オランダで起業

ポートフォリオ・ニュースではオランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio.nlまでご連絡ください。

ayana.jpg

オランダのNGOで働く太田原彩那さん

オランダの大学に留学し、そのままオランダに残りNGOで働くことになった太田原彩那さんにお話を伺いました。P:ポートフォリオ、A:太田原彩那さん

P: オランダにはいつから住んでいらっしゃるんですか?

A: :2018年にユトレヒト大学で社会学の修士をとるためにやってきました。大学では移民や難民そしてそれに関わる政策やNGOについて勉強しました。大学院在学中は、ユトレヒトにある難民団体で、難民の人々のためのプロジェクトメンバーとしてインターンシップを行いました。日本では政治学、特にメディア論を始め、国際関係について専攻していました。日本での大学在学中にマルタ島に英語の語学研修に行った際、様々な文化や移民・難民の人々との出会いをきっかけに、ヨーロッパで移民学を学び、彼らのために何かをしたいという思いから、オランダにやって来ました。オランダを選んだきっかけは、オランダは他のヨーロッパの国々に比べてもリベラルで、移民対策に関してもとても長い歴史をもっているということ、さらに色々なバックグラウンドを持つ人々に対して開かれている国民性がとても興味深かったからです。その国での国の政策がそこに住む移民や難民の人々にどのような影響を与えるのかを勉強したいと思いました。あとは、マルタ滞在中に旅行で立ち寄ったアムステルダムに心を奪われ、それからオランダが頭の片隅に離れなかったのも理由のひとつです。2018年の春に日本の大学を卒業し、8月にオランダにやってきました。

P:  それでユトレヒト大学で学んだのですね。?

A: はい。2019年の夏まで1年間学び、修士号を獲得しました。その後は日本には戻らずオランダに滞在したかったので、Zoekjaarビザ(就活用ビザ)を習得後、しばらくはオランダ語の勉強に少し時間を費やしました。その後は起業ビザを取得し、文化コンサルタントとして活動をしています。現在は、アムステルダムにあるNGO「Refugee Talent Hub」で研究フリーランサーとして働いています。

P: そのNGOではどんな仕事をしているのですか?

A: NYの難民団体と合同企画で、難民女性のためのメンターシップ・ガイドを編集しています。欧州各国の企業が、難民女性が労働市場に進出していけるためのメンターシップを行うためのガイドブックです。このメンターシッププロジェクトでは、企業の従業員がボランティアでメンターシップを行います。これは、従業員(メンター)にとっても自分のキャリアを異なる視点・文化から見つめ直したり、自分自身のネットワークの拡大、さらにリーダーシップなどのスキルアップができる大きなチャンスでもあります。

P:  彩那さんのご趣味は?

A: 歌と料理です。歌は日本にいるときはミュージカルをやっていたこともあり、今でも歌うことが大好きです。あとは食べることがとても好きなので、日本食やいろいろな種類の食べ物を料理をするのも大好きです。

関連記事

起業家インタビュー「日本茶販売と抹茶を使った料理をクリエイトする林輝さん」
teathemoment2.jpeg
今回の起業家インタビューは、各種日本茶の販売と抹茶を使った料理やスイーツをクリエイトしている林輝(はやしあきら)さんです。もともとはウェブサイト制作やオンライン・マーケティング・コンサルタントの専門家。オランダに来てからこの日本茶販売を始めたそうです。インスタグラムに抹茶を使った料理が載っていますが、どれも垂涎もの。

起業家の国オランダ、企業数200万を突破
今年1月1日、オランダで登録されている企業数は200万404社と過去最高に達した。2019年だけで10万社が登録され、前年の5%増となった。とくにZZP(従業員を持たない会社)と呼ばれる個人事業主数が増えていると、オランダ商工会議所(KvK)が発表した。

業種別だと、建設、医療、小売、飲食業、ロジスティックが多い。地域別だとフレーフォラント、南ホラント州が多く、一番企業数が少ないのがリンブルフ州である。企業のオーナーは外国人(オランダ以外の国で生まれた人)の割合が増えており、全体の16%となっている。とくにスタートアップ企業を見ると、なんと4分の1がオランダ以外で生まれた人が始めている。

起業する人には若い人が多く、平均年齢は35歳。このうち男性が3分の2、女性が3分の1を占める。

若い起業家の中でも18歳以下という人が増えているのも顕著だ。2015年には1944人だったのが、2018年には6572人と増加している。商工会議所によれば、昔の高校生はスーパーマーケットで働いたり新聞配達というアルバイトをしていたが、最近では自分の会社を設立する青少年が増えているという。

起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」
今回の起業家インタビューは、日本から移住してきたばかりの女性3人が共同で立ち上げたお惣菜屋さんです。3人は全く別時期に別の理由でオランダにやってきました。移住の理由はというと、2人は子供の教育、もうひとりは海外でのビジネス挑戦とそれぞれ違ったのですが、なぜか3人でお惣菜屋さんを開くに至ったのです。どのようなきっかけで、そしてどのような方法で開店にこぎつけたのか、ぜひ読んでみてください。オランダへ教育移住する人が増えているという話も聞いたことがありましたが、今回のインタビューで実際に実行しているかたにお話を聞くこともできました。

【起業家にインタビュー】オランダで醤油づくり
今回の「起業家にインタビュー」は、ロッテルダムで醤油を作るオランダ人トーマスさん。トーマスさんはロッテルダムの南の産業地区にある工場で、手作りの醤油を作っています。選りすぐりの大豆の生産から始め、樽仕込みの醤油ができるまでになんと4年の月日をかけているとのこと。7代続く老舗のパン屋に生まれたトーマスさんが、なぜ、いかにして醤油づくりを始めたのかを聞きました。ここで作られた醤油は今、ロッテルダムのレストランYAMAや、アムステルダムのTaikoそしてRIJKSで使われています。オンラインで購入も可能。

オランダで起業インタビュー「出産ドゥーラの朝倉麻耶さん」
出産ドゥーラというお仕事をなさっている朝倉麻耶さんにインタビューしました。出産ドゥーラとはいったいどんなことをする仕事なのでしょうか?朝倉さんはなぜこの仕事を天職だと思ったのでしょうか。
大学院を卒業して、いったい自分は何をしたいのかわからず、なんとなく日々を過ごしていた朝倉さんが、どのようにしてこの天職を見つけたのかをお聞きしました。