Portfolio News

オランダニュース

2月9日からロッテルダムのAHOYで行われているABNアムロ世界テニストーナメント。昨日14日には男子シングルス2回戦で錦織圭選手がラトビアのエルネスツ・ガルビス選手を6-1、6-4 で下し、ベスト8進出を決めた。本日15日は準々決勝に出場する。このツアーはオランダの銀行グループのABNアムロ銀行が冠スポンサーを務めている。大会の格はATPワールドツアー・500シリーズに属すもので、今回は日本の錦織圭選手が出場していることで、日本からも注目されている。
本日の予定は、
12:30 ガエル・モンフィス vs ダミール・ズムル
14:30 ダニール・メドベージェフ vs ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
19:30 スタン・ワウリンカ vs デニス・シャポバロフ
20:50 錦織圭 vsマートン・フクソービッチ

錦織選手の試合を観戦したい人は夜19:30から入場可能。チケット代は決勝に近づくにつれて上昇するが、本日分は1等席43ユーロ、2等席40ユーロとなっている。
(画像はABNアムロ世界テニストーナメントのHPから)

2019-02-15
英国のEU離脱(ブレクジット)でオランダ企業が莫大な財政的損失を被る一方、これをチャンスと見る会社がオランダで急増している。英国に本拠を置いていた企業がすでに数十社オランダへ拠点を移しているが、移転してきた従業員のために住居や学校などの世話をするビジネスである。

この駐在員(エキスパット)のためのビジネスは、ゴミの出し方から学校の選び方そして住居探しといった手伝いを行うもの。さらにこういった実務的なヘルプから、誕生日には自分でケーキを職場や学校に持っていくといったオランダの習慣までも教えるという。

ビジネスは盛況だが、実際には忙しすぎるといった問題も抱えていると、エクスパット・ヘルプのフレムダー氏。2014年にはこのような駐在員を助けるビジネスとして商工会議所に登録していた会社は301社あった。それが現在では590社とほぼ倍増している。会社が増えたにもかかわらず、英国のEU離脱で仕事は増える一方。週に60時間から70時間働くのはざらだという。アムステルダム市はイギリスに本拠を置く企業の誘致に熱心で、これも拍車をかけている。

オランダでの住居探しも平均60日と大変だが、外国人の子供のための学校探しはこれに輪をかけて困難である。多くの学校が満員であり、空き待ち状態だという。

こういった外国人従業員向けビジネス(エキスパット・ビジネス)のブームはいつまで続くのだろうか。ブレクジットが一段落し、拠点のオランダへの移転そして外国人のオランダへの転勤といった大移動が去った後はおそらくこのビジネスも冷える可能性が高い。とくに小さな企業は消え去り、大きなエキスパットビジネス企業が生き残ると見る向きが多い。

2019-02-14
雑貨や家具そして食品も販売するHEMAと大手スーパーマーケットのAH(アルバートハイン)が、共同で2店舗を開店すると12日共同発表した。消費者はこの店舗でHEMAとAHの製品の両方が購入できる。

昨年オランダの投資家に買収されたHEMAはオランダ以外の国への拡大を狙うなど、新規事業戦略を計画中。このAHとの共同店舗計画もこの戦略の一部である。一方AHも今後コンビニや宅配事業などへの進出を図っており、HEMAとの協力も新事業計画に含まれる。

HEMAのCEOであるイェーヘン氏は、最初のテスト店舗2店をさらに発展させ、HE...
2019-02-13 続きを読む ▶
アムステルダムの大学病院UMCは、現在製薬業界に注文している医薬品が素早くかつ廉価に入手できるよう病院内の薬局で薬品を製造する予定だと月曜日発表した。この計画実施の引き金となったのはオランダの宝くじ「Vriendenloterij」からの500万ユーロの寄付金だ。この宝くじ会社は毎年数10の慈善事業に寄付しており、UMCへの寄付もこの一環である。

UMCが行う薬品の自主製造は、主として希少疾患の治療薬が対象である。通常希少疾患の治療薬は法外な価格で製薬会社から販売されているが、これを病院が独自に製造する。

2019-02-12 続きを読む ▶
オランダの小中高等校学校では教師不足が深刻な問題となっている。一方、金融業界ではITによる自動化が進む中、職の減少が進んでいる。ところが、銀行員や保険業界でリストラになった人たちで教育部門で新しくチャレンジを求める人はほとんどいない。そこで、金融業界は教育省のアリー・スロブ大臣と話し合い、元銀行員や保険業界人に対し教師になるための教育を行うことを協定を結んだ。

この協定は教育者への転職を妨げを取り払うのが目的。再教育や訓練は通常の教職教育より早いテンポで行われ、教師になるのが容易くなるようプログラムが組まれる。さらに一番の妨げとなっている給与だが、これに対しても何らかの措置がとられるという。

2019-02-11 続きを読む ▶
木曜日、オランダ全土から国会や政府機関のあるハーグに集まった高校生約1万人(高校生側では3万人と発表)が、政府の地球温暖化対策が十分でないとし、改革を求めるデモを行った。ルッテ首相は、この気候変動を憂う青少年のデモを「素晴らしい」と絶賛する一方で、政府が現在行っている温暖化対策以上は約束できないというコメントを発表した。ルッテ首相によれば、オランダは他の欧州諸国と比べ気候変動に関してはより多くの措置をとっているという。2030年までの二酸化炭素排出削減計画を取り上げ「これ以上何を望んでいる?」と問いかけ、これ以上の対策は不可能だと語った。

ルッテ首相は、今回の高校生によるデモを政府との綱引き競争にしたくないという意向を示し、デモ参加者と政府が協力し綱を引こうと呼びかけた。オランダの気候変動対策を担...
2019-02-08 続きを読む ▶
水曜日夜19:15ごろ警察はアムステルダムのオランダ中央銀行(DNB)付近で男を射殺したと発表した。射殺されたのは31歳のアムステルダムに住む男性で、拳銃で警官を脅したと伝えられている。警察のツイッターによると、銀行付近で男が銃を振り回しているという通報を受け警官が駆けつけたという。警官数名が現場に行くと男は発砲。警官はこれに応酬、銃撃が行われ男は死亡した。

この発砲事件に巻き込まれそばを通行していた自転車に乗っていた人が負傷したと警察は発表しているが、状態は不明。この事件の目撃者によれば、最低でも10回発砲されたという。

2019-02-06 続きを読む ▶
2014年ごろからスーパーフードと呼ばれる食品がブームになっているが、そのひとつ南米のアンデスからやってきた疑似穀物キヌア(あるいはキノア)がオランダでも大人気となった。これにオランダの「ダッチ・キノア・グループ」が目をつけ今では世界市場を獲得している。

農家で育ったレンス・カイテンさんは2001年からオーガニックなキヌアをオランダで生産し始めた。最初は単なる趣味で栽培していたのだが、キヌアが世界で最も栄養価が高い疑似穀物であることがわかり、大量生産に乗り出したという。

カイテンさんは2012年にオランダの土壌や気候がキヌア生産に適しているかどうかを...
2019-02-06 続きを読む ▶
韓国のポップミュージック、K-ポップが世界を席巻しておりオランダも例外ではない。アムステルダムで5月に開催されるKポップコンサートのチケットは166ユーロとオランダでのコンサートでは最高値を記録。

オランダでKポップを開催する興行主は数少ないが、コンサートはヒットしている。BTSという少年のバンドは昨年10月にアムステルダムのジゴ・ドームで開催されチケットは売り切れ。数年前にヒット曲「ガンナムスタイル」を出したPSYも成功しているし、少女のグループBlack Pinkも人気上昇中だ。今度開催されるコンサートはこのBlack Pinkのものでチケット代金166ユーロと過去最高額。

2019-02-05 続きを読む ▶
父親あるいはレズビアンのパートナーは、子供が生まれた際に最低5日間の有給の産休が取れる権利がある。先週の欧州議会ではこれが最低10日と決定しているので、オランダの法律も今後さらに改定されるはずだ。オランダではこの法定産休を延長し、自分の有給休暇を使うかあるいは無給でこれを延長する父親が半数以上いることがNu.nlの調査で判明した。

今年の1月からオランダでは父親は5日間の法定産休が取れることになった。しかしこの期間は短すぎると考える人が多く、67%の人はこれを延長すべきだとしている。半数は最低2週間は欲しいと訴え、5人に1人は4週間を希望している。オランダでは1年半後にはこの5日間の法定産休のほかに70%の給与で5週間の父親産休が取れることになる...
2019-02-04 続きを読む ▶