美味しいオランダ

リンブルグ州に住むMayumi Veenstraさんのオランダの食材を使った美味しい料理、そしてフレーフォランド在住のFumiko Jongkindさんの素敵なお菓子を紹介します。

バレンタインのためのチョコレートケーキ
chocolatecake.jpg
Fumiko Jongkindさんの「バレンタインに手作りチョコケーキ(ザッハトルテ)」

バレンタインにチョコレート。海外生活長かったり、外国人の彼氏がいると、チョコレート渡すのは日本だけ!(最近は、特にタイなんかは日本の影響受けててバレンタインチョコ有りますが)って分かってはいますが、毎年バレンタインになるとなんらかのチョコレートはあげたいなあ。と考えてしまいます。

写真は去年のバレンタインに作った「ザッハトルテ」です。チョコレートのキラキラグラサージュに憧れて。
使ったチョコはスーパーで安売りの時に買っておいた「Tony’s Chocolonely 70%カカオ」です。
後 グラサージュ、できたケーキにとろ〜っとかけて下に落ちたのをかき集め(勿体ない)ハート型に入れてハート型チョコも飾りました。
チョコケーキも、もし膨らみが悪くても、チョコをかけちゃうので、スポンジケーキよりはごまかせます!

あとは個人的な感想で、本場っぽく(本場の食べたことないですけど)スポンジスライスしてアプリコットジャム挟みましたが、私は無い方が良かったです。だったらチョコクリーム挟む方が断然いいなあと作った後思いました。

<材料>

ダークチョコ(Tony’s 70%)120g
Patentbloem extra fijin 65g
コーンスターチ10g
ココア 30g
無塩バター 100g
牛乳 50ml
卵黄(L) 3個
卵白(L)3個
グラニュー糖40g(卵黄用)
グラニュー糖40g(卵白用)

アプリコットジャム 適量

ダークチョコレート 150g
slagroom 35% 150ml
グラニュー糖 20g
水 20ml
無塩バター 15g

<前準備>

型にベーキングペーパーを敷いておく。
卵白と卵黄を分けて卵白は使う直前まで冷蔵庫に入れて冷やしておく(いいメレンゲにするため)。
チョコレートは細かくしておく。(包丁で削ってもいいですし、ポキポキ折っておいてもいいですし、Tony‘sのじゃない普通の板チョコなら折れ目通りに細かく分けておく)

Patentbloem(もしくはベルギーあたりのスーパーでT40の粉)
コーンスターチ
ココアを合わせて2、3回振るっておく。(粉が新しければ1回でも)

オーブン予熱 180℃

<作り方>
1、鍋に牛乳とバターを沸騰しないように温め溶かし、チョコレートを加えて溶かします。
2、溶けたらボウルに移し合わせておいた卵黄3つとグラニュー糖を加え混ぜ合わせます。
3、別のボウルに冷やしておいた卵白を白くふわりとするまで泡立てて、グラニュー糖40g分の1/3ほど加えてさらに泡立てます。泡の粒が小さく、滑らかになったらさらにもう半分加え、メレンゲの艶が出てきたら3回目を加えてさらにピカピカのメレンゲを作ります。
3、出来たメレンゲを2、3回に分けて2のボウルに入れ混ぜ合わせ
前準備で振るっておいた粉をさらに振るいながら一度に入れ、粉っぽさが消えるまでさっくり混ぜ合わせます。
4、型に流し入れ 予熱しておいた180℃のオーブンで30-40分ほど焼きます。
5、チョコスポンジが冷めたら、上下逆にして真ん中をスライスしてアプリコットジャムを挟みます。
6、鍋に生クリームと水 砂糖を入れて沸騰させないように温めてチョコレートを加えて溶かします。
7、火からおろしバターを加えてよく混ぜ艶を出します。
8、スポンジ生地を網の上に置き下にトレイなどを敷いて上から一気に流しかけます。(躊躇せずに行くと綺麗に行きます)


関連記事

ポートフォリオでは迅速かつ正確そして役に立つ記事の配信に努めております。コメントはinfo@portfolio.nlまで。
財政的なご支援も大歓迎です。
こちらをご参照ください