使用しなかったおもちゃを捨てるのはもったいない。その上環境への負荷はおびただしいものだ。そこでアルグさんは5年前に子供の通う学校で「交換マーケット」を開催した。その後、ウェブサイト「リサイクル・シント」を開設、各地で交換マーケットをオーガナイズすることになった。先週末はユトレヒトで第100回の交...
2018-12-03 続きを読む ▶
オランダのどのスーパーマーケットにも売っているカラフルなパッケージのチョコレート「トニーのチョコロンリー(Tony's Chocolonely)」が、アムステルダムの北ザーンダムにある元製粉工場で自社チョコレート工場を始める。投資額は1億ユーロ(約130億円)だというが、ジェットコースターも併設という変わった工場となる。

創始者で社長のベルトマン氏によれば、この工場で年間7千万本ほどの板チョコを生産する予定だが、工場は一般公開する予定。さらに工場の隣にはジェットコースターやカフェ、レストランそして観客席も設けるという。12年前に設立されたトニーのチョコロンリーはオランダで一番人気のチョコレート。ここのチョコレートは児童労働や奴隷労働を伴...
2018-11-30 続きを読む ▶
オランダの寒く暗い冬に身をすくめていらっしゃる方・・・花から元気をもらいませんか?
世界最大規模の花市場、アールスメールから毎週買い付けてくる新鮮な花たちを使って、フラワーアレンジメントを始めてみませんか。初めてでも大丈夫、アレンジメントに失敗はありません。
初心者の方なら《ビギナーズコース》から始められます。他に趣味として楽しみたい方向けの《プレジャーコース》、技術を習得したい方向けの《テクニックコース》など、レベルに合わせてコースをお選びいただけます。
詳細は、デ・マスターのホームページ www.demaster.jpをご覧ください。インスタグラム de_master_flowerschool からは作品もご覧...
2018-11-29 続きを読む ▶
高速道路上の通行不可表示(赤いクロス)無視で今年は1500件の違反に罰金が課せられた。昨年は1000件程度だった。2015年は381件だったので大幅な増加である。

増加の背景には高速道路上に設置されたカメラの増加もある。現在、スピード違反とは別にこういった違反を取り締まるカメラがなんと3000機も設置されている。これにより当局は信号無視の違反発覚数はおそらく今後増加し続けると見ている。さらに、罰金額はこれまでの230ユーロから240ユーロへと値上がりする。

交通省によれば交通違反による事故は増えているという。先月には路肩で起きた事故によ...
2018-11-29 続きを読む ▶
オランダ鉄道(NS)は、第二次世界大戦中ユダヤ人などが犠牲になったホロコーストの被害者の存命者や遺族に対し賠償金を支払うと発表した。特別委員会がNSを道徳的な立場から賠償金の責任について調査し賠償支払いにを進めるという。NSは当時、オランダを占領していたドイツ軍の命令でユダヤ人を国境のウェストボルク収容所まで運び利益を得ていた。今回の報道発表で「大戦中のユダヤ人輸送は弊社の歴史の中で、暗黒の歴史であり目をそらすべきではない。」と述べている。

NSの今回の決定をもたらしたのは、サッカーチーム・アヤックスの元理学療養士サロ・ムラー氏との話し合いだという。ホロコーストの生き残りであるサロ・ムラー氏は、NSがユダヤ人輸送で数百万ギルダーを稼いでいたと非難していた。ムラー氏もNS側も長い...
2018-11-28 続きを読む ▶

2018-11-27 続きを読む ▶
オランダの農業科学大学ワーヘニンゲン大学(WUR)は、政府が2019年から開始する「コーヒーショップ自給チェーンの実験」に参加する。オランダには大麻を合法に販売するコーヒーショップと呼ばれる店舗があるが、10の市町村が大麻の自給自足の実験を開始する。これらの市町村はコーヒーショップへ合法に大麻を供給するというもの。

現在オランダでは認可コーヒーショップにおける大麻の販売と使用は限定的に許可されているが、栽培は違法である。近年違法に大麻を栽培するケースが増加しており、特に犯罪組織によるものが暴力行為などの問題を起こしている。この「自給コーヒーショップ実験」を行うことで、政府は犯罪組織による大麻栽培を阻止しようと試みている。

2018-11-27 続きを読む ▶
シンタクラース祭やクリスマスを迎えウェブショップでの買い物が増大する季節だが、オランダの消費者連盟(De Consumentenbond) は、「偽ウェブショップ」に注意するよう促している。偽ウェブショップでは偽物を売ったり商品を全く配送しなかったりする。

偽ウェブショップで販売しているのは、携帯電話、タブレット、ラップトップなどの電子製品やおもちゃが多い。「12月の偽ショップ」と呼ばれる一時的にオープンするウェブショップは素人目には本物と区別がつきにくい。商工会議所登録番号や住所が明記され、さらにiDeal(オンライン銀行送金)で支払いも可能だ。

2018-11-26 続きを読む ▶
最近オランダでも「ブラック・フライデー」のセールが店舗やオンラインで目立つようになった。アメリカで始まったこのイベントは、11月の第4木曜日(感謝祭/サンクスギビングデー)の翌日に行われる大規模な安売りである。オランダは12月5日にシンタクラース祭りを控え、買い物客で最も賑わう日となる。昨年にはオンラインショッピングの急増で、郵便荷物輸送のポストNL社のコンピュータが作動不可となり混乱を招いた。

さて実際にブラック・フライデーでのセールは安いものを買えるチャンスなのだろうか。価格比較サイトを運営するクラインス氏によれば、20%オフやら70%オフといった数字に惑わされないほうがいいという。この日のために元の価格を上げるというようなオン...
2018-11-23 続きを読む ▶
年間120万人が訪れるアムステルダムのプリンゼン運河にあるアンネ・フランクの家。実際にアンネ・フランク家族が身を潜め生活していた隠れ部屋に入ると当時のホロコーストを全身で感じると、歴史家であるホイジンガ氏も書いている。しかし、アンネ・フランク財団はこれまでの展示を大幅に変えると決定、変更終了後の本日木曜日にウィレム・アレクサンダー国王により開幕する。財団のレオポルド氏は「歴史をもっとよりよく説明したい。」と展示の変更の趣旨を説明した。「アメリカの調査によれば、ミレニアム世代の70%がアウシュビッツについて聞いたこともないという。10年前まではそんなことはなかった。歴史は後の世代にも引き継がれるべき。」と語っている。

これまでの展示では、各部屋ごとに誰が生活していたかを説明するのみだった。新しい展...
2018-11-22 続きを読む ▶
クルーズ船オペレーターMSCは、アムステルダム市が課する税金に反発し同市を去りロッテルダムへ移動すると発表した。アムステルダム市は係留するクルーズ船の乗客ひとりに対し1日8ユーロの観光税金を課すと発表、これに反発したMSCは今後入港予定の18隻をすべてロッテルダムに寄港させると述べている。

MSCの幹部は、「これからアムステルダムに入る7隻合計2500人分の税金はばかにならない。市はクルーズ船を追い出そうとしているのか。」と憤りを表明。「多すぎる観光客に悩む市はクルーズ船からやってくる船客さえも排除する意向だ。たしかにベニスやバルセロナではこれは大きな問題となっている。しかしMSCの旅客は質がいいので街に迷惑をかけるようなことはない。今後、市と話し合い解決法を模索したい。」と述べてい...
2018-11-21 続きを読む ▶
いつもMIYABI salon をお引き立て頂きまして、有難うございます。

日頃のご愛顧に感謝の気持ちを込めまして、12月1日(土)から12月16日(日)の2週間特別謝恩セールをMIYABI salonにて開催いたします。
KERASTASEの全商品を【20%OFF】にてご提供させていただきます。
髪質に合った商品選びのお手伝いやX'mas仕様の商品などもご用意して居りますので、皆様どうぞお誘い合わせのうえ、ご来店下さい。

スタッフ一同、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

2018-11-20 続きを読む ▶
オランダの労働市場で最も引き手数多なのが会計学の修士号保持者である。最も就職に困難な学問は考古学、そして文学と美術史や演劇学といった文化関連だそうだ。雇用保険局(UWV)が火曜日に発表した調査結果である。
会計学を学んだ学生はすぐに高収入の就職口が見つかる。このほか計量経済学、歯科学、数学や物理学などの卒業生に有利だという。

哲学、国際関係学、アート・文化を学んだ学生は卒業後10年たっても就職は難しい。ただし、国際法や欧州法や政治学専攻の学生も10年でかなり就職状況が改善してきている。オランダでは毎年3万9000人の学生が修士号を得ている。

2018-11-20 続きを読む ▶
先週末、オランダ全土でシンタクラースの行進が催されたが、いくつかの都市で行進を妨げる暴動が起きた。従者ズワルトピートを黒塗りにするのに反対する反ピート団体がデモをする中、これに反対する人種差別主義者たちがものを投げつけるなどの暴力沙汰が起きた。

ロッテルダムやティルブルグで多くのピート擁護派が逮捕されている。人権団体アムネスティ・インターナショナルもルッテ首相に対し暴力を非難するよう要求した。これに対しルッテ首相も「暴動を起こした者たちは反社会的であり、楽しんでいる人たち特に子どもたちの夢を台無しにした。」と怒りを表明した。

2018-11-19 続きを読む ▶
アムステルダムに住む30代の男性4人が2013年から今日まで、ハンバーガーを毎月食べ続けインスタグラムに投稿。今回ベスト50を発表した。アムステルダムの地方紙「Het Parool」のインタビューによれば、瞑想のコースで知り合った4人がたまたま授業のあとにハンバーガーを食べたのがきっかけで、その後毎月いろいろな店で試食し記録することになったという。

選択の基準のひとつがビールがある店ということで、マクドナルドのようなファストフードチェーンは含まれていない。また肉の質も問うことからベジタリアンバーガーも守備範囲ではないとのこと。「Ter Marsch & Co」が長い間トップの座を占めていたが、最近1位に躍り出たのが、ウォルドーフアストリアホテルにあるゴールドフィン...
2018-11-19 続きを読む ▶
シンタクラース(聖ニコラウス)は、オランダの子供たちにとってとても大事なお祭りである。 この聖人は、毎年11月中旬ピートと呼ばれる従者を伴い、プレゼントを乗せた蒸気船に乗って、オランダにやってくる。子供達は、煙突や裏口に自分の靴を置いておく。夜中シンタクラースは白馬に乗り、屋根から屋根へ移動しながら、子供達の靴に贈り物を入れて行く。暗くて長い冬、毎朝靴の中に小さなプレゼントをワクワクしながら見つけるのがオランダの子どもたちの楽しみである。そうして12月5日はシンタクラースの誕生日、この日は家族でプレゼントや詩の交換が行われる。

今年は11月17日にザーンダムに近いザーンセ・スカンス上陸する。その後、各地で行進する。一番大きなイベントとなるアムステルダムにボートが着くのは18日。海洋博物...
2018-11-16 続きを読む ▶
オランダの冬の風物詩であるシンタクラース祭。赤い服を着たシンタクラースに付き添うのは顔を炭で塗り、真っ赤な唇と大きなイヤリングをつけた黒人の従者(ズワルトピートZwart Piet)たちである。このオランダの伝統行事に対し、黒人を奴隷扱いする人種差別だとして反対を表明する人がここ数年増えてきた。また国連の人種差別撤廃委員会も2015年にこの問題を指摘し、オランダ政府に対し廃止を検討するよう求めている。しかしながらオランダ政府は各市町村に決定を委ねるのみで、積極的な話し合いは行っていない。

今年はオランダ北部の風車が並ぶザーンセ・スカンスがシンタクラースの上陸地点となるが、この地で反ズワルトピートを唱える団体「マジョリティ・パースペクティブ」が政府...
2018-11-15 続きを読む ▶
今週末、スキポール空港付近で鉄道修復工事が行われるため、金曜日の夜中(0.13)から日曜日の早朝(5:15)まで列車は空港駅で停止しない。ただスキポール空港とライデンを結ぶバスは運行する。このほか、アムステルダム・スローターダイクとスキポール空港、そしてアムステルダム南駅とスキポール空港を結ぶバスが列車の代替となる。

日曜日にはアムステルダム南駅とスキポールそしてホーフトドルプを結ぶ列車は運行する。しかし、アムステルダム・スローターダイク駅とスキポールおよびライデンとスキポールを結ぶ線は運行しないためバスを利用するしかない。さらにアムステルダム中央駅とロッテルダムを結ぶ急行列車インターシティ・ディレクトも週末は運行停止となる。
2018-11-14 続きを読む ▶
オランダではこれまでゲイのカップルが、代理母を使い人工授精で子供を授かるためには海外に行かねばならなかった。しかし2019年からオランダにある人工授精(IVF)クリニック2院にてこれが可能となる。ライダードルプにあるMCキンデルヴェンス・クリニックでは代理母の卵子を使用するという条件で人工授精を行う。アイゼンドルプにあるナイ・ヘルトヘンクリニックではこの条件に従う必要がない。同クリニックの院長であるマーク・スヘイフェン氏は、「ゲイカップルだけでなくガン治療中の女性なども、海外で代理母を探し子供を生んでもらわねばならないというのは馬鹿げている。オランダには人工授精に必要な技術や経験はそろっているというのに。」と、TV番組「De Monitor」で語っている。

2018-11-13 続きを読む ▶
小売雑貨「HEMA」に続き122年続く家族経営の大手小売業「ブロッカー(Blokker)」社が買い手を探している。同社は長年赤字が続いていた。122年間家族だけで経営してきた企業に外部からの新風が必要だということが経営陣の間で合意に達し、今回の決定に至ったもの。

ブロッカー社はこれまで何度もリストラを繰り返してきた。子会社である玩具小売「Intertoys」「Bart Smits」そして家具の「Leen Bakker」を閉鎖したし本体のブロッカー自体も縮小を行ってきた。そして今ブロッカーを売りに出すことが決定した。同社の昨年の純損失は3億4400万ユーロだった。これは一昨年の倍に登っている。店のロゴやインテリアを変えるなどイメージアップに努めてきたものの、...
2018-11-12 続きを読む ▶