ニュース

ウィーンとアムステルダムを結ぶ夜行列車復活
OeBB-Nightjet-train.jpeg
アムステルダムとオーストリアのウィーンを結ぶ夜行列車「ナイトジェット」が、24日夜20:13分、ウィーン中央駅を出発した。アムステルダム中央駅には25日10:43に到着する。この区間を夜行列車が運行するのは2010年以来初めて。ウィーンを出発した列車は、ニュルンベルク、フランクフルト、アーネム、ユトレヒトなどに停車し、アムステルダムに到着予定だ。

夜行列車の復活は、環境破壊の原因となっている航空機運行を少しでも減らすのが目的で、欧州全土でこの動きが広がりつつある。アムステルダムからウィーンへの運行では、航空機利用に比べて350キロの二酸化炭素排出が少なくなるという。10年前までは、オランダからミンスク、コペンハーゲン、ミラノなどを結ぶ夜行列車が運行していたが、飛行機代の値下がりや便利さで廃止となる線が相次いだ。しかし、オーストリア鉄道(ÖBB)が中心となり、夜行列車の復活が始まりつつある。 ÖBBは、ローマ、ハンブルグ、そしてベルリン行きの路線などに、巨額を投資している。今回のウィーン・アムステルダム線には、オランダ政府も670万ユーロ投資した。

夜行列車ようやくの復活だが、今のところドイツやオーストリアはコロナ規制でオレンジに指定されており、不要不急の渡航が禁止されている。特にドイツへ行く場合にはオンラインでの登録とPCR検査の陰性証明が必要となっている。


関連記事

来年末からアムステルダムからウィーンへの夜行列車再開に
来年末(2020年)からオランダとオーストリアを結ぶ夜行列車が再開する、とオランダ鉄道NSが発表した。NSとオーストリアの鉄道会社ÖBBが共同運行する。オランダ政府はこのプロジェクトに670万ユーロを投入。2020年12月から毎日、夜行列車はアムステルダムを発車し、ミュンヘン、インスブルック、そしてウィーンへ向かう。オランダ国内ではユトレヒトとアーネムからも乗車可能だ。これによりオランダは欧州夜行列車ネットワークにつながることになる。現状、乗客はまずデュッセルドルフまで行きそこからドイツの夜行列車を使わねばならなかったが、これが直行となる。

NSは、夜行列車は航空機に代わる環境に優しい交通手段であることを強調。夜行列車はまだ改良の余地はあるが、乗客には楽しめるはずとNS。今度始まるウィーン行き列車は、アムステルダムを夜発車し、700kmを走り朝にウィーンに到着する。約14時間の夜行列車には、通常の座席、ベッド付きの座席がある。また個室のデラックスルームも用意されるという。料金は29ユーロから89ユーロ。

3年前まではアムステルダムとミュンヘンそしてチューリッヒを結ぶ夜行列車があった。しかし乗客数の減少によりドイツ鉄道が運行を中止していた。航空機使用に批判が高まる中、欧州内の夜行列車は復活する気配だ。